仕立師助手メール 6週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 6週間目

36日目
酒場で見知らぬ遊びをするのは危険です。ですから片っ端から覚えてみました!セブン・マグス、スキンク・スマッシュ、ナックル・ジャングラーズ、トロール・スタッターズ、レッド・スタベンズダンス、フロッグスワロウ、ビルジ・ベイティング。そして、ノルドがマンモスとでも遊べると言う、ワットル・スインギングも。信じる必要は無いですよ。からかっているだけですから。

37日目
アンヴィルは不思議な場所です。海賊が港に金塊を横流しをしていることは誰もが知っています。船が戻ってくると決まって荒っぽくなりますが、地元民の大半は動じません。意地悪極まりない犬でさえ自らの巣を汚すのを嫌うものです。奇妙なバランスですが、それを保とうとしているようです。

38日目
月をどう思います?カジートは神だと思っていますが、魔術師ギルドは空に浮かぶ島だといいます。もっとおかしな説を聞いたこともあります。ある船乗りの話では、月は巨大な精霊たちで、デイドラ公のための余興として取っ組み合っているのだといいます。それが激しい雷雨の原因だと。愚かな男ですね。月はシェオゴラスが作ったことは誰もが知っているというのに。

39日目
近くの丘にはウェアウルフがいると聞いたので、最近の荷物には用心を重ねました。そちらも荷物のにおいに気づいたでしょう。においは地元の治療薬のもので、ウェアウルフを絶対に近寄らせません。もしあなたが既にウェアウルフ症に感染していたなら、心から謝ります。ポーチにある塩に手をひたして、炎症を和らげてください。

40日目
要塞のオークとたまにしか取り引きしないことを不思議に思う者もいます。もちろんオークとの取り引きに何も問題もありません!でも、要塞に暮らすオークは洞窟に住む魔術師のようだと学びました。彼らは強く、孤独で、機嫌が悪い時はあなたの内臓を引きずり出そうとするらしいです。

41日目
港の灯台守には欠かさず賄賂を送っています。誰よりも早く船を見つけるため、船長について知っていること、予想される積み荷などの情報を伝令に託すことができます。母はいつも言っていました、最大の武器は抜け目ない配慮だと!それに決闘用の剣だと。母は並み外れた人物でした。

42日目
昨夜「オーバー・ザ・シー」の替え歌「エヴァー・ザ・ティース・アンド・オーバー・ザ・メイン」を聴きました。歌詞の内容が際どくなっていました。どうしてかわかるでしょうか。「半旗の位置に掲げる」「錨を上げて」などの航海用語が、全く別の意味で歌われていたのです。船乗りは自分たちが賢いとでも思っているのでしょうね。