付呪師助手メール 2週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 2週間目

8日目
新たな一日と共に、我らは栄えある雇い主殿へ新たな積み荷をお届けしよう!剣ほど美しい外見を持つ武器は少ない。剣の鋭い刃は、鈍器や巨大な斧にないバランスと取り回しを、持ち主に与えてくれる。そしてノルド人やエルフ共が何と言おうとも、付呪を施した剣以上に素晴らしい武器は存在しない。

9日目
栄えある雇い主殿、この素材があなたに益あらんことを。あなたの旅も、我ら兄弟の旅と同じく順調なるものであろうと願っている。付呪を決して怠ってはいけない!それがいつの日か命を救うかもしれない!我々としてもあなたを失うのは惜しいので。

10日目
デシャーンに位置するダークシェイド洞窟のクワマーは恐ろしい!私はクワマーの卵が大好きなので、今あなたの手に渡っている素材を送る途中で、その洞窟へ立ち寄ったのだ。だがあそこの生物たちは、生み出す卵こそ見事であるものの、彼ら自身は醜悪で見られたものではない。しかもまるでオブリビオンの生物のように私に向かって吼えるのだ。もうあの卵を見る目が変わってしまった気がする。

11日目
レッドガードは刀剣の設計に卓越しているが、ドゥエマーはそれ以外のすべてにおいて卓越している。彼らの作り出した機械は、私がこれまで遭遇した中で最も凶悪なアーティファクトだ。ドゥエマーだったらあのほぼ完璧といえるレッドガードの三日月刀をどう改良するのだろうと、よく思い描いてしまう(三日月刀を空中に発射する装置がすぐ頭に浮かんだ)。とにかく、素材をお楽しみあれ!

12日目
新たなる一日と共に、我らは栄えある雇い主殿へ新たな積み荷をお届けしよう!どうか楽しんで使って欲しい。私は前回の冒険の疲れで、何日も眠れそうだ。冒険で、我々は古い帝国の砦を発見した。無論、放棄されたものであるが、そこからあらゆる資源を手に入れてきた。だが棲みついていたワマスは恐ろしかった。肌からは稲妻が飛び、四つ足を使ってまるで嵐のように襲ってくるのだ。我々はその顎から、命からがら逃げ出してきた。

13日目
今回の荷物は今までで最も素早くお届けできたはずだ!配送のせいで受け取りが後日になってしまうのは残念至極だが、私とエズダブは幾日も前から準備を整えておいたのだ。あるいは今回、互いに別の道を征くかも知れない。あいつの悪口やら挑発やらを聞かないで済むのはなによりだ。奴の腕は剣聖並みだが、おつむは子供並みなのでな。ともあれ、素材をぜひ役立ててくれ!

14日目
敬愛する雇い主殿、私はエズダブ、あなたに普段文を送っているアブナブの兄弟だ。この手紙と共に新たな積み荷をお送りする。どうか上手く使って欲しい…なぜなら今回で最後になるかも知れないのだ。というのもアブナブが行方をくらましてしまった。あなたの手を煩わせるつもりは無いが、あなたにできる事はないと思う。この文が届いたころまでにアブナブが見つからなければ、恐らくすでに手遅れだろう。