エボンシャドウ スタイル | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

エボンシャドウ スタイル

クラフトモチーフ57
Ebonshadow Style

囁く影のロミエン・ガルヴェッタ 著

あなたは美しくなりたいと願う。美しく、そして囁き。囁き、そして暗闇。暗闇、そして美しく、そして囁き。爪を持つ、あのような爪を。あなたは冷たくなる、そして鋭く、そして暗く。エボンシャドウになる。

安息はない、決して安息はない、だから作れ。彼女の意志により武器を作れ、陰謀により防具を作れ。あなたは暗黒の無で満たされる。作るものに吐き出すまで。作る時間はたとえ一人であっても、その時間だけでも意味を持つだろう。

ブーツ

あなたはもう影に沈んでいる。足を過ぎ、脚までも。けれど破滅させることはない。そう、あなたが暗闇を作ったのだから。形作り、革紐で縛り、あなたの一部になった。影の間、世界の間を歩けるブーツを。

ベルト

包み込む。安全に。決して行かせない。暗闇の抱擁で包み込む、彼女の抱擁のように。その中に縛られるけれど、それはあなたのもの!あなたが作った!手の中に暗闇を、影を、黒い、自分を縛り、抱きしめるベルトを作った。

あなたの頭は秘密で満ちている。暗い予言、彼女の意志、カラスの鳴き声。精神が滑っている、浮かんでいる、保たなければ。安全に。兜、そう、兜を作る。ばらばらに砕けた意識を結びつける。精神が彼女のことだけを知るように。彼女の意志を。彼女は砕けた欠片を愛するでしょう。まだ使い道があるから。

脚当て

あなたは壊れている。違う?欠片が足りない、何かが足りない。これ そう!これが完成させる。まるごと。一つに結び付ける。影が私たちを結びつける。これを作り、一つになる。鍛造し、一つになる。最後には、彼女の影と一つになる。あなたは壊れていない。あなたは完全。私は完全。

触るには冷たいでしょう?黒い氷。けれど指は滑らない。黒檀の握りをしっかりと掴み、矢を飛ばす。貫く。夜を貫く真実。素早く。敵の肉体を貫き、熱い血があふれ出す。冷たい矢に対する熱い血。熱い。けれどあなたは冷たいまま。

胸当て

喘ぐ、喘ぐ、けれど息ができない。暗闇の重みがのしかかる。肺を圧迫する、けれど今。今、身を守る防具を作った。胸を包み込む、鈍った心臓の鼓動に背いて。それが重みを止めるでしょう。圧倒的な重みから守るでしょう。

黒く、優美で、破壊的な刃。ある晩、あなたの耳を満たした彼女の言葉のように。刃先は鋭く、容赦がない。これは飢餓。聞こえる? 暖かさを求めている。血を。敢えて歯向かう者が餌食となるでしょう。飢えている、彼女のカラスが飢えているように、あなたがいつも飢えているように。暖かさを求めて。死を求めて。

肩防具

彼女の意志はあなたの肩を押す。重く、耐え難く。けれど今はあなたが暗闇を作れる。砕けた欠片は影によって纏められた。縛るタールによって。彼女の意志となる。そして肩には重さも、負担も、何もなくなる。何も感じないことが、彼女を救う。

手袋

あなたの手は氷、冷たく、全ての接触に麻痺する。なのにまだ暖かさを保とうとする。影に糸を通し、命令に従うよう作りなさい。それは指を包み、誘い込み、ほぼ安全だと感じさせる。それは彼女の暗い意志のために手を動かす、けれどそれは癒し。ほとんど暖かい。ほとんど生きている。

光はあなたを捉え、溶かし去ろうとする。彼らの光。彼らの剣、彼らの短剣、彼らの戦棍。彼らは突き出し、刺し貫く。終わらせようとするけれど、あなたは影。終わることはない。この盾で彼らの光を防ぎなさい。これであなたは彼女の暗闇の中で安全。終わりなき抱擁の中で。

かつてあなたの魔法は色で、暖かく、喜びだった。もうそうではない。彼女に渡してしまった。我が女王は色を手にし、力を与えた。冷たい杖を。その上にカラスが止まり、見ている。裁いている。敵が倒れ、あなたが暗闇に落ちるのを見ている。深く、深く、最も深い影へ。

戦棍

叩いて開けなさい。彼女の敵、内側が暖かい。ほらね?色を見て、落ちていくのを。あなたには色がない、けれどまだ見える。この戦棍の中に彼女の意志を築き上げた。他の者全てにその力を使いなさい。彼らは暖かい、けれどあなたは冷たい。何も感じない。結局、影は何も感じない。

短剣

笑う、鳴く、そしてついばむ、ついばむ、彼女のカラス。あなたもついばまなければ。そして暗闇から短剣を鍛造する。小さく、軽く、鋭く。鋭く、恐るべき先端。それは必ずや熱い肉体を刺し貫く。指に血を感じる。熱い、けれど手はまだ冷たい。夜に立ち上る蒸気を見て。

斧が見える?いいえ、それは爪、輝かしい爪、夜空のような弧を描く爪。このような爪があれば開ける。大きく開き、紫と青を出すことが。それは出たがっている。斧を突け、突け、つるはしのように。突いて暗闇を溢れさせて。そうすれば溢れ出すでしょう。