付呪師助手メール 39週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 39週間目

272日目
エロン・ソルトが辺境の村で私を探しているのなら、旅を始めた街こそが最も安全な場所でしょう。食料も少なくなっています(トロールの糞の中に生えたキノコを食べるのは絶対に嫌です)。

273日目
トロールの糞のキノコですが、使い道を見つけました。それを下剤として使う、船上の薬剤師と取引すればいいのです。代償として私は、停泊中の船にあるハンモックを出港日まで借りました。幸い、ヴェロスリル姉妹社は倉庫長を買収して港を監視してはいません。同盟の密偵の財布と競い合うのは、容易ではありませんから。

274日目
魔術師ギルドに接触しました。シクスルによれば彼らはヴェロスリル姉妹社を嫌っているようですが、理由が分かるまでは名前を出さないでおきます。明日、アイレイド語に詳しいギルドのメンバーと会うことになりました。彼ならアバヴァーロアの意味を知っているかもしれません。前に聞いたことがあるような気がします。

275日目
アイレイド語の学者によれば、「アバヴァーロア」とは「禁じられた象徴」という意味だそうです。私の質問に驚いた様子で、不審に思い始めたようでした。シロディールで見つけた遺物がらみの作り話をしましたが、私が立ち去ると賢者に話し掛けました。彼女は私を捕らえるよう達人に合図したので、私は逃げました。

276日目
船に戻り、どうやら安全なようです。魔術師ギルドも倉庫長を買収してないようです。次の行動を考えなくてはいけません。それから、髪の毛を絞ることも。酢漬けのスズキが入った樽に隠れる必要があり、戻った後、カジートの甲板長から引っ切りなしに皮肉を言われています。ほとんどは無礼ですが、詩的な時もあります。

277日目
リトルスクラッパー号は今日出航で、私も同行します。ヴェロスリル姉妹社の賞金稼ぎ、魔術師ギルドの達人…次は誰に追われるのでしょう?もちろんカジートの甲板長は(賢い者も)除きます。

278日目
追放者の遺跡がこれほど関心を集め、ダヴァミンの日記に「禁じられた象徴」を意味するアイレイド語が並んでいた理由は?「禁じられた字句」なのでしょうか?それなら「アバヴァーロア」は追放者の遺跡、ヘクルのことかもしれません。でも、そもそもなぜ現れたのでしょう?