仕立師助手メール 8週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 8週間目

50日目
あらゆる神々を讃えることこそ何より大事です。「皇帝に仕え従え」と命ずるアカトシュでさえもです。彼があの混乱を鎮められるように、10分の1税を彼に課しています。アイレン女王、スカルド王ジョルン、上級王エメリック、あるいは誰でも。あなたでさえも!誰であろうと、皇帝たちは仕事に適した存在です。

51日目
10匹を超えるゾンビが、海からアンヴィル港へ向かってよろよろ歩いてきているそうです。ギザード・カッターのクルー全員が1つになって、丘へ逃げてきました!アンデッドにまつわるレッドガードの迷信を聞いたことがありますが、実際に見た事はありません。スリーク・クラウズのカジート船員はゾンビを殺し、ギザード・カッターの要塞を襲いました。正直言って、少し笑えてきます。

52日目
好ましいレートのときの頻度と量についてなぜ勉強熱心なのか不思議に思うかも知れません。提供できるサービスの一環ですけれども、言葉のつながりが、仕事の多様なチャンスをもたらすのです。ある意味、あなたの評判こそがその積み荷の資金を生み出しているのです。

53日目
「石から血を絞り取る」かそれに類する言葉を聞いたことがありますか?私が会った魔術師ギルドのメンバーは、この言葉が悪名高いガーゴイルの実験に関係していると言い張りました。その言葉を信じていいかは分かりません。彼はヴァヌス・ガレリオンは生まれたときはスノーエルフだと断言したが、私が断言できるのは、彼が酔っぱらいすぎだということです。

54日目
説明する時間はほとんどありませんが、今からアリクル行きの船に乗らなくてはいけません。これが最新の荷物となります。乗船中、あなたに連絡できなければ、来週届ける分は、助手のロウ・ネックが手配してくれるはずです。

55日目
ケフレムで初めて陸地を見ました。もっと乾燥した場所だと予想していましたが、西部の水は清涼でした。それに吉報があります!アリクルの荒野の奥深くに魔術師がいて、信じられないほど魅惑的な品を取り引きしているという噂を聞きました。ですが取り引きは満月のとき、つまり暦によると2日間しかありません!明日、彼の塔に行ってみます。

56日目
サソリが巨大なのは知っていましたが、馬よりも大きいとは予想外でした!幸運にもサソリは身のこなしが手こぎボートさながらに優雅で、前へ進む動きが酔っぱらった船乗りのようでした。こういう相手を避けるのは昔から慣れています。借りた馬も、クリーチャーを避けることを熟知していました。今も相変わらず魔術師の塔へ向かっています!