木工師助手メール 7週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 7週間目

43日目
パクルーティは親しい友人のために材料集めをしながら、カジートの指輪のような歴史的な伝説のアーティファクトについて思いを馳せている。指輪は、ラジーンを文字どおり泥棒の神にしてしまうもので、荒れ地のどこかにあると言われているが、パクルーティはいつか出くわさないだろうかと思っている。

44日目
パクルーティは酒場が好きでない。1人で飲むのを好む。人間とエルフはいつも酒をこぼしながら、下品なことを叫んでいる。エルフの場合は、下品だと分かりにくいが。いつか材料集めで金が貯まったら、パクルーティは酒場を買い、そこで客に毛皮をかけ、蒸留酒漬けにするつもりでいる。

45日目
友よ、それらの材料で楽しんでくれ。パクルーティがその材料をむしり取った化け物は、ものすごく恐ろしい5つの鉤爪の持ち主だった。彼らはブレトンの子で、木材商の子供だ!爪で引っかき、手足にぶら下がり、この者を倒して、持ち物を奪った。そこで真夜中に奴らの住みかにこっそり忍び込んで、この者は持ち物を取り戻した。

46日目
この者の名はパクルーティ。キティーではない。この者の願いは、残りのタムリエルがペットと人との違いを理解できるようになることだ。エルスウェアの外の世界が、故郷のように感じられる日が来るかも知れない。それが今日ではなくても。友よ、これらの材料がお前の役に立つことを願う。

47日目
パクルーティがお前のために集めている材料は、かなり時間を食う。無味乾燥な日には、この者が求める懐を持つ相手に出会えないが、収穫のある日には、カジートが木材商の村を見つけたりする!タムリエルの深淵や洞窟を探ったりもできるが、ひどく骨が折れそうだ。

48日目
パクルーティがお前に知ってほしいのは、お前に雇ってもらって嬉しいということだ。パクルーティの手紙を、他の人にはできない冷静さで受け入れてくれて、パクルーティは感謝している。帝国の雇い主だったオットー・ヴィンカエディアンは、材料と一緒に手紙を送るのをやめてくれないかと頼んできた。パクルーティはそれが嫌だった。

49日目
あまりムーンシュガーを取りすぎないようにしている。取りすぎると、シェッゴロスのゴールデンセイントがその存在を誇示しだすからだ。ゴールデンセイントはタムリエルのすべてを破壊し、そしてムーンシュガー自体の慈悲でさえ損なう唯一の存在となる。だからこそ、浪費しすぎていたカジートに不運が降りかかるのだ。