仕立師助手メール 22週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 22週間目

150日目
多彩なスープを作る者は、何て面倒くさい女性なんだ!スニップスの解放との交換条件は、とんでもなかった。でも、マッドクラブの相棒をスープにしないためなら仕方ない。「グリーンフッドとドーレスの奴隷商人」の中に、彼女をセクシーなヒロイン、数多の愛を育む者(彼女の提案した名前)として登場させて、夕食に連れていくことにもなった。

151日目
スニップスは自由だ!多彩なスープを作る者は料理の任務を数日間休むことになったので、彼女を連れてウィンドヘルムに戻り、約束通り夕食をごちそうすることになった。特に何もない旅だったけれど、話をする時間ができた。シェフの生活がいかにすばらしいか、全然知らなかった。荷物は同封してある。

152日目
親愛なる雇い主殿、多彩なスープを作る者との食事は、意外なことに楽しかった。ソバー・ノルドで食事をとったが、料理はすばらしかった。彼女も喜んでくれた。料理のこととなると、なかなか満足しないのに。主人は、アルゴニアンには食事の終わりのしるしになるシックスウーズパフェまで出してくれた。とてもおいしかった!

153日目
今日は特にお知らせはない。彼女と2人で宿に部屋を取って、それから…ロマンチックな冒険物語、「グリーンフッドとドーレスの奴隷商人」のためにアイデアを出し合った。荷物は同封してある。

154日目
とても大きな幸福と満足を感じているよ、良き雇い主殿!何という夜だったんだ!昼間もね。それに、もう一晩。でも今は、残念ながら、それぞれの道を行く時が来た。彼女は料理の仕事に戻らなくてはならないし、こちらも収集の仕事がある。とても幸せで、同時に悲しくもある。

155日目
お別れの前に、多彩なスープを作る者に料理を改善するアイデアを伝えた。もうひとつ、もしくはもうふたつ鍋を増やす提案をした。そうすれば、同時にいくつかスープを作ることができて、雇い主に選択肢が与えられる。彼女は「一度に複数の鍋を?」と言い、頭のひれをなでてきた。「思い切ったアイデアだから、慎重に考えるわ」

156日目
ヒストに誓って、落ち込んでいるよ!信じられないけれど、ウィンドヘルムでお別れをしてから、多彩なスープを作る者がとても恋しい。吟遊詩人フョッキが書いていた、あの状態に違いない…失恋。とにかく、荷物を送るよ。