助手 木工師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 42週間目

292日目
私はあることに気づきました。この一家と共に過ごしている間ずっと、私は…彼らを裁いていました。他のウッドエルフたちが私を裁いたように、私は彼らを裁いていたのです。私は彼らを見下し、程度の低い人々だと考えていました。私がです!私にとって、息をするように自然なことでした。このことがあまりにショックだったので、荷物を送るのを危うく忘れるところでした!

293日目
私は何が正しいかとは関係なく、この一家のことを知りたいと思います。今日、私は信じるものについて尋ねてみました。彼らは八大神に従っていますが、自然に敬意を払っています。できる限り緑を傷つけないようにしており、自分たちが取ったものには感謝の念を捧げています。たとえイフレの導きがなくても、彼らは自分なりに敬意を払っているのです。

294日目
子供たちはパクトについて話したがらないのを感じたようで、ヴァレンウッドに関する質問に留めるようになりました。ああ、どこから話せばいいのか。輝かしいエルデンルート、静かな人里離れた森について話せるなんて。私は突然、自分の目が涙に濡れていることに気づきました。ヴァレンウッドがどれほど懐かしいか、自覚していなかったのです。

295日目
前回の手紙を思い返していたのですが、一点だけお伝えさせてください。私はずっと、あなたの支えに感謝しています。あなたは私がレッドガードと共に歩み、カジートと共に狩ることをお認めになりました。あなたは私の目を、文化、民、私自身へと開いてくださったのです。全てはあなたの助手だったおかげです。ありがとうございます。

296日目
短い手紙で申し訳ありません。昨晩バニオンが交易で入手したジャガを持ってきたのです。すみません、少々飲み過ぎました。どうぞ荷物をお受け取りください。

297日目
今朝早く、一家の他の人々が目を覚ます前、バニオンはヴァレンウッドを旅するという夢を教えてくれました。彼はそこを新たな故郷にしてもいいつもりでいて、家族の承諾を心配していました。あまり言えることはありません。私自身、帰ることが不安です。それでも「あなたをウッドエルフの仲間と呼べることは誇りです」と言いました。だって、本当にそうなのですから。

298日目
昨日バニオンがくれた助言について思案しています。一家は私と一緒にいられて嬉しいし、私の助力にも感謝しているけれど、そろそろ故郷に帰ったほうがいいのではないか。そう彼は言ったのです。故郷が恋しいのは確かです。家も、森も、家族も。でも、それは正しい道なのでしょうか?よく考えなくては。

299日目
バニオンとの友情は喜びですが、彼の助言を聞き入れることはないと思います。私は多くのことを学びましたが、手放したものも多くあります。物の見方、偏見、自分の信仰…色々なことに疑問を抱くようになりました。でもそれはいいことです!私の成長を助けてくれるからです。今故郷に帰れば、後退するだけでしょう。今は前を向くべき時です。

300日目
あなたのおかげで出来た全てのことに、心の底から感謝の念を述べたいと思います。あなたの忍耐と庇護によって、実に多くのことを学べました。異なる文化、異なる哲学、何よりも私自身について。全ての答えはまだ見つかっていませんが、これから待ち受けていることにわくわくしています。緊張はしていますが、心の準備はできています。

木工師助手メール 41週間目

285日目
最近知り合ったウッドエルフの一家は、すぐに私を旅へと誘ってくれました。なぜ承諾をためらったのか自分でもわかりません。頭が働いていないだけだと思います。父親の名前はバニオンで、彼も木工細工の素材を必要としています。私たちの旅は、お互いにとって有益なものとなるでしょう。彼はすでに、この荷物を集める手助けをしてくれたのです!

286日目
助手として恥ずかしい思いです。昨日、一家の子供たちに素材集めを手伝ってもらいました。娘さんが木の小枝を折り始めたので、私は自分の子供か何かのように、彼女を叱ってしまったのです!自制するまで少しかかりました。この子たちはパクトに従うよう教育されていないのだから、私にとやかく言う権利はないのです。

287日目
理解できません!ヌリニとマグは素材集めを手伝ってくれました。彼らはよく生きた木から採取していたのです。でもこのウッドエルフの子供たちが同じことをすると、私は落ち着かなくなります。自分で集めると言おうにも、一家の気分を害したくありません。私はどうなってしまったのでしょう?自分がわからなくなります!

288日目
子供はカジートのように好奇心旺盛なことがあります。この一家の子も例外ではありません。彼らはパクトについてよく私に尋ねますが、正直に言って両親がパクトの実践を説明していないことに驚かされます。いや、私が口を出すべきではありません。つまらない考えで迷惑をかける相手は、あなただけにしておきます!この荷物に免じて、愚行をお許し願えればいいのですが。

289日目
今日、バニオンが私の元へやってきました。彼は子供たちと私の会話に懸念を表明しました。「あの子たちに変な考えを起こさせたくないだけだよ。パクトに従わないのが間違ったことだと、あの子たちに思ってほしくないんだ」と彼は説明したのです。私はこの話題を避けることを約束しましたが、この会話で私は不安になりました。

290日目
どうも気分が落ち着きません。私は自分が思っていた以上に説教をしていたのでしょうか?私はパクトに身を捧げているし、バニオン一家が従わないのは少し妙だと思います。でも、私が彼らの信仰に口を出す資格などあるでしょうか?そろそろ説明を求めるべきなのでしょう。そうすれば誤解が解けるかもしれません。

291日目
言ってしまいました。バニオンになぜ一家はパクトに従わないのかと聞いたのです。何と言ったと思いますか?ただ肩をすくめて、こう言ったのです。「そう育てられなかっただけだ。パクトに従わないウッドエルフの知人はたくさんいる。ヴァレンウッドの外では大部分がそうだよ」。私は本当にそれほど無知なのでしょうか?私のほうが例外ですか?考える時間が必要です。

木工師助手メール 40週間目

278日目
マグの話は悲劇ですが、どうしても…実践の計画について考えてしまいます。彼は未来の子供たちと言っていました。ということは…つまり彼らは、少なくとも計画を持っていたということで…でもどうやって?いったいどうするつもりだったのか…すみません。どうか質問は無視して、荷物をお受け取りください。

279日目
マグは近隣のカジート集落で物資を補給することにしました。妻の話の後、私たちはあまり口をきいていません。正直、聞かなければよかったと思います。集落はなかなかいいところですが、マグはできるだけ早い出発を望んでいます。この荷物は現地の商人たちに売ってもらったものです。品質がお気に召すといいのですが!

280日目
私はしばらくこの集落に留まることにしました。マグに伝えると、肩をすくめるだけでした。別れる前、私は最後の質問をしました。なぜ留まるのか?なぜスカイリムに帰らないのか?彼は「快適な悲しみの中にいる方が、悲しい快適よりいいこともある」と言いました。ふむ。あなたなら、私よりもこの言葉の意味をよくご存じかもしれません。

281日目
滞在中の集落はいいところですが、近いうちに他の旅人のグループが訪れることを望んでいます。これまで私はレッドガード、カジート、ノルドとさえ旅をしました。これほど多様な旅仲間と出会えるなど、誰が想像したでしょう?助手として働くことで、私の目は世界へと開かれました。次は他の土地を目指すべきかもしれません。

282日目
今日は実に奇妙なウッドエルフの一家が集落を訪れました。最初はブレトンかと思いましたが、それは単に彼らの服が布服だったからです。彼らが裸だったとしても、これほどは驚かなかったでしょう!明日、彼らと話そうと思います。もう何週間も、自分の種族には会っていません。仔細をお伝えするつもりです。

283日目
あのウッドエルフの一家とはまだ話していません。変なことを言うとお思いでしょうが、何か…妙な感じがします。不安なのです。一家の父は木工師です。興奮するだろうと思っていました。木工の道を選んだ同族はいないかと、あれほど考えていたのに、その答えを手にした今になって…彼らと話すのは明日にしましょう。

284日目
なぜ自分が最初に躊躇したのか未だに不可解ですが、あの一家とついに話すことができました。とても親切な人々です!久々にウッドエルフと話したのではないでしょうか。彼らは元々シロディールに住んでいましたが、最近起きた危機の後、南に移り住んだと教えてくれました。素敵な家族です。明日また訪ねていかなければ。

木工師助手メール 39週間目

271日目
あなたへの手紙の中で、マグの言葉をよく引用しているような気がします。これはおそらく私たちが話す時、彼が口を挟ませてくれないからでしょう。パクトについて話すのはいい気分転換になります。これに関しては、彼も耳を傾けるように見えました。彼の言葉は注意深く、尊敬すべきものであるようにさえ感じました。なぜこの議題がこのような変化をもたらしたのでしょう?

272日目
前回の手紙は性急すぎました。マグは私のパクト解釈に敬意を払っていますが、実践については色々と不満があるのです。「枯れた木が欲しいって?」と、彼は面白がって言いました。「スカイリムに行きな!あそこじゃ生きてるものはみんな、そのうち凍死するからな!」スカイリムがそんなにいいところなら、なぜ彼は帰らないのでしょう?

273日目
私はノルドがグリーンパクトに従わねばならなくなる理由を推定しましたが、真実は想定の外でした。結婚です!マグはパクトに深く入れ込んでいたウッドエルフと結婚したのです。彼がパクトに従ったのは、愛のためだったのです。正直に言って、想像がつきません。マグが?ウッドエルフと?これはもっと教えてもらわなくては!

274日目
マグはパクトについて言いたいことが本当にたくさんあります。「木を使わないのはいいんだが、問題は食事だ。肉!ミルク!卵!胃がどうにかなりそうだったよ。口が脂肪の層で覆われた気分だった。ノルドの俺が言ってるんだぞ!」彼はまだ奥さんについては話していません。私も聞くのがためらわれます。一度も故郷に手紙を書いていませんが、奥さんはどうなったのでしょう?

275日目
私はマグと材木を集め始めました。彼が枝を切り落とし、下ばえから回収するのです。不思議なものです。私は以前、こうした実践を見ると気分が悪くなったものです。木が裂ける音や、木の青白い内部を見ることに慣れてしまったのだと思います。もうほとんど動じなくなりました。このことをどう感じるべきなのでしょう。

276日目
ハチミツ酒を何本も空にした後、マグはついに妻のことを話しました。彼女はある日病気になり、死が近づきました。マグは薬を飲むよう懇願しましたが、彼女は拒否しました。彼は私に言いました。「未来の子供たちはどうなる?パクトのためなら、子供たちも死なせるのか?」彼女はそうしたでしょう。難しい選択ですが、それが私たちの生き方です。去った理由は理解できます。

277日目
パクトは常に簡単ではないし、常に公正でもありません。治癒師は常にそばにはいませんし、私の種族は薬を使いません。マグの話をあなたに伝えるのは私がすることではないかもしれませんが、誰かに聞いてほしかったのです。どうかこの荷物と、感謝の気持ちをお受け取りください。あなたはいつでも信頼できる話し相手です。

木工師助手メール 38週間目

264日目
お信じにならないでしょうが、あの素性の怪しいノルドに再び会いました。そうです、すでに二度も会ったあの者にです!追跡しているのでしょうか?いや、それはありえません。カジートたちといた間、彼の姿は見ていません。少なくとも彼は、今回の荷物のための素材を売ってくれました。しかし私の心は以前より開放的になったとはいえ、彼とキャンプする気にはなれません。

265日目
誓って言いますが、私はあのノルドと逆方向に行ったのです!なのに、またしても彼に会ってしまいました。なぜ?なぜこんなことが続くのでしょう?あらゆる論理に反しています。彼の売り物に感謝すべきなのでしょうが、それにしても!一緒にキャンプしようと申し出なくてよかった!何が起こるか知れたものではありません。

266日目
結局、あのノルドと旅することになりました。彼の名はマジナー・トロールスピットですが、マグと呼べばいいそうです。実のところ、彼は最初に出会った時にもそう言ったのですが、からかっているのかどうか、未だにわかりません。この決定を下したのは、非常に凶悪なストラングラーから危うく助かった後でした。まあ、せっかくですから仲良くすることにします!

267日目
マグは頼んでもいないのに、私に多くの助言をします。まず、彼は私が髭を伸ばすべきだと考えています。「間違ってるぜ。大人の男にちゃんとした髭がないなんて!」彼はそう言って、自分の見事な、パンくずのついた髭を撫でるのです。私は議論するより、ただうなずいています。少なくとも彼は、あなたに送る荷物のクラフト材料を安定して供給してくれます。

268日目
マグと旅をしていて嬉しいことは、彼が木工素材の収集を喜んで手伝ってくれることです。彼はいつもいくつか素材を手元に置いていて、私に売ってくれます。パクトに縛られていない人に手伝ってもらうのはいいものです。認めるのは気が引けますが、スピードではヌリニよりも役立ちます!

269日目
マグから貰った最近の頼んでもいない助言は、私の武器に関するものです。「弓だと?冗談じゃない!斧を取って、獲物が死ぬところをその目で見るんだよ。こそこそするなんて、名誉が傷つくぞ!」ここでも、私はうなずくだけでした。このノルドは私の弓に多くの不満があるようですが、仕留めた獲物は喜んで食べています。

270日目
昨晩知ったのですが、マグはグリーンパクトについて驚くほど深い知識を持っていて、パクトに関する私の解釈に同意してくれました。さらに意外なことに、彼はかつてパクトに従っていたことがあると話してくれたのです!ノルドの彼が!どう感じるべきなのかわかりませんが、教えてもらえるならもっと知りたいものです。

1 2 3 9