付呪師助手メール 22週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 22週間目

151日目
リアムからの花を除くと、レイヴンウォッチ城はがらんどうでした。グウェンディス、アドゥサ、そして召使たちさえもおらず、行き先を書いた置き手紙すらもなかったのです。花を目にした時は嬉しくてたまりませんでしたが、今は友人と家族の事が心配です。感情が大きく揺さぶられ、苛立ちを覚えていました。

152日目
城には私ただ一人。グウェンディスとアドゥサの行方も分かりません。召使もいません。いつも夕食を用意してくれるエステルさえどこにもいないのです。もう空腹でたまりません!家のことも心配でした。どうして一日だけでもリアムの愛情に溺れることができないのでしょう?素材は同封しておきました。

153日目
グウェンディスからもアドゥサからも便りはないままです。召使たちからの連絡もありません。本当ならリアムが送ってくれた美しい花の香りを楽しんでいるはずでしたが、私は右往左往しながら皆を襲ったかもしれないあらゆる悲劇に思いを巡らせていました。さあ、待つのはもうおしまい。何かしなければ!

154日目
闇雲に出かける前にもう一度城を見て回ったところ、恐ろしい物を花かごの裏で見つけました。それはステンダールの篤信者からの短い置き手紙で、「囚人は解放する」と書かれており、「神聖なる誓いのジャコソン」と署名されていました。あの愚か者め!あの人たちは召使よ、囚人なんかじゃない!

155日目
グウェンディスとアドゥサよりも先に、ジャコソンと召使を見つけなければ。レイヴンウォッチ家とステンダールの篤信者との戦端を開くことになりかねません。今はこんなもめごとはごめんです。あのノルドにつけ回されるまでは、何もかもがうまくいっていたのに。ああ、同封した素材をお楽しみ下さい。

156日目
もし私が吸血鬼は魔物であると思い込むノルドの巨漢で、不寛容で妄信的な宗教を信奉しているとしたらどこに身を隠すでしょう?ショーンヘルムの大聖堂?荒野にあるステンダールの祠?それとも悪霊が出ると噂されているけど実際は手なずけられた狼の群れの巣となった洞窟?そんなこと分かるわけがありません、私はノルドじゃないんですから!

157日目
レイヴンウォッチ城近辺の洞窟をのぞいてみて、ジャコソンがねぐらとしているかを調べることにしました。飢えが私の判断を鈍らせつつありましたが、2、3食抜いたくらいで我を失うわけにはいきません。とにかくアドゥサより先に彼を見つけたい一心でした。