ヘクソス家 スタイル | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

ヘクソス家 スタイル

クラフトモチーフ98
House Hexos Style

運営主任 フォーティス・スカエバ 著

よくヘクソス家に加わってくれた!これよりお前はオブリビオンの無数の領域へ進出する、商業帝国の一員となる。我がファーグレイブ大市場から、我々の代理人たちは1ダースの世界の品物を追い求め、タムリエル中にいる目利きのバイヤーに届ける。

当然だが、我々の事業にはある程度の危険がある。だからお前のような傭兵を雇う。ファーグレイブは安全だが、奇妙な世界で商談をする商人には護衛が必要だ。一番いいやり方は、見るからに装備の充実した兵隊で襲撃者を威嚇することだ。しかし威嚇できなかったら、戦う覚悟はしておかねばならない。

我々は過酷な環境に乗り込むことになる。ヘクソス家では灰の嵐、腐食する沼、極寒の氷原をものともしない加工された武器を用意する。そして当家に仕える傭兵には、誇らかに当家の色を身につけてもらう。すなわちオリーブグリーン、褐色の革、深紅の紋章だ。多くの次元を無事通り抜けるには、素性を証明しなければならない。我々の色を捨てれば、死ぬことになる!

ブーツ

ヘクソス衛兵の足元を守る防具で、褐色加工した鉄かボイルド・レザーの薄板を重ねてある。この頑丈な防具の内側では、柔らかな革が足を密閉してくれる。デッドランド(または他の次元でも)には、堅牢で頑丈な靴がなければ足を踏み入れたくないところがある。

ベルト

シンプルで機能的なヘクソスのベルトは、加工された合金を強化革でサンドイッチ状に包んだ(軽装の場合は強化革のみ)ものだ。儀礼用に配備された衛兵のバックルには、赤い宝石がインペリアル・ダイヤモンドの形にはめ込まれている。

一般に、ヘクソス家ではオープンフェイスの兜を好む。防御面ではバイザー付きに劣るかもしれないが、我々が時々赴く次元においては、周囲に目と耳を向ける能力が生死の境を分ける。重装鎧の儀式用兜には見栄えのする深紅の翼がつけられ、ヘクソス家への忠誠を誇らかに示している。

脚当て

ヘクソス衛兵の腰と大腿部は、体に合わせて仕立てた板で守られている。ボイルド・レザーか褐色加工した鉄製だ。滑らかでぴったりとフィットするグリーヴは、着用者に柔軟さと動きやすさを保証してくれる。時に強打へ耐える能力は、危機を回避する敏捷さに及ばないこともある。

ファーグレイブで木はなかなか手に入らない。結果として、我々はタムリエルから弓を輸入している。ヘクソス家の弓のほとんどはニベン渓谷のオリーブ材で作られている。特殊ワックスで加工し、過酷な状況に耐えられるようにしてある。もっとも注意しておくが、オブリビオンの世界では近接戦闘に巻き込まれることが多い。ヘクソスの軍勢にとって、弓術の優先順位は低い。

胸当て

強靭で着用者にぴったりと合うヘクソス家の重装ブレストプレートは、連結した褐色加工の鉄板と表裏に重ねた強化革の層で構成されている。褐色加工とは弱酸性の溶剤で金属を加工し、溶剤を硬質ブラシでこすり落とす工程だ。革で覆い、褐色加工したヘクソスの鎧は、どんな次元の気候にも耐えられる。

剣とは扱いやすい武器だ。切るのにも突くのにも適している(柄頭で叩くのもいとわないなら打ってもいい)。つまり我々が遭遇する、幅広いデイドラ生物に対して有効だ。ヘクソスの剣はオブリビオンの平原で採れる貴重な試料を添加した鋼鉄で鍛造されている。

肩防具

大仰な肩当てがついた鎧はたくさんあるが、ヘクソス家はそういった非実用的な飾りが無用と考えている。その代わりにぴったりと密着する、褐色加工した鉄のポールドロンと、着用者の動きを阻害しない強化革を好んでいる。

手袋

強靭かつ柔軟な強化革(重装の場合は褐色加工した鉄板)の腕甲は、着用者の手を戦闘の負傷と、ナイフの刃のような岩、棘のある植物、火の玉や酸性雨といった危険な地勢から守る。

戦士の盾は紋章を飾りやすい場所だ。ヘクソス家の盾は深紅のインペリアル・ダイヤモンドを誇らかにいただいている。盾はニベン渓谷の堅固なオリーブ材で強化され、鋼鉄の縁が盾を断ち割られることを防いでいる。

予想できるだろうが、我々は多くの魔術師を雇っている。ヘクソスの杖は、軽量の合金製シャフトの先端にインペリアル・ダイヤモンドをあしらっている。木の杖ではどうしても過酷な次元の劣悪な環境に耐えられないからだ。

戦棍

ヘクソス家の戦棍は先端に4つの突起がついた重武器で、この上なく重厚なデイドラの甲羅ですら易々と叩き割る。加工された合金の柄は木のものよりずっと丈夫で、ほぼあらゆる次元の過酷な環境に耐えられる。

短剣

帝国領土でよく見られる馴染み深い葉のデザインの上に、バランスのよい刃が据え付けられている。ヘクソス家の短剣は斬撃に効果的な重さと、刺突に向いた強靭なダイヤモンド型の切っ先を備えている。近距離戦を挑むべきでないデイドラの怪物もいるが、避けられないならいい武器を手元に置いておきたいものだ。

我々が遭遇する獣の多くは気性が荒く、分厚い甲羅や鱗で覆われている。デイドロスやインファーニウムのような怪物の皮を切り裂くには重厚な刃が必要だ。ヘクソスの斧には鋼鉄の合金製の柄もついている。過酷な次元では、木の柄が折れるか腐食するからだ。