銀なる暁 スタイル | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

銀なる暁 スタイル

クラフトモチーフ66
Silver Dawn Style

銀なる暁の公文書保管人アーナルデ 著

ライカンスロープを根絶する計画を実行する許可をじりじりしながら待っている間に、我々の輝かしき組織、遺産、伝統に目を向けよう。未来のウェアウルフハンターに向けて、伝統的な武器と防具について可能な限り簡潔に書き記そうと思う。銀の輝きにより、獣を滅ぼせ!

ブーツ

銀なる暁教団の足防具は、常に重装備の皮とプレートによる戦士のサバトンである。ビーストスレイヤーの足はできるだけ厳重に守った方がいい。傷ついたライカンスロープを踏みつけて、「次の奴を連れてこい!」と叫ぶことがあるからだ。

ベルト

銀なる暁の戦士のベルトは、装着者の装備や武器を備え付ける簡素な革ベルトに見える。しかし、実際には見た目よりもはるかに手が込んでいる。銀なる暁のベルトは、なめしたウェアウルフ皮だ。倒した獣の下腿から、適切なサイズに切り取ったものである。驚いたことに!

ほとんどの場合、銀なる暁の頑丈な兜は頭全体を覆う。これは篭手と同様の理由で、戦闘中に噛むと呪いをもたらす敵に対し、肌を露出するわけにはいかないためだ。頑丈なボイルドレザーか、十分にあればウェアウルフの皮が望ましい!

脚当て

ウェアウルフは常に喉を狙うと言われているが、戦っている我々の感想からすると脚も狙ってくる。狼が獲物を地面に引き倒すのと同様に。銀なる暁がグリーヴに出費を惜しまないのはそのためだ。強く頑丈にして、防具を重ねるべきだ。

銀なる暁の射手が用いる典雅な弓は、倒すと誓った恐ろしい悪鬼の皮や下腹部を翼の付いた矢で貫く。我らが最も偉大な射手、伝説のブランカス卿はウェアウルフ9匹の目を次々射抜いたと言われる。ああ、見たかった!

胸当て

銀なる暁の胸当てはヘビーレザーを積み重ねたもので、厚いが動きやすい。我々が凶暴な野生の敵と戦う時には、素早く動かねばならないためだ。銀なる暁のボイルドレザーの胸当てに牙を突き立てようとしたウェアウルフには、不幸が降りかかるだろう!

銀なる暁教団の剣は、群れを打ち倒す騎士と同様、真っ直ぐで頑丈な両刃の剣である。半ダースの銀なる暁の戦士の輝く真鍮の刃が、吠える人狼をなぎ倒す姿ほど素晴らしい光景はない。栄光に満ちている!

肩防具

我々の不快な敵の、臆病な心に恐怖を植え付けるため、銀なる暁の戦士はこうした肩防具を装備する。しっかりしたポールドロンやショルダーカップではなく、皮と狼や人狼の切断された首を付け、目のところは銀の球に置き換える。銀の輝きにより、獣を滅ぼせ!

手袋

戦士たちの多くは、伝統的に手と前腕を保護するが、指の動きは自由にして親指を開けた篭手を好む。武器をしっかりと握れるようにするためだ。しかし、我々の相手はライカンスロープで、噛まれると呪いがもたらされる。このため、銀なる暁の篭手は軽装であっても、すべて指を完全に覆っている。素肌を露出させて戦うわけにはいかないのだ。

銀なる暁の盾は背の高い長方形の盾で、薄いが密度の高い頑丈なハードウッドでできていて、恐ろしい敵の爪や牙を通さない。彼らを打ち倒せるように!こうした盾の影から、獣のような怪物を好きなように叩ける。

銀なる暁の魔法の杖は、先端に銀の切断された狼の首の絵をあしらい、周囲に栄光を表す黄金の翼が広がっている。こうした杖が哀れなライカンスロープに破壊のメッセージを送り、光り輝く死をもたらす姿はとても気に入っている!

戦棍

銀なる暁の戦棍は恐ろしいほど美しく、重い真鍮の球に2ダースの銀スパイクがちりばめられている。想像できるとおり、これを打ちつけられたウェアウルフの頭はほとんど判別できなくなる!

短剣

銀なる暁の両刃短剣は短いが頑丈で、受け流し用のクロスガードが銀になっている。戦士は常にこの短剣をベルトに差し、致命傷を負った人狼にとどめを刺す。そのおぞましき内臓に!

銀なる暁の斧の真鍮の刃は、多くのウェアウルフを両断してきた。その殺戮は続くだろう!我々は簡素だが効果的な、長く曲がった片刃斧を採用している。柄には我々が好む装飾、銀が刻まれている。