鍛冶師助手メール 7週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

鍛冶師助手メール 7週間目

43日目
カジート商人のヤドゥスは、すてきな話を語ってくれる。どこまで本当かは分からないけれど、どの話も面白く、彼は大変正直な人に思える。それにプラッキーをかなり気に入っているらしく、お互いにその関係を楽しんでいたわ。それに、しばらくの間あなたに十分な物資を届けることができる人間関係も少なからず作っておいた。どういたしまして!

44日目
キャラバン商人の仕事ぶりを目にした。ある場所で商品を買い、別の場所で商品を売る。こうした経験は、自分がやっている調達の仕事を拡大する際の参考になるわ。でも、一般の人々への接し方はよく分からない。客にどんな風に振る舞われてもヤドゥスは決して怒らないけど、私ならほとんどの相手を殴りたくなる。

45日目
プラッキーと私は今日、カジートの商人のヤドゥスに別れを告げた。別れは少し悲しい程度ではなかったけれど、少なくとも私はスカイリムに戻って来た。約束どおり、新たに材料を送るわ。兄弟たちを見つけ、すべてを捨てて故郷へ帰るほどに大事なことが何なのかを突き止めないと。

46日目
九つの地に降る全ての雪にかけて、兄弟たちの行いが信じられない!故郷に呼びつけた理由は何だと思う?何を祝うと思う?私の結婚だって!あのホーカーたちはオブリビオンに召されてしまえ、結婚なんかしたくない!腹が立って仕方ないわ!そういえば、材料は受け取ってね。

47日目
まとめて頭蓋骨を叩き割ってやりたい気分だわ!愚かな兄弟たちは、私がいない間に増えた借金を返すために、私を年寄りのソーグリム・ワートノセと結婚させると決めたらしいの。私を売るのも牛を売るのも大差ないと思っているの?とにかく考え直させてやる!しかもオルガスは、マーラのアミュレットをくれたわ!兄弟たちめ!正式に紹介されてさえいないのに…それが重要というわけではないけど。

48日目
親愛なる後援者様。私は競売で最高額の落札者に売られる商品ではないの。もし私がマーラのアミュレットを受け入れ、結婚する気になるようなことがあるとしたら、それは私が選んだ時間と場所で、私の望む相手とする。年寄りのソーグリム・ワートノセとなんて絶対ありえない!今こそ兄弟たちに、彼らの「お祝い」に対して何ができるかを教えてやるわ。

49日目
ストーンヒーヴァー家の再会は今回も相変わらずだった。多数の叫び声、3ヶ所別々に巻き起こった激論、たくさんの青あざ、いくつかの骨折、何ガロンものハチミツ酒。素晴らしいひととき!こんな家族団欒が大好き!そして自分の意志をはっきり伝えた。オルガスは借金返済に別の手立てを考える必要があるわ。私はまだ結婚する気なんてないのだから。