アッシュランダー スタイル

クラフトモチーフ48
Ashlander Style

エラベニムスン族の賢女サンネム・カミシ 著

では部族の友よ、私たちの服に興味があるのですね?単純な遊牧民の蛮族がこれほど緻密で洗練された衣服や道具を有しているのはなぜか、不思議に思うでしょう?では、このことを知りなさい。アッシュランダーにとって、簡素な衣服は強いられたものではなく、選択の結果なのです。私たちは善のデイドラの教訓に従います。実践と好みはデイドラの教えに調和しているのです。その他のより深い秘密については、今のところあなたに明かさないでおきます。ですが、服飾や武具については構いません。

ブーツ

ブーツにはしなやかな、通常はグアルの革を使います。つま先を保護するため、キチン製の突起やプレートを足の甲と脛に添えます。このキチンは下の革に、クワマーのカトルと(手に入る時は)馬の蹄から煮出した強力で永続的な接着剤で固定します。馬の残った部分はシチューの鍋に入ります。

ベルト

私たちは常に複数のベルトを丈夫な革で飾り、互いを斜めに交差させて、道具や武器、キチン製のタセットを支えます。バックルは象徴というよりも修飾を目的としたもので、装備者の好みに応じて、キチン、甲殻、人目を引きたければ金属でも飾り付けられます。

フードや兜は頭全体を覆い、アッシュランドの過酷な環境から身を守ります。とりわけレッドマウンテンの機嫌が悪い時のために。マスクかフィルター付きのバイザーは灰が鼻や口に入るのを防ぎ、ゴーグルは煤や燃えカス、煙から目を守ります。頭蓋骨を守るため、幾重にも重ねた硬いキチンを用い、時として突起や頂飾を付けます。

脚当て

胴鎧と同様、アッシュランダーの脚当てはグアル革の束を、クレッシュかルーブラシの繊維から作ったねじれ糸に、ワックスを塗ったものを使って縫い合わせます。キチンか甲殻の膝当てを膝に取り付けてもいいでしょう。こうすることで脚は武器だけでなく、茨やスケイスクロー、尖った火山岩などからも保護されます。

私たちの弓はアッシュウィローの大枝とトラマの幹をカトルの接着剤で薄く張り合わせたものです。表面はキチン、もしくはマッドクラブの爪か、可能ならばドゥルーの爪を使います。矢は手羽の筋か、レーサーの羽根で作ります。

胸当て

アッシュランダーは層にするか束ねたグアルの革を、キチンや甲殻、角、骨、あるいはヴァルドヴァークの殻で補強したもので胴を守ります。束はクレッシュかルーブラシの繊維で作られたねじれ糸で縫い合わせ、多くは乾燥させたスクリブのゼリーかドゥルーワックスを塗ります。所属する部族や宗教を示すため、色鮮やかなエナメルを用いてもいいでしょう。

私たちの剣は曲がりくねった刃を持ち、先端は三日月の蛇か、あるいは鋭利な凍った炎のようにねじれています。鍔の左右それぞれには完全な三日月があり、中子はトラマのハートウッドかキノコの幹の柄に包まれています。刀剣を身に着けることは重大な行いであり、アッシュランダーは一度抜いた剣を、使用することなく鞘に納めることが滅多にありません。

肩防具

私たちアッシュランダーは分厚いグアルの革を煮て硬くし、肩を山型に際立たせます。より重装の防具では、カトルの接着剤で小型/大型のキチン製プレートを固定します。こうしたプレートには、鋭い突起やスパイクをあしらってもいいでしょう。

手袋

手袋は分厚く、皮を何層にも重ねて作ります。私たちは溶岩地帯に生活しているので、焼けた石や沸騰した液体から手を保護しなければならないのです。戦争用の篭手は、前腕をキチンのプレートで保護し、これをカトルの接着剤で手袋の革に固定します。このプレートには、スパイクや突縁を付けてもいいでしょう。

アッシュランダーの盾は複数の軽く、しかし硬い甲殻の大型片を、カトルの接着剤で一つにつなげて作り、キチンのスパイクで飾ります。端には金属の縁を裏までたくし込み、斬りつけられた時に盾が割れることを防ぎます。

アッシュランダーの呪文の杖は魔法の武器だけでなく、儀式の錫杖でもあります。それゆえ、装飾には少なくとも私たちにとって、象徴的な表現があふれています。それぞれの杖には善のデイドラのシンボルが1~3付けられ、キチンと骨の二重の三日月が取り巻きます。持ち手の部分は戦槌のものと似た、尖った石突きになっています。

戦棍

私たちの戦槌は重い頭部の側面に両刃の三日月を取り付け、切断と粉砕の両方を行える武器として作ります。長いトラマの幹で作った持ち手を革の紐で斜めに巻き付け、握りやすくします。持ち手の手元は金属製か骨製の石突きにします。

短剣

アッシュランダーのクリスの波打った刃には、再び聖なる三日月が現れます。私たちにとって、クリスは刺突用の武器であると同時に便利な道具でもあり、こじ開けるための丈夫な先端と、削り落とすための分厚い刃が付いています。柄はトラマのハートウッドか、キノコの幹で作られます。

三日月は私たちにとって古代の聖なるシンボルであり、過剰にならぬよう、意味を込めて用います。斧の刃は三日月型に縁どられますが、先端は不完全になっています。物語が伝えるところでは、予言された出来事が起きた時、三日月は再び完全になります。そうして私たちの斧は、苦境と栄光の時代に身に着ける武具となるのです。その時は、未だ来ていませんが。

使徒 スタイル

クラフトモチーフ56
Apostle Style

発明家ダロマー 著

では、クロックワークの使徒スタイルの武器と防具を作りたいんだな?なら、突っ立ってただ歯車を回してたってだめだ!自分の記憶回路を俺が言うことに合わせ、全てのダイアグラム、設計図、シークエンスプレートに従うんだ。コグとカムを一瞬のうちに同調させて唸らせるよう。あっという間にな!さあ、始めよう!

ブーツ

ラディアスの厳しい環境では頑丈な靴が不可欠だ。使徒のブーツは確実な防水密封と足首の蛇腹ガスケットのため、編み上げと柔らかい革を避けている。履いていると少し汗をかいてしまうかもな。生身の足を金属に取り替える理由はそこにある!

ベルト

ほとんどのよそ者は使徒のベルトが平凡だと考えているが、それは愚かだからだ!柔軟性のある布のベルトはそれ自体目を見張るものだが、本当に際立っているのは職人技で作られた回転締め具だ。中央の部分を回せば、不恰好なバックルや見苦しい結び目なく、ベルトを理想的な腰囲まで締められる!

何よりもまず、クロックワークの使徒はクロックワークの神を敬わなければならない。模倣以上の敬い方があるか?使徒の兜には常にセト卿の祝福された面の形状とモチーフを模した中央の頂飾が付けられている。他と比べて仰々しいものもあるが、誇示しない頂飾に何の意味がある?

脚当て

使徒は滅多に座らない。やることが多いからな!忙しいライフスタイルに対応するため、我々の優秀な先人は腰からふくらはぎまで伸び、腿当てに繋げる与圧ガーダーを発明し、着用者が疲れることなく歩きたいだけ歩くことを可能にした。コンプレッサーの静かな空気音には慣れるまでイライラさせられるだろうが、全ての進化には犠牲が求められる!

正直言って、クロックワーク・シティの外の射手がどうやって生き延びているのか分からない。不安定な羽のついた矢を、馬鹿げた木の弓で弾いてな。創造性はどこにある?使徒の弓の決め手はリムと複雑な滑車システムの結合だ。その結果、鋼にも穴を開けられる弓が生まれる。

胸当て

使徒の胸当ては解剖学的な精度で出来ている。頑丈な真鍮の外殻が手袋のように肋骨や腹部へ適合する一方、しなやかな繊維があらゆる動きを可能にする。呼吸のための胸の拡張も含めてだ(未だにそんなことをする愚か者用にな)。ほとんど全てが狼星の金線細工に覆われているが、白いローブに隠れてほとんど見られない。もったいないことだ!

使徒の剣と使徒の短剣は外観的に非常に強い類似性を持っている。だがその構成はより複雑だ。錬金術の添加が真鍮をより軽く、より柔軟にしている。これは突きの有効性を低めているが、薙ぎ払う攻撃で与えるダメージを大幅に増加させている!

肩防具

華麗なポールドロンがなければ、どうやって英雄的な代弁者のシルエットを完成させる?謎の父自身のように、クロックワークの使徒は美しく彫られた肩防具で自身を飾る。空洞は軽さと柔軟性を共に保証し、強化された真鍮はほぼ破壊不可能にする。

手袋

不格好な金属のミトンや分厚い革の手袋を着けるエクソドロマルには同情する。誰もが知るように、実験をする上で最も大事なのは触感だ。ヴァーミナス・ファブリカントを退治する時にはなお重要だ!掌と指先の人口繊維が、重要な感覚を維持しながら指を保護する。

円形の使徒の盾は破壊不可能な障壁を作るため、クロックワークのモチーフと完璧な放射線が組み合わされている!鮮やかな開口部のデザインは衝撃を完璧な螺旋パターンの外環へと移す。また、これが立てる途方もない金属の音は、お前の歯をガタガタ鳴らすだろう!真鍮の歯に交換することをお勧めする。

使徒の戦棍と同様、我々の杖は完璧な真鍮のスフィアを取り入れることに焦点を当てている。使徒の戦棍とは異なり、このスフィアは中心の軸が回転していて、バランス取りをさらに難しくしている。完全な回転はセト卿の完璧さを反映し、真鍮を通して不思議な力を安定させている。また、それを回すことで愉快な時間を過ごせるため、子供やペットの暇つぶしになる!

戦棍

使徒の戦棍を鍛造するには、よく油を差した精神と安定した手が必要だ。上のタムリエルで戦士たちが振るう不格好な大槌や棍棒と違い、この武器の輪縁は完璧に円の軌道を描いている。完璧にだ!ヘッドの重量や位置付けの僅かな計算ミスさえ、小さなへこみやわずかな痕跡、それに全く受け入れがたい不完全さを招く。

短剣

使徒の短剣は斬撃にも刺突にも優れている。弧を描いた刃とくぼんだ鍔のおかげでな。錬金術処理をされたファブリカントの皮で包まれた柄は、決して滑ることがない。たとえ油や血に覆われていようと!

使徒の斧は円の法、別名回転する車輪の手法に大きく依存している。小難しい言い方で頭の部分を丸くしろと言っているんだ。刃が鈍るか曇ったら持ち主が斧頭を交換できるように、ほとんどが柄に便利なネジの締め具を備えている。我々は物の交換に長けているからな!

エボンシャドウ スタイル

クラフトモチーフ57
Ebonshadow Style

囁く影のロミエン・ガルヴェッタ 著

あなたは美しくなりたいと願う。美しく、そして囁き。囁き、そして暗闇。暗闇、そして美しく、そして囁き。爪を持つ、あのような爪を。あなたは冷たくなる、そして鋭く、そして暗く。エボンシャドウになる。

安息はない、決して安息はない、だから作れ。彼女の意志により武器を作れ、陰謀により防具を作れ。あなたは暗黒の無で満たされる。作るものに吐き出すまで。作る時間はたとえ一人であっても、その時間だけでも意味を持つだろう。

ブーツ

あなたはもう影に沈んでいる。足を過ぎ、脚までも。けれど破滅させることはない。そう、あなたが暗闇を作ったのだから。形作り、革紐で縛り、あなたの一部になった。影の間、世界の間を歩けるブーツを。

ベルト

包み込む。安全に。決して行かせない。暗闇の抱擁で包み込む、彼女の抱擁のように。その中に縛られるけれど、それはあなたのもの!あなたが作った!手の中に暗闇を、影を、黒い、自分を縛り、抱きしめるベルトを作った。

あなたの頭は秘密で満ちている。暗い予言、彼女の意志、カラスの鳴き声。精神が滑っている、浮かんでいる、保たなければ。安全に。兜、そう、兜を作る。ばらばらに砕けた意識を結びつける。精神が彼女のことだけを知るように。彼女の意志を。彼女は砕けた欠片を愛するでしょう。まだ使い道があるから。

脚当て

あなたは壊れている。違う?欠片が足りない、何かが足りない。これ そう!これが完成させる。まるごと。一つに結び付ける。影が私たちを結びつける。これを作り、一つになる。鍛造し、一つになる。最後には、彼女の影と一つになる。あなたは壊れていない。あなたは完全。私は完全。

触るには冷たいでしょう?黒い氷。けれど指は滑らない。黒檀の握りをしっかりと掴み、矢を飛ばす。貫く。夜を貫く真実。素早く。敵の肉体を貫き、熱い血があふれ出す。冷たい矢に対する熱い血。熱い。けれどあなたは冷たいまま。

胸当て

喘ぐ、喘ぐ、けれど息ができない。暗闇の重みがのしかかる。肺を圧迫する、けれど今。今、身を守る防具を作った。胸を包み込む、鈍った心臓の鼓動に背いて。それが重みを止めるでしょう。圧倒的な重みから守るでしょう。

黒く、優美で、破壊的な刃。ある晩、あなたの耳を満たした彼女の言葉のように。刃先は鋭く、容赦がない。これは飢餓。聞こえる? 暖かさを求めている。血を。敢えて歯向かう者が餌食となるでしょう。飢えている、彼女のカラスが飢えているように、あなたがいつも飢えているように。暖かさを求めて。死を求めて。

肩防具

彼女の意志はあなたの肩を押す。重く、耐え難く。けれど今はあなたが暗闇を作れる。砕けた欠片は影によって纏められた。縛るタールによって。彼女の意志となる。そして肩には重さも、負担も、何もなくなる。何も感じないことが、彼女を救う。

手袋

あなたの手は氷、冷たく、全ての接触に麻痺する。なのにまだ暖かさを保とうとする。影に糸を通し、命令に従うよう作りなさい。それは指を包み、誘い込み、ほぼ安全だと感じさせる。それは彼女の暗い意志のために手を動かす、けれどそれは癒し。ほとんど暖かい。ほとんど生きている。

光はあなたを捉え、溶かし去ろうとする。彼らの光。彼らの剣、彼らの短剣、彼らの戦棍。彼らは突き出し、刺し貫く。終わらせようとするけれど、あなたは影。終わることはない。この盾で彼らの光を防ぎなさい。これであなたは彼女の暗闇の中で安全。終わりなき抱擁の中で。

かつてあなたの魔法は色で、暖かく、喜びだった。もうそうではない。彼女に渡してしまった。我が女王は色を手にし、力を与えた。冷たい杖を。その上にカラスが止まり、見ている。裁いている。敵が倒れ、あなたが暗闇に落ちるのを見ている。深く、深く、最も深い影へ。

戦棍

叩いて開けなさい。彼女の敵、内側が暖かい。ほらね?色を見て、落ちていくのを。あなたには色がない、けれどまだ見える。この戦棍の中に彼女の意志を築き上げた。他の者全てにその力を使いなさい。彼らは暖かい、けれどあなたは冷たい。何も感じない。結局、影は何も感じない。

短剣

笑う、鳴く、そしてついばむ、ついばむ、彼女のカラス。あなたもついばまなければ。そして暗闇から短剣を鍛造する。小さく、軽く、鋭く。鋭く、恐るべき先端。それは必ずや熱い肉体を刺し貫く。指に血を感じる。熱い、けれど手はまだ冷たい。夜に立ち上る蒸気を見て。

斧が見える?いいえ、それは爪、輝かしい爪、夜空のような弧を描く爪。このような爪があれば開ける。大きく開き、紫と青を出すことが。それは出たがっている。斧を突け、突け、つるはしのように。突いて暗闇を溢れさせて。そうすれば溢れ出すでしょう。

ドロ・マスラ

クラフトモチーフ35
Dro-m’Athra Style

黄昏の先唱者アダーラハイ 著

世界の陰の闇の奥深く、どことも知れぬ場所には不気味な鍛冶場と曲がった作業台があり、そこで迷い猫たちが自らのための武器と鎧を作っている。奴らが姿を見せるような危機の時代に、奴らが身に着けている装備は似通っている。つまり、その装備は一定の基準に基づいて作られているの。その基準についての歌を歌っておくわ。あらゆる知識は有用よ。そうでしょう?近寄ってはならない相手を知るためだけにでも役立つわ。

ブーツ

ドロ・マスラのブーツは爪先が閉じられている。一般的なカジートの慣習からすると、興味深い例外よ。古代の歌を思い起こさせる。「片足をジョーンに、片足をジョーデに。迷い猫は爪先が一番強い」閉じられた爪先は、肉球の裏の傷でも隠しているの?

ベルト

大量のタセットがある!ドロ・マスラのベルトの留め金には、下弦の三日月が2つの長く曲がった牙に向かって伸びているのが見える。大抵は「闇の眼」の印の下よ。この眼が何を意味しているのかははっきりしない。おそらくその方がいいでしょう。ナミイラの知識をすべて知ることができる者がいる?

猫の顔が2重になっている。第1の顔の上に第2の顔。気味が悪い!でも、ドロ・マスラの顔が隠れているのはいいことよ。2つの下弦の三日月で飾られている。耳は偽物、しかし歯は本物。少なくとも本物のように鋭い。喉当てがないなんて!

脚当て

ドロ・マスラの脚当てはほとんど普通のつまらないものに見える。世界最高峰の脚当てのように下肢を守らないといけない。そうでしょう?すねの部分に暗い月があり、下を向いて、すべての生命を空にしている。シンバルドの歌を歌い、向きを変えて立ち去りなさい!

下弦の月のモチーフはドロ・マスラの弓において非常に明確よ。鎌状の月が2組配置されていて、1組は握りを支えている表の部分に、それよりも小さいもう1つの組は湾曲部の端にある。このような弓が放つのは、矢だけではないかもしれない。恐ろしいわ。

胸当て

ドロ・マスラ戦士の胸当てには下弦の三日月2つの装飾突起があり、私が「青い爪の刻印」と呼んでいるギザギザ模様に囲まれている。これは迷い猫の様式では非常によく見られる、特徴的な青い稲妻のジグザグ模様よ。

迷い猫の剣は切っ先が重く、筋骨隆々の猫であるドロ・マスラ以外が握っても、まともに扱えないでしょう。ひどく鋭い刃は、剣の重さで身体と骨を貫通する。十字型の柄は下弦の三日月だけど、もう言わなくてもわかるでしょう。避けて!触らないこと!あなたは賢く、アダーラハイの助言に従う?分かるわけがない。なるようにしかならないわね。

肩防具

素晴らしいポールドロンよ!青い爪の刻印で飾られている。喉当てと面鎧はないけど、高い襟で補われている。襟はとにかく鋭い。触ってはいけない。触り返してくるから。私は本気で言っているのよ。

手袋

篭手はもちろん攻撃から手を保護してくれるけど、世界の陰の闇はとても冷たくなる。手袋を使ったほうがいい。指先は覆われている。カジートの爪はどうしたの?前腕には青い爪の刻印があるのに、手には爪がない。非常に不気味ね。

2つの下弦の三日月の盾で、ジョーデは右、ジョーンが左。鎌状の月が溝になっていて、そこから突きを繰り出せる。青い稲妻が見える?とても危険よ。気をつけて。

何という杖でしょう!下向きの下弦の三日月が2つ、頭を空にしており、その上には亡霊の三日月がある。荒々しく、今にも破壊の呪文を放たんとしている。迷い猫のソーサラーがなぜドロ・マスラの中で最も恐れられているか、推測の必要もない。全くね。

戦棍

迷い猫は戦棍の殴打でベントの踊りのリズムを刻む。ドロ・マスラの戦棍は盾のような形状をしているけど、ドロ・マスラの盾は戦棍の形状をしていない!この謎の答えを歌えるのは誰?少なくとも私じゃないわ。

短剣

ドロ・マスラの短剣は刺突用の短い武器で、極端に湾曲した十字型の鍔がついている。攻撃を受け流すのに役立ちそうね。奇妙なことにこのせいで短剣は、迷い猫の武器の大半に2つある「下弦の三日月」が、1つしかついていない。足りない月は亡霊の月を象徴しているの?私にはわからない。

ドロ・マスラの武器と鎧は多くの場合、「下弦の三日月」のシンボルを宿しているの。なぜ下弦かというと、悪は闇の月において最も強力になるからよ。そのため、迷い猫の斧は2つの下弦の三日月を宿している。一つはジョーデ、もう一つはジョーン。しかし欠けつつあるってわけ。

アバーズ・ウォッチ スタイル

クラフトモチーフ32
Abah’s Watch Style

アトアディン・シンジケートのメモ:アバーズ・ランディング監視所の装備

鉄の車輪にちょうど最高級の武器と防具を売った。これに比べると、アバーズ・ランディングの衛兵がみすぼらしく見える。そうあってはならない。鉄の車輪に立ち向かう姿勢を見せるため、衛兵の装備を標準化するべきだ。倉庫で得たものに応じて、下記の装備を与えよう。

—商人王オラハン・アトアディン

ブーツ

センシャルの一般的な山羊革ブーツで問題ない。我々には大量の在庫があり、衛兵の足元に注目する者は誰もいない。ただし、グリーヴに装着する足首の紐は上質にすること。

ベルト

このヘビーウールのサッシュはリハドからの輸入品で、ベルトとしても役立つ。前に金属の装飾を付ければ良いだけだ。より重装備の衛兵には、お尻の部分も金属で守らせよう。

鉄の車輪にはジレーン産のターバン付き円錐兜を3箱売った。1箱残っていると思われるので、アバーズ・ウォッチの衛兵に装備させよう。円錐兜の在庫が尽きた場合は、ターバンの下に金属のスカルキャップを着けさせればよい。

脚当て

この脚当ては籠手や胸当てと同様の原理で作られている。重く高級な革に紐がついて、金属プレートの層を支えている。港で働く衛兵には金属のプレートを外させること。海に落とした場合は、何としても取り戻してもらう。

我々が作っているのは街の衛兵の装備だ。戦場で撃つような弓は必要ない。従って、強力な(そして高価な)合成弓を与える必要はない。単弓で十分である。そして、ちょうどヴェリン港から単弓が大量に届いている!

胸当て

サタカラームの破産した鍛冶場から、様々な組み合わせの胸当てを全て購入したのは賢い行動だった。ほとんどは鉄の車輪に売却したが、アバーズ・ウォッチの衛兵に行き渡るには十分残っている。

レキの刀剣からは片手剣と両手剣を受け取っている。品質と状態からして、長年練習剣として使われたとは思えないほどだ。レッドガードは、誰にもまねできないほど丁寧に剣を扱う。

肩防具

胸当てと籠手に合うサタカラームのポールドロンの在庫は大量にある。ヘビーレザーの表面を金属のプレートが覆っている。一度在庫を使用した以上は、全てその在庫で統一するべきだ。これもランディングの衛兵に装備させよう。

手袋

サタカラームの胸当てを購入した時、同じ場所で作られた胸当てに合う篭手も同時に購入した。頑丈な革が様々な組み合わせの表面プレートを支える。戦闘に向いた手袋だ。売れないのが残念なくらいだが、衛兵には籠手が必要だ!

鉄の車輪が装備した後も、ダブルクレセントのラウンドシールドは大量に在庫が残っている。少しだけ違う色合いにして、我々の衛兵に装備させよう。

港の外縁の倉庫では、先端にダブルクレセントがついた呪文用の杖が大量に見つかる。我々の魔法を使う将校には十分なはずだ。おまけに、斧や戦棍、盾と合致したデザインでもある。

戦棍

戦棍は斧や盾と同じ鍛冶場から調達している。同じダブルクレセントのモチーフがついているが、この場合は先端に鋭く刻まれている。ところで、このダブルクレセントにはどういう意味があるんだ?

短剣

剣であれ短剣であれ、レッドガードの剣は一番だ。レキの刀剣から仕入れた、比較的簡素な中古武器であってもそれは変わらない。練習用の短剣だったかもしれないが、殺傷能力は十分にある。衛兵全員に、この簡素な刃の曲がった短剣を持たせること。

ダブルクレセントの刃がついた多数の斧が、水位倉庫から見つかった。鉄の車輪に売ったものと酷似している。我々の斧使いにも装備させるべきだ。