助手メール | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 42週間目

293日目
エロン・ソルトの死は私に責任があると思います。あれが始まる前、アバヴァーロアと何度もつぶやいていました。どうかしてるという意味で、あなたはバラバラになると言ってやったのですが、数時間後、文字通りになりました。どういうことでしょう?誰かの運命を私の声で決められるなら、昔の家主はとっくに死んでいるはずです。

294日目
今日、エロン・ソルトを埋めました。彼女の故郷ではどう埋葬するのか、どんな言葉を言うのか分かりません。ただ、敵討ちの精神については知っています。

295日目
エロン・ソルトの最期は私の言葉と一致しました。誰かの言葉が誰かの死につながったのはこれが初めてではありません。ダヴァミンはエロン・ソルトをいら立たせ、彼女がふと彼の死を願ったらそれが現実になったようです。まるで彼らはキンドルピッチに覆われ、死の願いが火の付いたたいまつだったかのように。言葉が火を投げられるなら、キンドルピッチを広げるのは何でしょう?

296日目
ヴェラン修道院長が最も恐れていたのは、追放者の遺跡の真の名前でした。「3度書かれ、1度罰される」とは?私の記録によると、シクスルは3度書きました。彼が川の遺跡の壁から作った図を数に入れなければ。数に入るでしょうか?私は自分が何度書いたか分かりません。2度?3度?送った手紙の中だけです。まだ持っていますか?調べてくれますか?

297日目
ヴェラン修道院長は「言葉のために来る」と言ってから「アバヴァーロア」とずっと言い続けていました。自分の言葉が「禁じられた象徴」になり、アイレイドのその言葉に取って代わられたのです。ダヴァミンの日記はその言葉を繰り返していました。エロン・ソルトの手紙もです。何らかの伝染?始まったら破滅を表す?何らかの呪いに思えます。

298日目
呪いはデイドラのものに違いありません。何らかの知識の罠です。知れば知るほど危険に近づく。まるでクワマーが熱源に近づき、火口だと気付かないでいるように。一度そこに入ったら、他の誰かが発する悪意ある言葉によって、灰になるまで落ちるだけです。生き延びる方法は、言葉を避けることです。修道院での生活のように?

299日目
もうやめます。これ以上関わりたくありません。どこかの辺境へ逃げて孤独に暮らします。その前に、ヴェロスリル姉妹社から奪ったものを全て返却します。連中が魂をデイドラのおもちゃにされたいなら、勝手にすればいい。あなたは?私の手紙を全て焼いて、ヴェロスリル姉妹社との関係を絶つことをお勧めします。アバヴァーロアに成り次第。

300日目
我々ヴェロスリル姉妹社は、前従業員のヴァリーン・フランによる職業意識に欠けた言動を突き止めました。彼女は準備の足りない遠征をしていた間もお客様宛に荷物を届けていたため、厳密に言うとお客様との契約には違反していません。そのため、今後の全ての配達については我々が直接取り計らいます。ご理解ください。

付呪師助手メール 41週間目

286日目
ヴェラン修道院長が話しました。そのために誇れないような行為をしましたが、必要なことでした。何度も「3度書かれ、1度罰される」「言葉のために来る」と言って、ヘクルのことかと聞くと悲鳴を上げて何かを言い始めました。理解できませんでしたが、半分は「アバヴァーロア」でした。あれほど怖がった者は見たことがありません。

287日目
あっという間でした。ヴェラン修道院長がホックから無理矢理下りて、小屋から飛び出したのです。追いかけるとアバヴァーロアとばかり叫んで、どんどん苦しそうになっていました。そして頭から谷間に飛び降りたのです。手を上げもしませんでした。落ちながら一言、自由とだけ言いました。そして脳みそを谷底の岩で打ち砕いたのです。

288日目
疲れました。怖いです。監視されているような感じがしますが、気のせいなのでしょう。明日は街へ戻る旅路を始めます。真っすぐ魔術師ギルドへ向かい、大した内容のない本にどうしてこれほどこだわるのか、説明を求めます。何が起きても構いません。事の真相を知りたいだけです。

289日目
私はエロン・ソルト。ヴァリーン・フランの身を預かっている。そちらに手紙を送ったと聞いている。ヘクルについて何を聞いてるか知りたい。探しにいくので返信の必要はない。

290日目
何かがアバヴァーロア。即刻アバヴァーロア・シスターズに連絡を。ヴァリーン・アバヴァーロアを止めて。彼女は自分が気付いてる以上にアバヴァーロア。助けて。アバヴァーロアを失いそう。アバヴァーロア。

291日目
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア

292日目
エロン・ソルトが死にました。まるで誰かがニット帽の毛糸を抜いて、糸の山だけになるまで引っ張ったかのように、彼女が目の前で解ける姿を見ました。何も叫びませんでした。ただそこに立って、顎が地面の上で骨と血の細い糸になるまで、繰り返しアバヴァーロアと言っていました。私はホックを外して逃げましたが、次に何をすべきか分かりません。

木工師助手メール 42週間目

292日目
私はあることに気づきました。この一家と共に過ごしている間ずっと、私は…彼らを裁いていました。他のウッドエルフたちが私を裁いたように、私は彼らを裁いていたのです。私は彼らを見下し、程度の低い人々だと考えていました。私がです!私にとって、息をするように自然なことでした。このことがあまりにショックだったので、荷物を送るのを危うく忘れるところでした!

293日目
私は何が正しいかとは関係なく、この一家のことを知りたいと思います。今日、私は信じるものについて尋ねてみました。彼らは八大神に従っていますが、自然に敬意を払っています。できる限り緑を傷つけないようにしており、自分たちが取ったものには感謝の念を捧げています。たとえイフレの導きがなくても、彼らは自分なりに敬意を払っているのです。

294日目
子供たちはパクトについて話したがらないのを感じたようで、ヴァレンウッドに関する質問に留めるようになりました。ああ、どこから話せばいいのか。輝かしいエルデンルート、静かな人里離れた森について話せるなんて。私は突然、自分の目が涙に濡れていることに気づきました。ヴァレンウッドがどれほど懐かしいか、自覚していなかったのです。

295日目
前回の手紙を思い返していたのですが、一点だけお伝えさせてください。私はずっと、あなたの支えに感謝しています。あなたは私がレッドガードと共に歩み、カジートと共に狩ることをお認めになりました。あなたは私の目を、文化、民、私自身へと開いてくださったのです。全てはあなたの助手だったおかげです。ありがとうございます。

296日目
短い手紙で申し訳ありません。昨晩バニオンが交易で入手したジャガを持ってきたのです。すみません、少々飲み過ぎました。どうぞ荷物をお受け取りください。

297日目
今朝早く、一家の他の人々が目を覚ます前、バニオンはヴァレンウッドを旅するという夢を教えてくれました。彼はそこを新たな故郷にしてもいいつもりでいて、家族の承諾を心配していました。あまり言えることはありません。私自身、帰ることが不安です。それでも「あなたをウッドエルフの仲間と呼べることは誇りです」と言いました。だって、本当にそうなのですから。

298日目
昨日バニオンがくれた助言について思案しています。一家は私と一緒にいられて嬉しいし、私の助力にも感謝しているけれど、そろそろ故郷に帰ったほうがいいのではないか。そう彼は言ったのです。故郷が恋しいのは確かです。家も、森も、家族も。でも、それは正しい道なのでしょうか?よく考えなくては。

299日目
バニオンとの友情は喜びですが、彼の助言を聞き入れることはないと思います。私は多くのことを学びましたが、手放したものも多くあります。物の見方、偏見、自分の信仰…色々なことに疑問を抱くようになりました。でもそれはいいことです!私の成長を助けてくれるからです。今故郷に帰れば、後退するだけでしょう。今は前を向くべき時です。

300日目
あなたのおかげで出来た全てのことに、心の底から感謝の念を述べたいと思います。あなたの忍耐と庇護によって、実に多くのことを学べました。異なる文化、異なる哲学、何よりも私自身について。全ての答えはまだ見つかっていませんが、これから待ち受けていることにわくわくしています。緊張はしていますが、心の準備はできています。

仕立師助手メール 42週間目

292日目
「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」では、新たに港間における配達料の割引を開始しました。グラニーなら割引を提供できるのに、別の店で大金を払う必要はありません。お忘れなく、答えはいつでもグラニーが持っています!

293日目
謝礼を弾みます:迷い猫で、1週間ほど行方不明です。屋外には慣れていません。似顔絵を参考にしてください。みすぼらしいティムと呼ぶか、餌を見せると反応します。何か情報があれば「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」、ホウカーまでご一報ください。寂しいです。

294日目
グラニーと契約を結んで、良質な配送ビジネスの経営がどれだけ大変か分かったでしょう?リニューアルの時(近日中よ!)に、手数料を値上げする訳ではないから安心して。グラニーはこうやって働いてる間に、おしゃべりを聞いてくれる人がいてくれるだけで嬉しいのよ。

295日目
グラニーはまだしばらく引退するつもりはないわよ。グラニー婆さんは、ただお得意さんのためにガラクタを集めるのが好きなの。それ以外に何をすればいいのか分からないわ。これからもこのグラニー・グラヴィウスが末長く、あなたに絶え間なく商品を届けるからね。

296日目
グラニーだって、家に帰ってしばらく休むのは楽しみなの。グラニー婆さんにだって、たまには休暇が必要よ。家に帰ったらまず、あの子たちをそれぞれしっかり抱きしめてあげるの。こんなに長い間置き去りにしちゃったのは、もちろん本意ではないのよ。

297日目
お目の高いお客様、この者はお聞きしたいのですが、旅の途中で抜け毛のある黒い猫は見かけなかったでしょうか。もし見かけましたら、「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」に宅配便で送っていただければ、この者は次回の配達時に感謝の品を差し上げます。ホウカーがお届けしました。

298日目
今日はちょっと悲しい知らせがあるわ。グラニーの大事な子猫の1匹が、そうすべきでないことに足を突っ込んだ。グラニーが家にいたらこんなことは起こらなかったと分かってるけど、仕方ないわ。もうミルクをこぼされて、悩まなくていいしね。

299日目
グラニーの心配はしなくていいわ。子猫の1匹が、9つの命を全てなくしてしまったの。残念だけど、すぐに乗り越えられるわ。グラニーはあの子たちを離さない方法を心得てるからね。たまに1人の時間を与えてあげるだけよ。

300日目
お目の高いお客様、この者は「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」の全スタッフを代表してお伝えします。仕入先として、当店をお選びいただきありがとうございます。また近々契約を更新いただければ幸いです。このクッキーはグラニーからの感謝の印です。ブラックフットがお届けしました。

鍛冶師助手メール 42週間目

292日目
私は去ることにします。あなたには伝えておかねばと思いました。世界には他に何があるのか見なければなりません。私の道が正しかったと分かるのかもしれませんが、別の道が正しかったと分かるのかもしれませんが、別の道を試したらどうなっていたのか、思いを巡らしたくありません。今夜、ロスガーへ出発します。ウルベクがまだそこにいると良いのですが。短い間とはいえ、お仕えできたのは光栄なことでした。

293日目
良き鍛冶屋よ、本当に申し訳ない。今朝、ファロークが見習いを辞退した。あなたは、批判と取られるかも知れないことを言わなかったかね?彼はいつも非常に謙虚であり、あなたが元気づけようとして言ったことを、真に受けるとは思えない。契約の残りは、店から供給しよう。

294日目
こう言いたくはないが、ウルベクはファロークに悪い影響を与えたと思う。あれほど忠実な生徒が突然、数年間の勤勉を捨て去るとは、他の理由が考えられない。1つの腐ったリンゴが全体を腐らす。見習いを取るのに、門戸を広げすぎたのかも知れない。

295日目
ごく少数の落第という怠慢によって、ラウモントの名と「四鉄」の評判が傷つくことがないのは、分かっている。私が一番悲しいのは、無駄になった将来性だ。ファロークは他に頼らずとも、ほんの数年で師匠になっただろうし、ウルベクは悲願であるラウモントの商標を、オークで初めて冠しただろう。何という悲劇だろうか。

296日目
悲劇にも良いことはあった。私はウルベクが傷つけた先祖伝来の金床を修復し、自分の印を「四鉄」の上に残した。2代後の孫息子がラウモントの偉大な歴史を顧客に伝える時、誇りとささやかな楽しみをもって、この件を話すかも知れない。

297日目
各顧客との間で親密な関係を築きたいのはやまやまだが、残りの見習いの評価に対応しなければならず、当然のことながら、増加の一途をたどる「四鉄」への申し込みにも対応しなくてはならない。良い知らせというのは、その中に熱意のある鍛冶屋が少なくとも2人いることだ。

298日目
ウルベクはあなたに挨拶する。そして、突然去ってから手紙を打ち出していなかったことを悪く思う。ウルベクは家族と非常に忙しい。クラン・タムノッシュの抱えるドワーフの物の問題は、それほど悪くない。ウルベクはそのいくつかを打ち砕いて、試作品を打ち出した。ウルベクはこの手紙を打ち出し、あなたに送る。

299日目
試作品はうまく文字を打ち出すが、1ページの写しを繰り返し打ち出すのが一番良い。ウルベクが本の印刷版を打ち出したものの上に打ち出し終えたら、ウルベクは試作品で初の本を打ち出す。方法を完璧にしたら、ウルベクは言葉の細工師へ大きな需要があると考えている。

300日目
ウルベクの前には長き道があるが、良き仲間がいる。ファロークがウルベクを探しにやってきて、新しい冒険に協力すると決めた。言葉の細工師を始めた、最初の顧客のことは忘れない。言葉を打ち出す必要があると思う時は、ウルベクがあなたに協力する。私達の幸運を祈っていてほしい。

1 2 3 43