支配人のカタログ

The Impresario’s Catalogue

エルスウェアへの招待An Invitation to Elsweyr

冒険好きな方、勇敢な方、好奇心旺盛な方へ。

カジートの故郷、エルスウェアのきらめく砂漠と壮大な浜辺を訪れましょう!物語に名高いこの国の人々は、ご来訪を心からお待ちしています。この地にある危険との戦闘や観光など、豊富な見どころを心置きなくお楽しみください。

今すぐおいでください!冒険が完了したら、フィリウス・ドーミアからあなたにふさわしい報酬をお受け取りいただけます!

タムリエルの極上ワインTamriel’s Finest Wines

テンプレサミュエル・グーロン 選

グレナンブラ、ブラッドルートローズ
このワインは現在グレナンブラに住んでいるブラッドソーンの信者が造っている。彼らは怪物のような蔓から成長する奇妙なブドウを使うという噂を聞いている。それがこのワインにデイドロスが好む、やや土のような味わいを与えているのだ。前回訪ねた時、彼らはダガーフォールの北東にある荒廃した塔の中にボトルをしまい込んでいた。

ストンフォール、蜘蛛毒ワイン
かつてメファーラの巣に住んでいた教団は極めて強いワインを造っていた。このワインにはその地域に繁殖している蜘蛛の毒が混ざっていると言われている。その場所がゴブリンに占領されて以来、このワインのボトルは大変希少なものとなっている。スキャンプや黄昏は、特にこの不快なビンテージを好むようだ。

オーリドン、フィオラリアン・ムスクワイン
アルドマーはかつてオンディルにやや腐敗したような火酒を保管していた。この酒は上質なエルフの果物と腐敗させる魔法の混合物で発酵させたものだ。疫病を広める可能性があり、オグリムと収穫者に好まれると聞いている。

メモ:こうしたワインの誘引力は長続きしない。風味が失われる前にすばやく使用すること!

ブラックウッドの恵みBounties of Blackwood

旅人と探検者を求む

チャニル・ジェイがレヤウィンの街の外で、旅人と探検者を求めています。あなたの物語が私の物語になります。共に川の音楽を聞きましょう。冒険をお望みなら、お話しに来てください。奉仕は報われるでしょう。

お待ちしています。

メル・アドリスの日記Mel Adrys’ Journal

この地域に入ってまだ短い時間しか経っていないが、すでにスカイリムもリーチもその面影がなくなっている。この病気に対する私の戦いの中でも、これほどの規模の吸血症の浸食は見たことがない。後に役立つことがあるかもしれないので、私の観察をここに記録しておく。自分のためか、私が力尽きた後、戦いを続ける者のために。

1日目
我が獲物の捜索が始まった。喪心の嵐の闇の力が奴をこの地域に惹きつけたに違いない。警戒を怠らぬようにせねばならない。まるであらゆる岩や木陰にあの血に飢えた者が隠れているかのように感じる。危険は承知だが、奴を逃すわけにはいかない。それだけの借りがある。

4日目
最初、グレイホストと名乗ったのは単なる虚栄心だと思っていた。この血に飢えた連中がヴァーカースの群れの恐るべき評判に比肩しうるはずはないと考えたのだ。私は間違っていた。むしろ、過去の脅威を上回るほどだ。圧倒されるのを避けるため、戦略に多少の変更を加える必要に迫られた。恐れてはいない。むしろ望むところだ。獲物に狩られる狩人は、恐怖の味を思い出す。それにより力を限界まで引き出し、感覚を研ぎ澄ませられる。

7日目
この仕事には大変な労力を要する。毎晩落ち着く余裕はなく、現実と想像の悪夢に共に苛まれている。私は狩れる時に狩り、止むを得ない時には眠る。この狩りは軍事作戦のようになった。責任の重さに耐えなければならない。

12日目
グレイホストがまたしても新たな戦略、新たな残虐行為を見せてきた。私はある避難民の集団を追跡していた。群れへ加わりに来た雛たちだと思っていたのだ。彼らは道の脇で泣いている若い女に出くわした。私は剣に手をやり、女を救おうと突進していったが、その途中ではっと立ち止まった。青ざめた顔の子供たちが影の中から姿を現したのだ。孤児の少女とその仲間は避難民たちを惨殺し、その赤い目を私に向けた。やるべきことをやらざるをえなかった。

15日目
疲労が私を捉えつつあるのだろう。タムリエルで最速のガーゴイルに出会ったのか、それとも私の動きが鈍くなっているのか。どちらが真実か、わかるような気がする。私の治癒の技で事足りるはずだ。しかしあれより一瞬でも遅かったら、この文章は片手で書くことになっていた。躊躇はしたが、支援の要請を送った。狩りに決着をつけるため、プライドは脇に置かなければ。これからの仕事には相棒が必要になりそうだ。

レディ・アラベルからの手紙テンプレアアアアアア

your name

あなたの名前をある共通の知人から聞きました。仕事の腕にかけては信用できると伺っています。私はそういう人物を緊急に求めています。

私の密偵ジャカーンに、あなたの同盟の首都でお会いください。タムリエル全土にとって重要な問題に関し、協力を申し出ていただければ幸いです。参加いただければ、高額の報酬を得られるでしょう。

レディ・アラベル・ダヴォー

協力求む:フィリエン・ツアーHelp Wanted: Philien’s Tours

ここハイ・アイルを拠点とする新事業、フィリエン・ツアーは、新たな事業を開始するために旅を愛する冒険者を求めています!

興味のある方はゴンファローネ湾のゴンファローネ・ゲーミングホールにて、フィリエン・ヴィスールをお探しください。

シストレス諸島で、冒険が待っています!

砂と雪と血A Quest of Sand, Snow, and Blood

冒険好きな方、勇敢な方、好奇心旺盛な方へ…

同じ気候ばかりで、うんざりしていませんか?見慣れたダンジョンの石に気分がふさいでしまうことは?あなたの放浪にちょっとした変化を加えるために、支配人がご招待します!あなたの冒険を新たな高みへ引き上げましょう!ロスガーの吹雪が吹き付ける山やクラグローンの危険な砂漠へ行き、帝都の危険な遺跡を征服しましょう!

冒険者の宴がここまで多様になったことはありません!冒険を完了したらフィリウス・ドーミアを訪れ、報酬をお受け取りください!

超越の勇者の命令Ascendant Champion Orders

メダルをサレロス洞窟に持って来い。そこで会おう。

港には常に船がある。どれでもいいから使える船に乗れ。遅れるな。

超越の勇者

超越の勇者の新しい命令Ascendant Champion’s New Orders

命令は変更された。

メダルの使用はもう現実的ではない。我々は上級王エメリックの私的静養地である、ソードレスト島へ行かなくてはならない。私は砦の襲撃に向かい、エメリックをこの手で殺す。

計画は達成されるだろう。目的、信条を忘れるな。
超越の勇者

超越騎士団のメモAscendant Order Note

超越の勇者殿、

ご命令の通り、ハイエルフの魔術師を誘拐しました。かなり抵抗もされましたが。従士オーベロンは鼻血を出す羽目になりました。

しかし、メダルは手に入れました。ご命令通り、魔術師とメダルを隠れ家に持ち帰ります。

超越騎士団の命令によりBy Command of the Ascendant Order

この釣り場は今や、超越騎士団の所有地となった。

この一帯への侵入者やスパイには容赦しない。

この命令に逆らう者はこの侵入者たちと同じように、即刻かつ厳格に処罰される。

警告は以上だ。

超越騎士団