調理師助手メール 6週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 6週間目

36日目
ようやく我が愛しの女性を売春宿で見つけることができました。でも私が記憶していたような、明るい瞳の女性では無かったんです。そしてもう何年も前に聞いた、愛する母の言葉が思い出されました。「そんなもの拾わないの。どこにあったのか分からないんだから」

37日目
あなたへの品物をどうぞ。すでにお伝えしているかもしれませんが、私に委託し続けていただけていることに感謝しています。この仕事は私が今までやってきた中で一番です。辞めずに済むくらいの給金を貰いながら、クビにならずに済むだけの仕事をすれば良いのですから。

38日目
お送りする品物には、量と種類をできるだけ多く入れられるようにしています。そのため、最近は良く釣りをするようにしています。結構気分が落ち着きますし、日が高い時間から酒を飲む良い言い訳になりますから。

39日目
釣りを楽しんでいます。あまり上手くはないのですが、釣りは考える時間を与えてくれるんです。そして少し時間が流れ、ハチミツ酒を少し口に含んでいると、この奇妙なエラ呼吸の生物達と一種の繋がりを感じます。似た者同士なんです。口を開けば問題に巻き込まれますから。

40日目
釣りに出かけても良い成果が得られなくなってきました。最近、線の細いアルゴニアンと知り合ったのですが、漁師は釣り糸の一方をぐいっと引っ張られるのを、もう一方で待つ間抜けだと言っていました。これからはもっと狩りをするべきかもしれません。

41日目
今回の品物が届くのが遅れていたら申し訳ありません。今日はちょっと体の調子が良くなくて。森の中で用を足した後、きれいにするために葉っぱをむしり取ったんです。ただその葉っぱというのが、小さくて、つるつるしていて、三枚に分かれていたんです。失敗でした。

42日目
人々が野外に置き去りにしている本の多さには、いつも驚かされています。私がこれまで目にした本は、大抵が学術書や面白みのない歴史書でしたが、今日は非常に興味を惹かれる一冊の小説を見つけたんです。「好色なアルゴニアンの侍女」という題名なんですが、今夜どこかの宿に泊まって、ベッドの中で読もうと思います。