シャリドールの蔵書庫 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫- Part 5The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

ニルンの伝説

Legends of Nirn

アイレイド最後の王The Last King of the Ayleids

ヘルミニア・シンナ 著

ハートランド・ハイエルフことアイレイドは、有史以前の神話の時代に長きに渡りシロディールを支配してきた。有史初期の記録に残る第一紀243年の白金の塔の陥落は、一般的にアイレイドの終焉と見なされている。

アイレイドによるシロディールの支配が破られたのはその第一紀243年であったが、これは長い衰退期の終盤における大きな局面のひとつにすぎない。第一紀初めの2世紀は、シロディールのアイレイド君主たちの争いが増加した。アレッシアは内戦をうまく利用して反乱を起こしたものとみられる。帝国歴史家たちは昔から彼女の勝利はスカイリムの介入によるものと考えているが、白金の塔の包囲戦ではそれと少なくとも同等の助力を、反乱側のアイレイド君主たちから得ていたようだ。

一般的なアイレイド像である冷酷な奴隷使いは事実に基づいたものだ。だが243年以降もアイレイドの王子たちがシロディールの新女帝の臣下として、シロディールの一部を治め続けていたことはあまり知られていない。このことはアイレイドの支配が広く忌み嫌われたわけではなかったか、昔から考えられていたよりもアレッシアとその後継者たちが現実主義だったことを示す(あるいは、どちらもある程度正しいか)。

いずれにせよ、数あるアイレイドの遺跡からの出土物は、いわゆる後期アイレイド時代(第一紀243年~498年頃)にも彼らが暮らし、居住地の拡大すらあったことを物語る。当初多くのアイレイド君主たちが人間による新政権の家臣として支配を続けていた。アレッシアを支持するアイレイドには、殺された敵たちから没収した土地が褒美として与えられることもあった。シロディール帝国でいつまで人間が奴隷とされていたかは定かではない。人間たちはシロディールのアイレイド支配地域に住み続けていたが、どのような関係であったかについて示す確固たる証拠はない。

これはもともと不安定な関係であり、長続きするはずがなかった。帝国内にアイレイドの貴族が存続していることに対する憤りが、マルクが興したいわゆるアレッシア教団の繁栄を招いたのだ。教団による最初の犠牲者はシロディールのアイレイドたちだった。300年代初め、人間の支配地域で続いていたアイレイドの集落は次々に潰されていき、その避難民が残っていたアイレイド君主たちの力を一時的に増すこととなった。

そして361年アレッシア教団は帝国を完全に支配し、全域にアレッシア主義を強いる。アイレイドの君主は廃された。この教義の強制によって大規模な暴力が巻き起こることはなかったようだ。この時までに勢力はアイレイド側に大きく不利となっており、彼らの運命は明らかであった。残っていたアイレイドの大半がおとなしくシロディールを去り、ヴァレンウッドやハイロックのエルフたちに加わっていった。このシロディールからのアイレイドの大移住がディレニ王朝の興りに関わっていた可能性もある(これについての歴史家による研究はごくわずかである)。

しかしアレッシア教団の支配下で、残ったアイレイドたちは生き延びていたらしい。ディレニ派が482年、アレッシア教団に対し決定的な勝利を収めたグレナンブリア湿原の戦いに「アイレイド最後の王」が参加していたという説がある。王の一派がそれまでの1世紀どうやって存続していたのかは明らかになっていない。彼らが何者かも定かではないが、最近の調査では「最後の王」がネナラータに眠っている可能性が示唆されている。残念ながら現在の帝国の状況では、あのように広大な遺跡で適切な科学的調査を行う資金は捻出できない。そのため、これらの疑問に対する答えは未来の世代に期待するしかない。

アダバル・アThe Adabal-a

編者注:アダバル・アとは、奴隷の女王アレッシアの夫であったモリハウスの物語であると考えられている。このことについては歴史学的に証明することは難しいが、アダバル・アが第一紀から伝わる最古の文書のひとつであることは間違いない。

ペリナルの死

そして、血の海と化した白金の塔の玉座の間で、ペリナルの切り落とされた首は翼のある半神の雄牛にしてアレ=エシュの想い人、モリハウスに向かってこう語った。「我らの敵が私を殺し、この体を引き裂いて別々の場所に隠したのだ。神々の意思をあざ笑いながら、あのアイレイド達は私を8つに引き裂いた。彼らはその数字に取り付かれているからだ」

モリハウスは困惑し、鼻輪のついた鼻を鳴らして言った。「ホワイトストレーク、あなたの戦いぶりは彼女の想像を超えていた。だが、俺は思慮のない雄牛だ。これからすべての捕虜をこの角で突く。もし、あなたがやつらを生かしたままにしておくのなら。あなたは血まみれの栄光そのものだった、伯父よ、あなたは必ず帰ってくるだろう。今度は狐か光となって。シロドは我々のものだ」

そして、ペリナルは最期にこう語った。「気をつけろ、モリハウス。気をつけるんだ!こうして死にゆく私には感じられるのだ、敵はまだ生きている。それを知りながら死んでゆくのは辛いことだ。勝利を信じたまま死ねればよかったのだが。おそらくだが、彼は再び現れるだろう。油断するんじゃないぞ!私はもはや、人々をウマリルの復讐から守ってはやれないのだ」
 

アレッシアの若き奴隷時代

ペリフの出身部族はわかっていないが、彼女はサルド(サルダヴァー・リードとも呼ばれる)で育った。この地には、アイレイドがニベン中の数々の部族から人間を集めて来ていたのである。それらの部族とは、コスリ、ネード、アル・ゲマ、クリーズ族(彼らは後に北方から連れてこられたことが明らかになった)、ケプトゥ、ギー族(花の王ニリチが虫の神である??にいけにえを捧げたことで滅ぼされた)、アル・ハレッド、ケト族、その他であった。しかし、この地はシロドであり、支配者エルフたちの領土の中心であり、人間たちには何の自由も与えられていなかった。家族を持つことや、公に名前を持つことすら禁じられていた。侵略者の支配者たちは、彼らに名前をつける必要などみじんも感じていなかったのである。

人間たちは、岩を運んだり、用水路を作ったり、神殿や道路を整備したりといった労働を強制された。また、人間たちはアイレイドの拷問芸術の歪んだ喜びの犠牲にもなった。ヴィンダセルの嘆きの車輪、セルセンの内臓庭園、多くの奴隷の体に見られた人体彫刻などである。また、炎の王ハドゥールの領地ではさらにひどいことも行われていた。デイドロンから抽出した薬を人間に使って苦痛を与える新たな方法が発見されたのである。子供たちは夜になると彼らの戦いを見て大喜びした。

モリハウスが説明するアレッシアの名前

そして、モリハウスは彼らに言った。「彼女のことを語るとき、お前たちは彼女を様々な名前で呼ぶ。アレ=エシュというのは、畏敬の念を込めた呼び名だ。訳すと、「高貴な、あまりにも高貴な」という冗長な意味になる。アレ=エシュという名前がくずれて、もう少し親しみやすい呼び名が生まれた。アレシュト、エシャ、アレッシアなどだ。また、彼女はパラヴァントとしても知られている。彼女の即位のときに、「彼らのなかで始めたもの」という意味を込めてつけられた名前だ。死を免れない人間でありながら敵を討ち、捜し求め、癒し続けた彼女の偉大さを称えて神々が与えた。この名前からは、パラヴァル、ペヴェシュ、ペレス、ペリフなどの名前が生まれた。そして、俺自身は、大切な彼女をパラヴァニアと呼んでいた」

「彼女は俺のもとを去ってしまったが、今でも星々に囲まれて光り輝いている。最初の女帝、天の女神、シロドの女王として」

彼らはその答えに満足し、その場を去った。

タムリエルのアーティファクト パート1Tamrielic Artifacts, Part One

以下は私が過去数世紀にわたって集めてきた、想像を絶する重要性を持った品々に関する覚え書きである。そのいずれもタムリエルの至る所で繰り返し目撃され、所持され、失われてきた。一部は伝説で、その他はでっち上げかもしれない。しかし、それにも関わらず、多くの人々がこれら誰もが欲しがる品々を追って、または守ろうとして、命を落としてきた。

使徒のブーツ

使徒のブーツは真の謎である。誰も見たことがないが、噂によると、着用者は浮揚することが可能であるらしい。

影の弓

伝説によれば、影の弓はデイドラのノクターナルが鍛造したものである。伝説的なレンジャーであるラエルラス・ガイルは、秘密任務のためにこの弓を授けられたが、失敗してしまい弓は消えてしまった。ラエルラスは大人しく敗れた訳ではなく、この弓に助けられて多くの敵を道連れにしたと言われている。この弓は所有者に透明化の特殊能力を与え、速度を上昇させてくれる。影の弓の目撃は何度も報告されており、第二紀の邪悪なダークエルフのアサシン、ドラムも一度この弓を手にしたことがあると言われる。

クリサミア

このパラディンの剣は古代のクレイモアであり、その攻撃力を上回るのはこの剣の防御力のみである。装備する者に体力と炎からの保護を与え、唱えられた呪文を術者へと反射する。特定の勇者を好むことがないため、クリサミアが特定の剣士によって長期間保有されることはあまりない。

救世主の皮鎧

救世主の皮鎧は、ハーシーンのアーティファクトである。この胴鎧にはマジカに抵抗する特別な特殊能力があった。伝説によると、ハーシーンは彼の狩猟場から逃げ出せた最初で最後の定命の者に、彼の皮を褒美として与えたと伝えられている。この無名の定命の者は、この魔法の胴鎧にその皮を縫いこませた。救世主の皮鎧は、あたかも自分の意思を持っているかのように英雄から英雄へと移り行く傾向がある。

デイドラの災厄

デイドラの災厄はフィックルダイアーの炎の中で、神聖な黒檀から鍛造された巨大な戦棍である。マッカーンの伝説的な武器であり、かつては、暗黒の霊魂をオブリビオンへと送り返すために使われた凄まじい武器であった。この武器には、オブリビオンから魔物を召喚する特殊能力がある。

デンスタッグマーの指輪

この指輪に関して知られていることは、利用者に特定の要素からの保護を与えると言うことだけである。名前のデンスタッグマーでさえ謎である。

黒檀の鎧

黒檀の鎧は、先史時代にダークエルフの女神ボエシアによって作られた胸当てである。黒檀の鎧を誰が、どれくらいの期間所持するかを決めるのは彼女である。値すると判断された場合、着用者に火炎耐性とマジカ耐性を付加し、魔法の盾が与えられる。もはや黒檀の鎧を持つには不適格であると判断するのはボエシアのみであり、また、女神はとても気まぐれである。

エレイドンの結界

エレイドンはブレトンの歴史に登場する伝説の聖騎士である。彼はその武勇と、すべての不正を正そうとする決意から人気の高い男であった。ある物語の中で、彼は男爵の娘を邪悪な将軍の手による確実な死から救ったと言われている。報酬として、男爵は財のすべてをなげうって、エレイドンのために魔法の盾を作らせた。その盾はエレイドンに傷を治癒する機会を与えた。

ハイネックトゥナメットの牙

ブラック・マーシュにはかつて、アルゴニアンがワマスと呼んでいた生き物が生息していたことで知られている。北方の男たちはワマスを、稲妻を血に持つ知的な竜であると考えていた。そのうちの1匹である巨大な獣、ハイネックトゥナメットは北方の男たちによって殺されたが、大勢の男たちと7日間、連日連夜かかった。生き残った男のうちの1人は、戦利品として牙を家に持ち帰った。牙は刃の形に削られ、小さな短剣に仕立てられた。その短剣は不思議と獣の魔法の特性を保有しており、所持者に敵への雷ダメージを可能とする特殊能力を与える。旅の英雄が稀に持ち歩いている。

ランダガルフの拳

ベガリン・クランのランダガルフはタムリエルの歴史に、スカイリム出身の最強の戦士の1人として名を残している。彼はその武勇と戦闘での獰猛さで知られており、多くの戦いで帰趨を左右した。ハラルド王がスカイリムを征服したとき、ランダガルフは最後を遂げた。ハラルド王はこの偉大な英雄を尊敬しており、ランダガルフの籠手を自分のものにした。ハラルド王の死後、籠手は消えた。王はランダガルフの拳が所有者の腕力を上昇させたと話していた。

ゴールドブランド

この魔法の剣はほぼ完全な謎である。黄金が作られた様子や、北の古代の竜によって鍛造されたなどの話を盗賊が広めている。彼らの物語によると、それは竜を守ると誓った偉大な騎士に与えられたとされている。その剣は所持者に、炎ダメージを敵に与える特殊能力を授ける。ゴールドブランドは、最近の歴史では目撃されておらず、値する英雄を待っていると言われている。

オレイン・ベアクローの兜

オレイン・ベアクローはヴァレンウッドの伝説の英雄の1人である。「蛙の目」ファウム王の息子で、クランの狩人として尊敬されており、将来の指導者であった。ウッドエルフの伝説は、オレインがエルフの森の魔女、グレンヒャファンヴァを1人で倒し、永遠に彼のクランに平和をもたらしたと伝えている。オレインはその後、多くの偉業を成し遂げ、最終的にはナハテン風邪によって命を奪われた。彼の兜は偉大さの記念碑として、未来の世代が忘れぬよう飾られた。クランが分裂したため結果的に兜は失われてしまい、今は冒険者たちの貴重なアーティファクトとなっている。オレイン・ベアクローの兜は着用者の敏捷性と耐久力を上昇させると噂されている。

タムリエルのアーティファクト パート2Tamrielic Artifacts, Part Two

以下は私が過去数世紀にわたって集めてきた、想像を絶する重要性を持った品々に関する覚え書きである。そのいずれもタムリエルの至る所で繰り返し目撃され、所持され、失われてきた。一部は伝説で、その他はでっち上げかもしれない。しかし、それにも関わらず、多くの人々がこれら誰もが欲しがる品々を追って、または守ろうとして、命を落としてきた。

君主の氷剣

君主の氷剣は真にタムリエルでもっとも珍重されるアーティファクトの1つである。伝説によると、邪悪な大魔術師アルミオン・セルモは、よく目にする氷の精霊の強い個体である氷の君主の魂で、偉大な戦士のクレイモアに付呪したとされている。戦士スルグナー・アッシは、遥か遠くの国の偉大なる王者暗殺の一端を担い、そこの新しい指導者となるはずであった。しかし、暗殺は失敗してしまい、大魔術師は投獄されてしまった。氷剣は、その刃に触れる者すべてを凍らせる。この剣は、次から次へと所有者を変え、一ヶ所に長く留まることはない。

領主の鎧

この太古の胴鎧は卓越した品質を誇り、時にはモリハウスの鎧、またはキナレスの贈り物と呼ばれる。この鎧は着用者に、体力吸収と呪文抵抗の特殊能力を与え、使用した際には自分自身を解毒する。キナレスが着用者のことを相応しくないと判断した場合、領主の鎧は取り上げられ、次の選ばれし者のために隠されると伝えられている。

モラグ・バルの戦棍

吸血鬼の戦棍としても知られるモラグ・バルの戦棍は、相手のマジカを流出させ、装備しているものに与える。その戦棍には敵の力を装備車に移し変える特殊能力もある。モラグ・バルは彼のアーティファクトを惜しみなく使っていたようだ。その戦棍に関する伝説は数多くある。この武器は、魔術師を倒す時に好まれるようだ。

クラヴィカス・ヴァイルの仮面

うぬぼれの強いクラヴィカス・ヴァイルは、彼自身の人格に相応しい仮面を作った。仮面の所有者は、タムリエルの住人から良い反応を得られやすい。人格が優れているほど恩恵は大きい。一番知られている仮面の話は、有名な貴族女性アヴァレアの物語である。幼少の頃、彼女は悪質な召使によって、ひどく醜くされてしまった。アヴァレアはクラヴィカス・ヴァイルと暗黒の取引を交わし、見返りに仮面を受け取った。仮面は彼女の外見を変えることはなかったが、急に万人から敬われ、称賛された。広い人脈を持った男爵と結婚してから1年と1日後、クラヴィカス・ヴァイルは仮面を取り戻した。アヴァレアは彼の子を身籠っていたが、男爵の一家から追い出された。21年と1日後、アヴァレアの娘が男爵を殺してあだ討ちをなした。

メエルーンズのカミソリ

闇の一党はこの黒檀の短剣を何世代にもわたって切望してきた。この伝説上のアーティファクトはどのような生物であっても、一瞬にして葬ることが可能であるとされている。メエルーンズのカミソリの所持者は歴史上、1人も記録されていない。しかし、闇の一党は一度、内部の酷い権力争いによって壊滅している。それには、このメエルーンズのカミソリが関係していたと疑われている。

指導者の指輪

この簡素な金属の指輪は、どの魔術士見習いにも珍重される所持品である。この指輪は、着用者に知力と英知を上昇させる特殊能力を与えてくれるので、魔法利用の効率が向上する。上級魔術師のカルニ・アスロンが製作者であると言われている。彼の指導の下で学んでいた、若い見習いのために作った製作品である。アスロンの死後、指輪と他の所持品のいくつかが消失し、以後それらはタムリエル全土を巡っている。

カジートの指輪

カジートの指輪は、その指輪を有名にした盗賊ラジーンより何百年も古い太古の遺物である。ラジーンは指輪の力を使って自分を透明にし、疾風の如く迅速にした。彼は指輪のおかげでエルスウェア史上、もっとも成功した泥棒になった。ラジーンがその後どうなったかは謎だが、伝説によると、指輪はそのような使われ方に反発し、敵の目前で消えて彼を置き去りにしたと伝えられている。

フィナスタールの指輪

フィナスタールの指輪は、冒険的な人生を生き抜くために、良質な防具を必要としていた男によって、何百年も前に作られた。指輪のおかげでフィナスタールは何百年もの間生き続け、それ以降、指輪は人から人へと持ち主が変わった。その指輪は、着用者の毒、マジカ、雷撃への全体的耐性を高める。しかし、フィナスタールは抜け目なくその指輪に、フィナスタール以外とはどこにいても不満になり、いずれは狩りの所有者の手を離れ、他の居場所へと消えていくよう呪いをかけた。

環境の指輪

この貴重品に関して知られていることは少ないが、この指輪は着用者に、周囲の環境に溶け込む特殊能力を与えてくれると言われている。

風の指輪

この指輪に関する事実は何も知られていないが、この指輪の名前といくつかの噂から、着用者に速度を加えると考えられる。

タムリエルのアーティファクト パート3Tamrielic Artifacts, Part Three

以下は私が過去数世紀にわたって集めてきた、想像を絶する重要性を持った品々に関する覚え書きである。そのいずれもタムリエルの至る所で繰り返し目撃され、所持され、失われてきた。一部は伝説で、その他はでっち上げかもしれない。しかし、それにも関わらず、多くの人々がこれら誰もが欲しがる品々を追って、または守ろうとして、命を落としてきた。

スカルクラッシャー

スカルクラッシャーは非常に大きく強力な武器である。この戦槌は魔術師ドラッチ・グサルによって魔法を燃料とする火で作られ、卓越した武器鍛冶職人ヒルボンガード・ローラマスによって鍛造された。鋼は魔法により鍛えられ、武器の重量は驚くほどに軽いため、さらに強力で痛烈な殴打が繰りだせる。この戦槌は祝祭にて飾られる予定であったが、盗賊に先を越されてしまった。スカルクラッシャーは今も製作者を探してタムリエルを旅している。

苦い慈悲の槍

苦い慈悲の槍は、他にも増して謎めいているアーティファクトの1つである。この槍に関して知られていることは皆無か、それに等しい。歴史の記録はないが、多くの人々はデイドラが起源であると信じている。

破呪の盾

一見ドゥエマーのタワーシールドに見える破呪の盾は、タムリエルのアーティファクトのなかでももっとも古い遺物の1つである。ロールケン・シャリドールの戦いでの歴史的重要性に加え、破呪の盾は呪文を反射するか、呪文を唱えようとしている魔術師を沈黙させ、盾を装備しているものをほぼ完全に術者から保護してくれる。破呪の盾はいまだに初代の所有者を探していると伝えられ、他の者の手中には長く留まらない。ほとんどの者にとって、破呪の盾を一定期間所持することは手に余る。

ヘイズドキの杖

ヘイズドキはとても負けず嫌いな魔術師であったと言われていた。彼は全土を歩き回り、彼より優れた魔術師を捜し求めた。知られている限りでは、彼の挑戦に応えられる魔術師は見つからなかった。多くの人々が彼の力を恐れたため、彼は寂しさと孤独を感じ、自らの生命力を彼自身の杖に結合させ、今なお彼の魂はそこに残っていると言われている。タムリエル全土の魔法の使い手がこの魔法の杖を探している。この杖は所有者にマジカからの保護を与え、どの魔法使いにとっても確かな貴重品となる。

マグナスの杖

タムリエルのアーティファクトの中でも古いほうであるマグナスの杖は、生みの親であるマグナスにとって、超自然的道具の類であった。使用されると、敵の体力と神秘のエネルギーを吸収する。やがてその杖は、所持する者が強力になりすぎて、杖自らが保護を誓った神秘の均衡を狂わす前に魔術士の下を離れる。

ウンブラの剣

ウンブラの剣は太古の魔女ナエンラ・ワエルによって付呪され、その唯一の目的は魂の捕獲である。魂石と同時に使うと、敵の魂を石に封じ込める機会を所有者に与える。ナエンラは邪悪な創作が理由で処刑されたが、その前にこの剣を隠すことができた。ウンブラの剣は所有者に関してとても選り好みするので、値する人物が見つかるまで隠れたままである。

吸血の指輪

吸血の指輪は、タムリエルでもより危険かつ珍しいアーティファクトである。この指輪には相手の体力を盗む特殊能力があり、それらを着用者に与えると言われている。指輪の確実な性質とその由来は全く未知である。しかし、多くの長老たちは、吸血鬼信者の教団による、モロウウィンドではるか昔に行われた邪悪な製作について語っている。吸血の指輪は極めて珍しいアーティファクトであり、月の何百周期か毎にしか見られない。

妖術師の指輪

大魔術師シラベインの妖術師の指輪は、神話や作り話の遺物のなかでも最も人気があるうちの1つである。タムリエルの古代史の中で、シラベインは指輪の思慮深い利用法によって大陸全土を救った。それ以降、この指輪はシラベイン程の崇高な目標を持たない冒険者たちの手助けを行ってきた。この指輪は、着用者に向けて唱えられた呪文を反射する特殊能力で最もよく知られている。この指輪はシラベインのみが命令できると言われているため、長期間にわたって妖術師の指輪を着用できる冒険者はいない。

王者のアミュレットThe Amulet of Kings

第一版
ウェネングラス・モンホナ 著

第一紀初頭、アイレイド、あるいは「ハートランドのハイエルフ」と呼ばれる強力なエルフの一族が、中央タムリエルで圧政を敷いた。横柄で傲慢なアイレイドは、危険きわまりないデイドラロードを頼ってデイドラと死霊を呼び出させ、軍隊を編成していた。アイレイドはこの恐れを知らない魔法の軍団を使って若い人間に容赦なく襲いかかり、気の向くままに虐殺し、奴隷にした。

苦しみにあえぐ人間の姿を見かねたシロディール家の始祖、聖アレッシアは、気高きエドラを統べていた「時の竜神」アカトシュに助けを求めた。アカトシュはもだえ苦しむ人間を哀れみ、自らの心臓からかけがえのない血をしぼり出すと、その血で聖アレッシアを祝福した。そして、アレッシアの家系が竜の血脈に誠実でいるかぎり、アカトシュはオブリビオンの門をかたく封じ、彼らの敵であるデイドラ狂いのアイレイドの手に、デイドラや死霊の軍隊が渡らないようにするという契約を交わした。

この契約の証としてアカトシュは、アレッシアとその子孫に「王者のアミュレット」と「帝都の永遠なるドラゴンファイア」を授けた。アレッシアがシロディール家に伝わる王者のアミュレットのひとつめの宝石となるまでには、こういう経緯があったのだ。アミュレットの中央にはめられたレッド・ダイヤモンドがその宝石である。王者のアミュレットは帝都の象徴であり、その後、セプティム家の象徴となった。八個の宝石で縁取りが施されており、それぞれの宝石が神を意味している。

アカトシュとその同輩の崇拝が帝都で続けられ、アレッシアの後継者が王者のアミュレットを身につけるかぎり、アカトシュとその神聖なる同輩は、タムリエルとオブリビオンを分かつ強力な障壁が破られないよう守っていくことだろう定命の者がもう二度と、デイドラの主の召喚による破壊を恐れなくてもいいように。

しかし、帝都が八大神への献身をおろそかにし、アレッシアの家系が途絶えるようなことがあれば、タムリエルとデイドラの世界を隔てる障壁は崩壊し、デイドラの崇拝者は下級デイドラや資料を召喚して人間に苦難をもたらすであろう。

神殿の浄化The Cleansing of the Fane

マルク聖教団の年代記

[編者注:本文書はアレッシア教団第一紀の分派である同教団の記録のうち、現存が確認されているものの一つである。カヌラス湖にある同教団の大修道院群が正道戦争(第一紀2321年)の際に破壊され、保管文書が喪失ないし分散してしまうまで、そこに保管されていたようだ

なお、この時代のアレッシア派の書記はアレッシアの神化(第一紀266年)を元に日付を算出していた点に留意されたい。]

以下に、アレッシアの祝福127年目の出来事を記す。

この年は全土において昼の光が暗くなり、太陽がマッサー三日程度の暖かさにとどまり、日中でありながらその周囲に星々が見えることがあった。これは蒔種の月の5日のことであった。これを目にした者は誰もが不安を覚え、近々大いなる出来事が訪れるであろうと口々に語った。

いかにも、同年中に太古のエルフの神殿であるマラーダより、ベルハルザ王の御世以来となる規模の魔族の大群が湧き出たのであった。これら魔族の汚濁により大地は冒され、耕すことも刈り取ることも種を蒔くことすらままならず、人々は支援を求め、マルク聖教団にすがった。

これを受けてコスマス修道院長が全員を終結させ、エルフの言葉で「大いなる神殿」としても知られるマラーダへと向かい、聖なる炎をもってそれを攻め、汚らわしい魔族たちは滅ぼされ、神殿内で発見された多数の邪悪なる遺物や書物が燃やされたのであった。そしてその地では何年もの間、平和が続くこととなった。

星霜の書の整理An Accounting of the Elder Scrolls

元帝国司書
クインタス・ナーベラス 著

帝国蔵書庫から星霜の書が盗まれたとされた後、このような事件を今後避けるため(少なくとも適切に検証をするため)、私は保管するありとあらゆる巻物の索引や目録を見つけようとした。残念なことに、実際の星霜の書の物理的状態については、聖蚕の司祭が不正確なことで悪名高いと分かった。彼らがいくつ所持していたか、どうやって整理されていたのかも分からなかった。まるで子供がなぜ犬は話せないのかと聞いたかのように、ただ質問しただけでクスクスと笑われた。

白状しよう。星霜の書を読める者への嫉妬は膨らむが、私は疑わしい知識のために視力を犠牲にする気はまだなかった。さりげなく会話をしようとした年長の聖蚕の司祭は、正気を失ってしまった他の年長者と同じように正気ではないように見えた。そのため、読むことで授かる見識を見損ねたのだ。

とにかく、モンクと協力して自分の星霜の書の目録を作るつもりだった。毎日、塔の広間を通り過ぎるたびに、その場所を記録できるようそれぞれの星霜の書の性質を教えてもらった。決して自分で文字を見ないように注意していたので、手掛かりは彼らの言葉だけだった。細心の注意を払い、どこにありとあらゆる予言に関する星霜の書が置かれているか、歴史のどの時代が保管されているかを示す部屋の地図を作った。コツコツと作業を進め1年近く過ぎたが、ついに照合を始めるために使う蔵書庫全体の大まかなメモが出き上がった。

うまく進まなくなって来たのはここからだ。メモを見ると、重複点や矛盾点がたくさんの場所にあった。それぞれ別のモンクが、同じ星霜の書を塔の反対側にあると主張したこともあった。モンクたちがふざけているのではないのは分かる。彼らの遊びに付き合ってバカにされているのでなければ。

年長のモンクの1人と話し、私の心配を説明した。彼は無駄にした時間を哀れんで頭を垂らした。彼は咳こんで「これを始めた時、すべての努力が無駄になるだろうと言わなかったか?星霜の書は数えられる形では存在しないのだ」と言った。

「巻物の数が多すぎて数えられないという意味だと思いました」

「そうだ。しかし複雑なのだ。後ろの倉庫を調べて、巻物がいくつそこにしまわれているか言ってみろ」

金属の外箱に指を這わせ、それぞれの角の丸みを数え上げた。戻って「14です」と言った。

「8番目のものを取ってくれ」と言って手を伸ばした。

円筒を彼の手に渡すと、彼はかすかに頷いて言った。「さあ、もう1度数えてみろ」

言われたとおり再び巻物に手を這わせたが、私が感じていることが信じられなかった。

「今…今は18になってる!」私は息をのんだ。

年老いたモンクはクックと笑った。皴が重なって頬が目を隠すほどだった。「事実、いつだってそこにあったのだ」と彼は言った。

その時、私は今まで聖蚕の教団に受け入れられた最年長の見習いとなった。

聖蚕会の命令The Order of the Ancestor Moth

この聖堂で修行する者は以下を読むこと:

聖蚕会は古代から続く高貴な教団である。我々が育み賛美するのは、聖蚕の形をとって現れる、敬愛する祖先の魂である。それぞれの蚕は祖先の魂のフィロンを持っている。フィロンとは、大雑把に訳せば「平和を求める心」となり、それは歌われることで聖蚕が作る繭の中に込められるのである。その繭から絹糸を紡ぎ、布を織り、正しい祖先へと導く系譜を刺しゅうすれば、素晴らしい力を持った服ができあがる。

教団の者は予知の能力を持つ。この祖先の知恵は、未来を現在に歌い表すことができるのである。そのため、我々の教団は星霜の書の理解という恩恵にあずかることができるが、それは我々の教団のみに許された特権なのである。これらの予言書はエドラとデイドラ双方の神々をも超越している。この現実を織りなす繊維の隙間を覗き込むことは代償を伴う。星霜の書は、読み進めるにつれて難解さを増すという性質を持っている。読んだ代償として視力を失う期間もまた、読むほどに長くなるのである。そして、最期まで読み進めば予言の内容の真髄までをほぼ知ることができるが、その者は永遠に視力を失いこの世の光に別れを告げねばならない。そうなっては予言を読むこともかなわない。

修道院は、我々の教団のそういった高位の者たちが住み、他の者たちが彼らに仕える場所である。彼らは世俗を離れ、敬愛する聖蚕たちと共に生きている。彼らのいる地下は聖蚕たちにとって住みやすい場所なのである。彼らはか弱い蚕たちを育み、歌いかける。また、絹糸をとり、紡ぎ、布を織り、繭を作った祖先の系譜を歴史を刺しゅうする。これが、彼らの新しい生活である。

彼らが聖蚕の世話をしているあいだ、我々が盲目の修道士たちの世話をする。彼らが闇の中で働くあいだ、我々は光のもとで働くのである。彼らの求める食べ物と水を提供する。彼らの求める道具や家具を提供する。彼らの求める秘密と匿名性を提供する。そして、彼らの労働の成果を売りにゆく者を提供する。

排他的な任務The Exclusionary Mandates

マルクの選ばれし者による排他令:いずれも同等である

1:最上位の霊魂アカトシュは、時の単一の直線性が証明するとおり単一の存在である。

1:シェザールの失われし兄弟は誤った特異点であり、それ故に倍崇められている。

1:多様な培養基が(1)からあらゆる手段を用いてアルドメリの汚点を取り除くべきだと教えてくれる。

1:至高類人猿の予言者は、単一の思考が正しい人生を招くと示した。

1:正しき命の目的は汚点を抹消することである。

1:時の狐は聖なる抹消のため定命の者の舞台をもたらす。

1:アカトシュは時であり正しき命、そして汚れた死である。

デイドラ公

Daedric Princes

アズラの祈りInvocation of Azura

シギラウ・パレート 著

300年もの間、私はアズラことムーンシャドウのデイドラ公、薔薇の母そして夜空の女王の女司祭をしてきた。どのホギトゥムも我々は蒔種の月21日を祝い、価値ある美しいものをあの方に捧げるのと同様に助言を求めて彼女を呼び出す。彼女は残酷だが、賢い支配者である。どのホギトゥムであれ、雷雨の時は彼女に祈らない。たとえ日取りが重なったとしても、こうした夜はマッドゴッドのシェオゴラスに属するからである。そのようなときアズラは我々の注意を理解している。

アズラの祈りは非常に個人的なものである。私は他3柱のデイドラ公の女司祭をしてきたが、アズラは礼拝者の性質と彼女への崇拝の裏にある真実を重視する。私は16歳のダークエルフで侍女であったとき、企みのデイドラ公ことモラグ・バルを礼拝する、祖母の魔術結社に参加した。恐喝、ゆすりそして賄賂は闇の魔法であると同時にモラグ・バルの魔女の武器でもある。モラグ・バルの祈りは、暴風雨を除いて星霜の月20日におこなわれる。この儀式が行われないことはめったにないが、モラグ・バルはしばしば他の日に人間の装いで自分の崇拝者たちの前に姿を現す。ファイアウォッチの後継ぎに毒を盛ろうとして祖母が亡くなったとき、私は自分の信仰をもう一度問いただした。

兄弟はボエシアの教団のウィザードだった。彼の話から、闇の戦士は信用ならないモラグ・バルよりも私の精神に近かった。ボエシアはデイドロスの誰よりも戦士らしいデイドラ公である。数年間を陰の策略で過ごした後では、行動に直接結果が生まれる主人は好ましかった。その上、私はボエシアがダークエルフのデイドラの1人であるのが気に入った。黄昏の月2日、籠手と呼ぶ日に我々の教団は彼女を召喚した。血まみれの戦いが彼女に敬意を表して行われ、9人の信者の命が他の信者の手で奪われるまで衝突は続いた。ボエシアは彼女の信者に対してほとんど気を使わず、彼女の関心は我々の血だけだった。誤ってスパーリング中に兄弟を倒してしまったとき、彼女は確かに笑った。私の恐怖が彼女を大喜びさせたのだと思う。

その後すぐに教団を離れた。ボエシアは私にひどく冷たかった。心に深みのある支配者が欲しかった。人生の次の18年間、私は誰も崇拝しなかった。その代わり、本を読んで研究をした。古くて俗な書に、不可思議なノクターナルの夜の女王、ノクターナルの名前を見つけた。その本が指示したように、炉火の3日、聖なる日に彼女に呼びかけた。ついに、長いこと求めていた自分の主を見つけたのだ。彼女の不可思議な痛みの元になる、入り組んだ哲学を必死で理解しようとした。話し方や私に求めた言動でさえも、彼女に関することはすべて闇に包まれていた。私がノクターナルを理解できることはないという、単純な事実を理解するまで数年かかった。ボエシアへの残忍な行為やモラグ・バルへの裏切りと同じように、彼女の神秘は彼女にとって不可欠だった。ノクターナルを理解することは彼女を否定し、その部分を闇で覆う幕をめくることだ。私は彼女を愛する程に、彼女の謎を解く無益さに気がついた。代わりに彼女の姉妹、アズラのことを考えるようになった。

アズラは私が崇拝したデイドラ公の中で、唯一信者を気にしているように思える。モラグ・バルは私の精神、ボエシアはは私の腕、そしてノクターナルはおそらく私の好奇心を欲しがった。アズラはそのすべてを望み、とりわけ愛を欲しがる。盲従ではなく、誠実で純粋なあらゆる私達の愛だ。そしてその愛は、内側にも向かわねばならない。我々が彼女を愛し自身を憎むと、彼女は我々の苦しみを感じる。私が今後他の主に仕えることはないだろう。

エドラとデイドラAedra and Daedra

神、悪魔、エドラ、デイドラという名称は一般の大多数にとっては紛らわしい物である。これらは同意語として使われることも多い。

「エドラ」と「デイドラ」は相対語ではない。両方共、エルフ語で正確な定義がある。アズラはスカイリムとモロウウィンドのデイドラである。「エドラ」は通常「祖先」と訳され、シロディール語としてはエルフ語の概念に可能な限り近づけている。一方、「デイドラ」は大まかに言うと「我々の祖先ではない」という意味になる。伝説上の系図がイデオロギーを根本的に分岐させているダンマーにとって、この違いはとても重要な物だった。

エドラは静止に関連付けられる。デイドラは変化を象徴する。

エドラは定命の者の世界を作り、アース・ボーンズに縛られている。一方、想像ができないデイドラは変化をもたらす力を持っている。

神の創造に基づく契約の一部として、エドラは殺すことができる。ロルカーンと月がその証明である。

契約が適用されない、変幻自在なデイドラは、追放することしかできない。

オプスカルス・ラマエ・バル・タ・メッザモルチェOpusculus Lamae Bal ta Mezzamortie

ラマエ・バルと休まらぬ死の概要

マベイ・アイウェニル 書記

グウィリム大学出版局翻訳 第二紀105年

光が大きくなると、陰の闇が濃くなる。デイドラのモラグ・バルがアーケイを見て、人間やエルフ族の死を支配するエドラを高慢と考えた時、それは真実となった。

残酷な抑圧と定命の者の魂を罠にかける役割のバルは、ニルンの人間やエルフ族、獣人も死からは逃れられないと知っているアーケイを邪魔しようとしていた。エドラは自分の役割を疑わず、だからこそモラグ・バルは最高の死をニルンに送った。

バルが人の姿になってネードの民のラマエ・ベオルファグの乙女を奪った時、タムリエルはまだ若く、危険や驚くべき魔法に満ちていた。バルは乱暴に愛もなく彼女の体を汚した。その叫びが悲鳴の風になり、今もスカイリムのフィヨルドでは聞こえるところがある。1滴の血を彼女の額に流し、バルは怒りを撒き散らしながらニルンを去った。

乱暴を受け意識のない状態で、ラマエは遊牧民に発見され世話を受けた。2週間後、遊牧民の女性は彼女が他界したために布で覆った。習わしに従い、遊牧民はたき火を作り魂のない体を焼いた。その夜、ラマエは火葬の薪の中から立ち上がり、燃えたまま群衆に襲いかかった。彼女は女性の喉を裂き、子供の目を食べ、バルに暴行されたように残酷に男性を犯した。

そしてラマエ(血の母として有名)はタムリエルの人達に呪いをかけ、醜悪な物を際限なく生み出した。最も狡猾な夜の恐怖、吸血鬼はここから生まれた。タムリエルには不死の苦しみがもたらされ、原初の神々の時代から続くアーケイの生と死のリズムを残酷に阻害したのだ。アーケイは悲しんだが、元に戻すことはできなかった。

ハーシーンのトーテムThe Totems of Hircine

ハーシーンから最も貴重なライカンスロープの贈り物を授かった我々の間で、彼が自分の力をこの世界に存在する特定のアーティファクトにもたらしたという伝説がある。それは人間が書く事も話す事も考える事もほとんどできなかったが、選ばれし者達には野獣の血がまだ色濃く流れていた頃の時代の話だ。

第1:彫刻がほどこされた狼の頭蓋骨。
我々一族を作り上げた血の儀式で古代の呪術師によって使われ、その前にひれ伏す人々への存在感を高めると言われている。それは、ハーシーンの顔をちらっとでも見たことのある人々以外は、彼らの姿を見ると未知の恐怖で縮み上がるほどだと言われる。

第2:頭蓋骨同様、彫刻が施された大腿部の骨だが、何の動物の骨かは不明。より古代の仲間の多くが薬効効果のある棒として使用し、視力も嗅覚も高めると言われていた。そのため感覚が鋭くなった我々から獲物が遠くに逃れられなくなった。

第3:平凡な太鼓。そのありふれた外観はおそらく長い歳月の中で忘れ去られたことを意味するのだろう。我々の父が戦場から仲間を呼ぶために拍子をとったように、太鼓を鳴らせば我々の血の中に眠る先祖が同族を呼び集めるだろう。

これらのトーテムを通して、我々は野獣の力を呼び起こし、集中させる。ウェアウルフが人々に知られている魔法を見限る一方で、我々は時により直接的な自然エネルギーと接触できる。そしてこのようなトーテムを通して、人工的な文明に汚される前の最初に世界を支配した力を見つけられるのだ。

フラグメンテ・アビーサム・ハルメアス・モラスFragmentae Abyssum Hermaeus Morus

…そしてイスグラモルは巨人の妻の嘆きを集め、フロアとグロスタの元に持って行き、イスグラモルの強弓ロングランチャーを張り直すため、より合わせて悲嘆の弦にしてもらった。以来、ロングランチャーは運ばれるとため息をつき、発射されると嘆きの声をあげた。そして、イスグラモルはそれを狩りに持って行くことにした。

そして彼はアトモーラのフロストウッドで狩りをして、多くの獲物を仕留めてから、喉を心ゆくまで潤そうと浅瀬で立ち止まった。そこにフォーレルグリムの白鹿が、流れを越えて飛び跳ねた。イスグラモルは鹿を射た。だが彼は何と射損じた。不機嫌な彼は誓った。白鹿を倒すまで追い続けると。だが鹿は静かに落ち着いて、雪の上にかかる霧のごとく通り過ぎていった。イスグラモルは何度も鹿を見たが見失った。悲嘆の弦のため息が、白鹿の足音より大きくなったがゆえに。

再び跡を見失い、怒りに燃えて立ち止まったとき、ウサギが現れて言葉を発した。「鹿はあそこの谷の中に潜んでいます」「どうしてわかるのだ?」イスグラモルはウサギに問いただした。ウサギは答えた。「長い耳があるのでわかります。ええ、あなたも私ほどの長い耳を持っていたら、獲物がどこに行っても聞きつけることができますよ」

「それならば」イスグラモルは言った。「私の耳が汝のものほどの長さになるように」するとウサギの鼻がひくひくと動き、イスグラモルは自分の耳が伸びて先が尖るのを感じた。ところが一匹のキツネが雑木林から飛び出して、ウサギに飛びかかって殺した。イスグラモルは不思議なことに、自分の耳が縮んでいつもの大きさになったのを感じた。

そしてキツネが言葉を発した。「知るがよい、定命の者よ。我が名はショール。この者はウサギなどではなく、ハルマ・モラである。汝を欺き、エルフの仲間に変えるところであった。これより後は、人間の素直なやり方に頼り、エルフのごまかしを避け、彼らのようにならぬようにせよ。さあ、谷で汝を待つ白鹿のもとへ向かうがよい」

ハイルマ・モラ・パド・アダ・オイア・ナガイア・アバ・アゲア・カヴァ・アポクラ・ディーナ・ゴリア・ガンドラ・アルカン

「ハルメアス・モラはアダ、アビサル・セファリアークよりも年長であり、この下劣な者の請願に耳を傾ける。私が否定された知識を交換するに至ったがゆえに。私が求めるものはこの羊皮紙に名前が書かれており、それによって私はお前に敬意を表して知識の悪魔を使役する。我が願望にとって知ることは計り知れず、償いには名づけられたいかなる対価もみたされるであろう」エ・ハルマ・モラ

エ・ハルマ・モラ・アルタドゥーン・パドメ・ルカン・エ・アイ

(私の次なる夢は)アポクリファの夢だった。そこで私は(名もなき書物)の間の影の広間、煙のごとく吸い込んだ意見と議論の間を歩いた。左手にはベラムの巻物、右手には羽根ペンを持ち、通り過ぎてきた歴史(を書いた)が、巻物が文字で満たされることはなかった。(言葉を)下に書くにつれて上の(言葉が)消えていくからだった。

そして私はラピスラズリの台座の元で立ち止まった。そこにはこれまで述べてこなかった(物が)しまってあった。奇妙な装飾の壷だった。そこで私は巻物と羽根ペンを(脇に置いて)、装飾をつかんで蓋を持ち上げた。

(壷の中には)ねばねばした不快な匂いの(液体)があった。その上に浮かんでいたのは、灰色に輝く定命の者の(思考器官)だった。それで、なぜかはわからないが理解した。その(液体)は塩水ではなく、その脳は保存されていたのではなく生きていて、警戒しており、闇の知性によって思考を続けていたのだと。私は蓋をしめて壷(から目を上げて)、そして(台座の向こうの)長くどこまでも続く回廊を見やった。左右に数え切れないほどの台座が並び、(それぞれの台座の上には)壺があった。

(そういうわけで)私が目を覚ました(時)、私の舌は刺し貫かれていたのであった。

ボエシアの証明Boethiah’s Proving

(以下の説明は真実である。聞く耳と考える心を持つ人々に警告として届きますように)

ある日ある時刻に、信仰深い者たちは主を一目見ようとある儀式を行うために集った。日程は正しく、まさしく召喚日和だった。

ベールに立ち込める煙を掻き分けて、恐ろしくもまばゆい女が姿を現した。彼女は太陽の表面よりも熱く燃え上がる刀剣を振りかざしながら、月が出ていない夜よりも暗い漆黒の衣装で着飾っていた。ダンマーの戦う女王の姿だったが、レッドマウンテンから彫り出された像のようにそびえ立っていた。

「なぜ私の眠りを妨げたのだ?」

驚いて、人々の間で1番目の者は祈った。

「ボエシアよ、策略のデイドラ公にして民を惑わす者であり、影の女王でありそして破壊の女神でもああるお方よ。あなた様に崇拝を奉げるために参りました!」

彼女は証言をしようと集まった彼らを見下ろした。不機嫌そうな顔で最初に尋ねた。

「答えよ。お前は私を知っているが、私はどうやってお前を知ればいいのだ?」

恐る恐る男は答えた。

「毎晩あなた様に祈ります。毎晩あなた様の素晴らしいお名前を声に出してお呼びします。もちろんあなた様は私の声がお判りになりますよね?最も忠実な信者ですよ?」

彼女は顔をしかめて長い溜息をもらすと、そこから出た空気が男を包み、突然彼の姿は消えた。

2番目の者の方を向き、彼女は尋ねた。

「お前はどうだ?どうお前の価値を見定めればいい?」

その声の力に衝撃を受け、男は漆黒の衣装を纏った彼女の前で頭を垂れた。

彼女が手をたたくと、彼もまた消えた。

3番目の者には次のように尋ねた。

「そこのお前、答えてみろ。私は先ほどの彼ら、そしてお前のように情報がない者をどう知ればいいのだ?」

震え、仲間の失踪に言葉を失い、男は囁いた。

「我々にお慈悲を!」

彼女は2度まばたきした。1度目のまばたきで男は苦しみ悶絶し、2度目で死んだ。

彼女は残りの者たちに容赦ない視線を向けて言った。

「私は慈悲を与えはしない」

他の者たちも一緒だった。彼女は彼らを試し、彼らは何も与えられなかった。

ついに、怒りで目をぎらつかせ憎しみで舌を濡らし、彼女は私のところに来て言った。

「すべての私の信者の中で残りは2人だ。最後から2番目の者よ、どうやってお前の存在を証明するのだ?」

ためらうことはなく私は武器を抜いて、隣に立っているもう1人の胸を突き刺した。恐れることなく答えた。「今この刃から血を流すこの男に、私が存在しているかどうかを聞いてください」

彼女は微笑んだ。そして彼女の歯の間にあるオブリビオンの門が開いた。それから言った。

「最後となった者よ、なぜ他の者たちがいない場所に残るのだ?」

私は刃をしまい、答えた。

「そこにいる者が死んだから、私は生きています。私が存在しているのは、その意思があるからです。この刃から血が滴るように私が仕事をする証がある限り、私は生き残るでしょう」

贈り物を受け取りながら、彼女は言った。

「確かに」

(もし、これを読んでいるときに血管の血が煮えたぎり、心が燃えていたなら、ボエシアに呼ばれるだろう。彼女の声に耳を傾けることは最も賢明である)

モラグ・バルの子供The Spawn of Molag Bal

モラグ・バルは奴隷にする。モラグ・バルは冒涜する。

モラグ・バルは従わざる者との子供を生み、軽率な者の魂を刈り取る。

伝説によれば、モラグ・バルは最初の吸血鬼の父である。吸血鬼の多くの種についての詳細は明らかではないが、吸血鬼はみな彼の子と考えられるかも知れない。

大部分の吸血鬼は血をたどっていくと同じ遠い祖先に行き着く。モラグ・バルに汚された、ネードの従わざる処女だ。彼は怪物の血を生み出し、怪物達はさすらい、彼の汚れを遠くに撒き散らした。

モラグ・バルとの契約や取引の結果吸血鬼となった種もある。モラグ・バルは契約の見返りに、不死と永遠の罰を伴う力を約束したのだ。

モラグ・バルは混沌と不和の種を蒔き、次々と魂を腐敗させることで争いを撒き散らす。彼の軍は勢をなし、彼の忍耐は無限である。彼の究極の目的は、生きとし生けるものすべてを支配し、奴隷とすることだ。

現代の異端者Modern Heretics

帝都内のデイドラ崇拝の研究

ゴトルフォントのハデラス 著

シロディール内でデイドラ崇拝は法で禁じられてはいない。これは主に、デイドラの召喚を許可するために帝都が魔術師ギルドに対して認めた特権の結果といえる。にもかかわらず、聖職者および一般大衆からのデイドラ崇拝への風当たりが非常に強いため、デイドラ関連の儀式を行うものたちは秘密裏に活動している。

一方で、諸地方に目を向けてみるとデイドラ崇拝に対する見方は様々である。シロディール内でも年月と共に伝統的な世論に少なからぬ変化が見られ、デイドラを崇拝する集落も存続している。伝統的なデイドラ崇拝を志す者には信仰心や個人的な信念を動機とする者がいるのに比べ、現代的なデイドラ信者の多くは魔法的な力を目当てにしている傾向がある。とりわけ冒険家と呼ばれる人種は、伝説に名高いデイドラのアーティファクトの、武器や魔法的な利点を追い求める傾向にある。

筆者自身も、夜明けと黄昏の女王であるアズラを信仰する一団と遭遇している。デイドラ崇拝に興味をもつ研究者は複数の方法で調査を進めることができる。既存の文献の研究、古代のデイドラの祠の探索および発見、各地の情報通からの聞き取り、そして信者そのものからの聞き取りなどが挙げられる。筆者自身はアズラの祠を発見する際にこれらの手段を全て用いている。

筆者は最初に文献を紐解くことにしている。本書のような解説書からデイドラの祠に関する一般的な事情などを知ることができる。筆者が自身の研究によりシロディール内のデイドラの祠について理解している事項を例示すると、一般的に、デイドラの主の像が祠の象徴となっており、祠の位置は集落などから離れた野外にあり、各々の祠には信者の一団がついており、祠ごとにデイドラの主への嘆願等を行うべき特定の時間(週の間のある日であることが多い)が決まっており、デイドラの主は嘆願者が十分な力を有しているか、相応の人物でない限り嘆願に応じないことが多く、また返答を得るには適切な供物を捧げる必要があり(捧げるべき供物については信者の一団のみが知る秘密となっていることが多い)、そしてデイドラの主は何らかの仕事や使命を達成した冒険家には、しばしば魔力をもったアーティファクトを授けることがわかっている。

筆者は次の段階として、周辺地域の地理に精通している地元住民に聞き取りを行う。とりわけ得るものが多い聞き取り対象は二つあり、一つめは(移動中に祠を発見する可能性のある)旅の狩人や冒険家であり、二つめは魔術師ギルドの学者たちである。アズラの祠については、どちらの対象も有益な情報源となってくれた。旅路の途中で奇妙ながらに雄大な彫像を見かけたというシェイディンハルの狩人によると、像は両腕を伸ばした女性の姿をしており、片方の手には星を、他方の手には三日月を持っていたとのことだった。祟りを恐れて像を避けたものの、その位置は記憶しており、シェイディンハルの遥か北方、アリアス湖の北西、ジェラール山脈の奥深くという情報が聞き出せた。像の外観に関する情報が得られたので地元の魔術師ギルドを訪ねてみると、その外見を元に崇拝の対象となっているデイドラの主の正体が特定できたのであった。

祠の位置が判明したので現地に足を運んでみると、祠の周囲に信者の一団が住み着いていることがわかった。デイドラ崇拝に対する風当たりの強さゆえ、信者たちは当初こそ自分たちの素性を認めたがらなかったものの、筆者が彼らの信頼を得た後にはアズラが嘆願に耳を貸す時間帯(夕暮れから夜明けまで)に関する秘密や、捧げるべき供物がウィル・オ・ウィスプから得られる「発光する塵」であることを教えてもらえた。

筆者は一介の聖職者兼学者であるため、ウィル・オ・ウィスプを発見して発光する塵を入手することはかなわなかったうえ、供物として捧げられたとしてもアズラが耳を貸してくださったかどうかは定かではない。しかし、仮に供物を捧げてアズラがそれを認めてくださった場合、筆者は何らかの使命を与えられ、それを達成できた暁には伝説的な魔力を秘めたデイドラのアーティアクト「アズラの星」を授かることができた可能性があったのは確かである。

筆者はその後、シロディール内に上記以外にも複数のデイドラの祠が存在すること、およびそれぞれの守護神であるデイドラの主の名、そして冒険家たちが授かりうるデイドラのアーティファクトに関する噂を耳にしている。狩人のハーシーンは強力な魔力を帯びた鎧である「救世主の皮鎧」の伝説と結びついている。魔剣「ヴォレンドラング」は妖魔の王マラキャスと関連があるらしく、名をそのまま冠した「モラグ・バルの戦棍」もデイドラ崇拝の対象となっているようである。シロディール内にあるこれら以外のデイドラの主の祠および信者たちについては、たゆまぬ努力を続ける探究者たちによって明らかにされていくことだろう。

災厄の神The House of Troubles

聖ヴェロスとチャイマーに従って約束の地モロウウィンドへと向かった祖先の霊魂の中で、デイドラの主である4人、マラキャス、メエルーンズ・デイゴン、モラグ・バル、シェオゴラスは、災厄の四柱神として知られている。彼らデイドラの主は、トリビュナルの助言と勧告に反発し、クランと名家に大いなる騒動と混乱をもたらした。

マラキャス、メエルーンズ・デイゴン、モラグ・バル、シェオゴラスは、試練の時に障害物の役割を果たすという意味において聖人である。時に彼らは、この地域の敵であるノルド、アカヴィリ、あるいは山のオークとさえ交流を持った。

マラキャスはかつてトリニマクだった者の残骸であり、弱いが復讐心に燃えた神である。ダークエルフは彼がオークの神王マラクだと言う。彼はダンマーの身体的な弱さを試す。

モラグ・バルは、モロウウィンドにおける残虐の王である。彼は名家の血統を壊そうと試みており、さもなければダンマーの遺伝子プールを汚すつもりでいる。モラグ・アムールに住んでいたと言われる怪物の種族は、前紀に行われたヴィベクの誘惑の結果である。

シェオゴラスは狂気の王である。彼は常にダンマーの精神的な弱さを試す。多くの伝説において彼は、ダンマーのある派閥に対抗しようとする派閥に招かれている。物語のうち半数において、彼は自分を呼んだ者たちを裏切らず、そのため、全体的な枠組みにおける彼の立場について混乱が生じている(果たして彼は我々を助けられるのか?障害にはならないのか?)。彼は、例えば帝国のように、ダンマーが恐怖を抱く他の種族と、役に立つ同盟者として結びつくことがある。

メエルーンズ・デイゴンは破壊神だ。火事、地震、洪水など、自然の危険と関わりを持つ。ある者たちにとって、彼はモロウウィンドの住みにくい土地の象徴である。耐えて生き延びる意思がダンマーにあるかどうかを試す。

これら四柱の邪悪は崇拝は、聖堂の掟と慣習に反することである。しかし、四柱に仕えようとするどん欲で無謀な者や、正気を失った者が絶えた試しはない。古代の聖堂の掟と秩序、そして帝国の法に基づいて、こうした魔女やウォーロックたちは処刑される。帝国の駐留部隊は聖堂のオーディネーターやボイアント・アーミガーと協力して、荒野の隠れ家や古代の遺跡に隠れて冒とく的な崇拝を行う者たちを追い詰め、始末している。

夢中の歩みThe Dreamstride

1000年以上もの間、ヴァルミーナの司祭は錬金術の達人である。彼らの混合剤の複雑さと効用は、まさに伝説にほかならない。このような錬金術の秘宝は非常に人気があり、闇市に出回る水薬1つが大金を生むこともある。

現在知られている数多くの薬の中でも、おそらくヴァルミーナの不活性薬が1番素晴らしいだろう。この粘着性のある液体を一滴飲むだけで、「夢中の歩み」として知られる状態に陥る。使用者は他人の夢を、まるで自分がそこに入り込んだかのように体験できるのである。対象者は最初から居たかのように夢の世界に溶け込み、夢の重要な一部になる。夢の中に登場する人々からは、使用者の方が夢を見ている人だと思われるだろう。使用者は、自分の癖や話し方、適切に広がった知識さえも目にするはずだ。

観察者の目には、薬を飲んだ使用者の姿が消えてしまうようだ。対象者が夢の中で行ったり来たり歩くとき、観察者たちもまた実際の世界を行ったり来たり移動する。不活性薬の効き目が切れると、対象者の姿は再び見えるようになり、夢の中でいた場所とまったく同じ場所に出現する。わずか数フィートしか動かなかった対象者もいるし、ほんの数分で元の場所から数千マイルも離れた場所に現れた者もいる。

注意すべきこととして、夢中の歩みは非常に危険で対象者に様々な潜在的危険を与えることだ。ある夢では、対象者は病気や、暴行そして死のような生命を脅かす状況にさらされた。ほとんどの場合は傷を負うことなく現実の世界に戻って来れるが、場合によっては対象者は帰ってこずに薬の効き目が切れたと見なされるか、死亡した状態で現れる。現実世界においては危険で有害な場所に戻ってきてしまうことも多い。たとえ夢中の歩みの中では、そこが安全な場所であったとしてもだ。

ヴァルミーナの不活性薬は、それを作り出す錬金術師のように不思議でとらえ所がないものである。この独特の移動装置が不活性薬自体の効果なのか、単にヴァルミーナの奇妙な企みなのか定かではない。しかし、通り抜けられるはずのない障害物を通り抜ける夢中の歩みの効果は、確実にその不思議な性質によるものである。

ドゥエマー

Dwemer

グイレーンのドゥエマー建築Guylaine’s Dwemer Architecture

グイレーン・マリリー 著

(編集部注:以下はグイレーン・マリリーによる、後期ドゥエマー建築についての時代遅れではあるが楽しめるように書かれた論考である。進入路と防衛の第二帝国様式について説明した章と「4つの試練」の共通の公式な表現法について述べた章から引用されている。この本ではテルヴァンニが4つの試練の表現技法を、塔の進入路と防衛の美的な要素として取り入れたとも書かれている)

「パターンの試練は観察者に、実行前にパターンを検証して分析し、多くのパターンが微細あるいは隠されていることを理解することを要求する」

「無秩序の試練は観察者に、パターンが見つからなかったときに体系的に進めていくことを要求する。観察者が多くのすべきことがあるのに特段の秩序が見つからないとき、手続きとしてすべきは、すべての物を把握して整えて、その物にどのようなことをいつ行ったのかを覚えておく。たとえば、観察者はある物の最初の位置と同時に新しい位置を覚えておかなければならない」

「回避の試練は観察者に障害を検証し、自分の資源と能力を比較することを要求する。障害があまりにも困難な場合は、その困難を避けて通る道を探す」

「対立の試練は観察者に障害を検証し、自分の資源と能力を比較することを要求する。障害があまりにも困難な場合は、その困難を避けて通る道を探す…ただし、避けて通る道が見つからない場合には、障害と直接向き合うこと」

ドゥエマーの調査書 第1巻Dwemer Inquiries Volume I

彼らの建築様式と文明

学者 セルウィ・ゲレイン 著

人より遠く離れた、深き広間で

見捨てられたレッドマウンテンの、歪んだ種族

心を称えよ、石を称えよ

ドワーフのプライドは、骨よりも強い

ドゥエマーの研究、彼らのおぼろげな歴史と謎の解明は、私の生涯の研究となっている。この文章の目的は、私の発見と、80年間をかけて行った彼らの建築物の研究に基づく結論を、共有することだ。

かつてのドゥームレス、現在のモロウウィンドからディープエルフの移住があったのは、一般的事実として受け入れられている。記録された歴史がそれを補強しており、特に第一公会議を結成する時にローケン・クランがドゥマク王に加わるのを拒否して、ハンマーフェルへ集団脱出したことが示されている。建築様式の基礎も理にかなっており、ドワーフの建築文化はゆっくりと微妙にではあるが、時代や土地に応じて変化していった。こうした変化は、外観上だけでなく実用上の必要から来ているものと思われる。

従来の見解では、ヴァーデンフェル・ドゥエマーが、ドワーフたちの中で最も多く作品を残したと言われている。スカイリム、モロウウィンド、ハイロックで私が行った発掘に基づくと、それが正しいとは言いかねる。ヴァーデンフェルは土地の表層から突き出たドワーフの遺跡のために雑然としており、しかもこの遺跡の構造は他の場所で調査した様々な遺跡とは明らかに異なっている。

またヴァーデンフェルの遺跡を掘り進むと、内部構造が異なることに気付く。本土の事例とは異なり、主要な家具や使用可能な部屋はヴァーデンフェル遺跡の地上近くで発見される。小さな通路や倉庫は地表近くにあるが、重要な場所は深くまで調査しないと出てこない。

そうした重要な場所はモロウウィンドの外にあるドゥエマーの遺跡では上手く隠されているため、多くの学者はその地方の外には居住しなかったと考えたのである。この早すぎる結論に対して、そういった場所は単なる辺境に過ぎないと信じる者もいる。だが私の研究では、今回のこの事例がそうではないと証明してくれた。

この相違を説明する学説は少ない。都市設計に関して言えば、クランの建築士たちにそれぞれのやり方と好みがあったのかもしれない。ドワーフの技術は実証的研究に基づいており、建築技術のことになると創造性を発揮する余地がなかった可能性はある。土地の地質学的構造は明らかに影響を及ぼしているようで、これは特に、北方のスカイリムのような岩だらけでよく凍る地表がある地方や、火山性の基盤岩が一般的なヴァーデンフェル、または帯水層が偏在するハンマーフェルなどを見ると明らかである。北方のドワーフの建築士が、もっと扱いやすい地表に辿りつくまで大きな建造物を掘削できなかった可能性はある。

しかしながら、ある学者はモロウウィンドの西にある多くの建造物は第一紀420年以降に作られたと言っている。クラン・ローケンがヴァーデンフェルを去った時、いくつかのクランが散り散りになって自分たちの集落を作ろうとし、東方の同胞よりもずっと孤立した生活を選んだという。この説は驚くべきもので、ドワーフの建築士は長い時間をかけてより巧妙に要塞を隠す術を発展させていった可能性を思わせた。

この点を踏まえれば、タムリエル中に未発見のドワーフの考古学的な遺跡が存在するのは間違いないだろう。それはシロディールやブラック・マーシュのような、これまでドワーフがいたとは思われていなかった南方の地域でさえも例外ではない。空想の飛躍は避けるべきだが、この理論が実証されれば、ドワーフのクランはこれまで信じられていたよりもずっと長く、もしかしたら第一紀700年に消息を絶ったレッドマウンテンの戦い以降も生きていたと推定できるかもしれないのである。

ドゥエマーの調査書 第2巻Dwemer Inquiries Volume II

彼らの建築様式と文明

学者 セルウィ・ゲレイン 著

人より遠く離れた、深き広間で

見捨てられたレッドマウンテンの、歪んだ種族

心を称えよ、石を称えよ

ドワーフのプライドは、骨よりも強い

残されているわずかな記録からは、ディープエルフが理論と科学の探求を崇拝していた可能性をうかがえる。これは大多数のエルフ文化の信仰体系とはまったく異なることを示す。そのような信条を中心に構築された社会を考えてみると合理的に思え、多くの学者、特に数学、金属学、そして建築術に携わる者は、より神秘主義的な文化の聖職者のような地位にあったと考えられる。この考えはスカイリムの居留地、イルグンハンドで回収されたドゥーメリスの文章の断片によって裏付けられており、クラン・ローケンと関連があると信じるものである。以下は私のドゥーメリスの原本を解釈したものだ。

「認められたいとこ、特権を持つシェズリーンのクーレックに任じられる。ホーゲン・クルトラの伝統を打ち立てるクランホームを、世界を形作る者とする」

「認められたいとこ〈翻訳不能〉のクーレックに、一族のためホーゲン・クルトラ〈?〉の伝統的な一族の家を建設する任にあたり、父なるムンダスを形作る者とする」

これはドゥエマーがムンダスを崇めていた証拠だと解釈する学者もいるが、そうは思わない。この文章の私の解釈は、クーレックという尊敬されていたドゥエマーは市民階級に上がり、調整建築士になったことを意味している。後半では、クーレックは特定の様式で建築する必要があったことを示している。

ホーゲン・クルトラという言葉はこれまで理解できなかった。しかしこれは、そのような様式の名前だと考えられる。当時複数の様式があり、建築原理や典型的な構造が異なっていた可能性はある。

特徴の1つと思われるのは、私がディープ・ベニューと呼ぶ北方のクランに広く見られるドゥエマー様式だ。ディープ・ベニューの特徴として、1つ以上の広大な自然の洞窟内に造られた複数の建造物が挙げられる。ベニュー内の建造物は石から掘られたか、洞窟の底に自由に建てられたのかもしれない。ブザーダムズで発見されたような最も大きく見事なベニューは、10人の巨漢が肩を並べて歩くのに十分な幅の道があるのも特徴と言える。

アルカネックスは典型的な小建造物だ。墓荒らしや欲深な探検家に荒らされる前に研究できた者はとても少ないが、未発見の場所には、魂石や錬金術の調合薬、魔法の教科書など驚くべき量の魔法の道具があった。これらはドゥエマーが、事実として、魔法に手を出していた証拠になるという学者もいる。彼らの文化の知識や、定番の物に比べてほとんどのアルカネックスは小規模の建造物であるという事実を基に、これらは学問の中心地であったと私は考える。ドワーフはこの場所で人間とエルフの研究をするために作ったのではないだろうか。我々にとってドゥエマーが異質な者であるように、彼らにとっても我々が異質だったはずである。

グレート・アニモキュロトリーは、数多くのドワーフの要塞で見つかっている。これはセンチュリオンやその他様々な製造物を造っていた工場だ。こうした部屋を探索して、あの不可思議なオートマタに命を与えた物の手がかりを見つけたいが、そのガーディアン自身がうろついているため、研究は困難かつ危険である。

ドゥエマーの調査書 第3巻Dwemer Inquiries Volume III

人より遠く離れた、深き広間で

見捨てられたレッドマウンテンの、歪んだ種族

心を称えよ、石を称えよ

ドワーフのプライドは、骨よりも強い

私の研究と本論は、ヴァーデンフェル西にあるドゥエマーの考古学的な遺跡が、レッドマウンテンの近くの遺跡よりもずっと深い場所に建設されたという事実に焦点を当てている。重要な建築を始める前に、坑道を掘るドワーフには何らかの開始点があったはずである。

私はこの開始点を「ジオクライン」と呼んだが、多くはディープ・ベニューの一端だと分かった。依然としてディープ・ベニューの実際の深さは様々であるが、ジオクラインは常に都市が始まる目印だと結論づける。

地下道や部屋はより浅い部分にあり、その建築様式ゆえに素晴らしいが、都市の重要な施設として利用されることは少なかったようだ。余剰の食糧を売る店や倉庫は近隣の集落との物々交換に使われ、また上層巡回のための兵舎はジオクラインの上にあるのが一般的である。

この地下道を調べたが、下の方に計画された構造物よりもずっと不規則に曲がりくねっているようだ。これは、ドゥエマーのような賢い種族であっても、掘削するうえで予想不可能な自然的要因によるものであろう。確かに予測していなかった岩盤や地質に起因する災害は都市の建設を困難にしたであろうが、そうした偶然と戦ううちに、建設に適した場所の探索に繋がっていったと考えられる。

地質学的な変則性や「ファルザルダム・ディン」として知られる場所に関する遺跡の参考資料を少し見つけた。これの興味深いところは、この言葉がいくつかの平板にだけでなく、アリフタンド要塞、イルグンハンド、スカイリムのムジンチャレフトの最も深いところにあった華美な金属板にも登場するのだ。これら精巧に彫られた物の意味は解読できていないが、それぞれ遺跡の最深部で見つかったことは非常に奇妙だと考えられる。

「ファルザルダム・ディン」の妥当な翻訳として解読したのは、「暗黒の王国領土」だが、どういう意味なのか想像もつかない。

私が気づかない規則があるのかもしれない。この深まる疑問は、ここ数年間、私の前に何度となく現れては、一生ドワーフの重大な秘密を解き明かせないのではないかという気にさせる。答えは目と鼻の先にあるというのに…いや、文字通り、足元であろうか。

ドゥエマーの法の由来Antecedents of Dwemer Law

(この本はドゥエマーの法がいかに発展してきたか、そしてハイエルフ文化に根差した慣習にまつわる歴史的な説明が書かれている)

手短に言うと、ボズマーの部族の慣習が発展していく過程は、私の調べうる限り、いかなる点においてもアルトマーの法の発展と同様だった。初期の頃、奴隷や動物に課された法的責務は主にサマーセット諸島での監禁だったが、後に賠償制度へと変わっていった。

これがなぜ現在の法に関する研究にとって重要なのか?アルトマーの法、とりわけアルトマーの主従関係に関する法が私達の法に与えた影響に関して言えば、その影響を示す証拠は過去500年に渡って記録されたどの判決文にも見られる。既に述べられているが、私達はこのアルトマーの判事の論法を、空虚ではあるが現在に至るまで繰り返している。アルトマーの慣習がドゥエマーの法廷に取り入れられた様子も、簡単に見せられる。

カーンダール・ウォッチの法(P.D.1180)は「誰かに所有されている立場の者が所有する側の人間を殺害した時、その殺害した者の所有者は共同出資者に何か上等な物を3つ、そして所有している人物を差し出さなければならない」と言っている。他にも似た類の例証がある。同じ原理がセンチュリオンによる殺害事件でも適用されている。「もし作業台を共有している関係で、ある者がアニムンクリに殺害されたら、殺害された者の仲間はそのアニムンクリをバラバラにして、30日以内ならそのバラバラになった部品を持っていって良い」と言っている。

ダークがテンマー・フォレストにいる野卑な野獣に関して言及した事を比較するのは有益である。「沼地の猫がアルゴニアンに殺害されたら、彼の家族はアルゴニアンを殺害して報復するか、または同じ事をしない限り生き恥を曝す事になるだろう。他にも沼地の猫が木から落ちたらその親戚は、木の幹を切り倒し、枝をむしり取り、森のあちこちにそれをばら撒いて復讐を果たすだろう」とも言っている。

ドゥエマー太古の物語 第1部AAncient Scrolls of the Dwemer I-A

ザレクの身代金 第1部

マロバー・サル 著

ジャレミルは彼女の庭園に立ち、召使が持ってきた手紙を読んだ。手にしていたバラの束が地に落ちた。一瞬、鳥のさえずりが消え、雲が空を覆った。丁寧に育て、作り上げてきた安息の地が暗闇に包まれた。

「息子は預かった」手紙にはそう書かれていた。「近いうちに身代金の要求をする」

やはりザレクは、アッガンに辿り着けなかったんだわ。道中の強盗、多分オークか憎たらしいダンマーに、上品な乗り物を見られて人質に取られたんだわ…ジャレミルは柱にもたれ掛かり、息子に怪我がないかを案じた。彼はただの学生で、装備の整った男たちと戦えるような子ではないけど、殴られたりしていないかしら…母親の心には、想像するに耐え難いことであった。

「もう身代金を要求する手紙が来たなんて言わないでよね」聞き覚えのある声と見慣れた顔が垣根の隙間から見えた。ザレクであった。ジャレミルは涙を流しながら、急いで少年を抱きしめに行った。

「何が起こったの?」彼女は声をあげた。「誘拐されたんじゃなかったの?」

「されたよ」と、ザレクは言った。「フリムヴォーン峠で、もの凄く大きなノルド3人が、僕の乗り物を襲ったんだ。マサイス、ユリン、コーグ、この3人は兄弟だって分かったの。母さんにも見せてあげたかったな、本当に。もし正面玄関をくぐろうとしたら苦労すると思うよ」

「何が起こったの?」と、ジャレミルは再度問いかけた。「助けられたの?」

「助けを待とうとも考えたんだけど、身代金要求の手紙を送るって分かっていたし、母さんが心配性なのも分かっているから。だから、アッガンの先生がよく言っていた言葉を思い出したんだ、落ち着いて、周りを良く見て、敵の弱点を探る」ザレクはにっこりと笑った。「彼らは本当に怪物だったから、すこし時間が掛かっちゃったけどね。それで、彼らがお互いに自慢しあっている話を聞いたとき、彼らの弱点は虚栄心だって分かったの」

「それで何をしたの?」

「カエルに近い、幅広い川を見下ろす小高い丘の森のキャンプで鎖につながれていたの。コーグが、あの川を泳いで往復するには1時間近く掛かるだろうって、他の二人に話しているのを聞いたんだ。二人も同感でうなずいていた、そのとき話しかけたんだ」

「僕なら30分で戻って来られるね」そう僕は言ってやった。

「無理だ」と、コーグが言い放った。「お前みたいな子犬より、俺の方が早く泳げる」

「そこで、2人とも崖から飛び降りて、真ん中の島まで泳いで帰ってくるって決めたんだ。お互いの岩まで行ったとき、コーグが義務付けられているみたいに水泳のコツを僕に説教し始めたんだ。最大の速度を出すための、連動した腕と足の動きの重要性。息継ぎは、頻繁すぎて遅くならず、少なすぎて息切れしないように、必ず3,4回水を掻いたあとにすることがどれだけ肝心か。彼が言うコツに同意して、うなずいたんだ。それでお互いに崖から飛び込んだの。1時間ちょっと掛けて島まで泳いで帰ってきたけど、コーグは戻ってこなかった。彼は崖の下にある岩で頭をかち割っていたんだ。水の動きで水面下の岩が分かったから、飛び込むのに右の岩を選んだの」

「それで戻っちゃったの?」と、驚いたジャレミルは聞いた。「そのときに逃げれたんじゃないの?」

「そのとき、逃げるのは危険すぎたよ」と、ザレクが言った。「彼らは僕を簡単に捕まえられただろうし、コーグが消えた責任も負わされたくなかったしね。彼に何が起きたか分からないと言ってから、ちょっと捜した後で、彼らはコーグが競争のことを忘れて、向こう岸で食料でも狩っているのだろうって思ってくれたの。僕が泳いでいたのは見えていたし、彼の失そうに関係があるとは思えなかったんだろうね。兄弟は僕が逃げられないように理想的な場所を選んで、岩の多い、崖のふちに沿ったところにキャンプを張り出したんだ」

「兄弟の一人、マサイスが、下の入り江の周りを巡る土の質と、岩の緩やかな傾斜について意見を言い始めたんだ。競争に理想的だ、そう彼は言った。僕がその競技について何も知らないことを伝えると、彼は競争に適した技術の一部始終を教えたがったんだ。変な顔を作って、どれだけ鼻から息を吸って口から出すことが必要かとか、どのように膝を適切な角度まで持ち上げるかや、足運びの重要性などをね。一番重要なのは、勝つつもりなら走者は積極的な、でも疲れすぎない速度を保つべきだと言った。二番手を走ってもいい、もし最後に追い抜く意思と体力があるならって言ったんだ」

「僕は熱心に聞き入ったよ、そしてマサイスは、夜になる前に入り江のふちの周りで簡単な競争をすると決めたんだ。ユリンは僕たちに、戻るときに薪を持ってこいと言った。僕たちは細道を過ぎたらすぐに、崖のふちに沿って走り始めたの。息や足取りや足運びは彼の忠告通りにしたけど、最初から全速力で走った。彼の足の方が長いにもかかわらず、最初の角を曲がったとき、僕は彼の数歩前を走っていたんだ」

「彼の目は僕の背中に置かれていて、マサイスは僕が飛び越えた崖の割れ目が見えなかったんだ。叫ぶ間もなく下に落ちて行ったよ。キャンプに居るユリンのところへ戻る前に、数分かけて何本か小枝を拾ってから戻ったんだ」

ドゥエマー太古の物語 第1部BAncient Scrolls of the Dwemer I-B

ザレクの身代金 第2部

「まったく、調子に乗って」と、しかめ面をしたジャレミルが言った。「間違いなく、その時に逃げればよかったのに」

「そう思うかもしれないけど」と、ザレクは同意しながら言った。「でもね、あの地形を見れば分かるよ…大きな木が何本かあって、他は低い木ばかりだったんだ。ユリンは僕が居ないことに気付いただろうね。すぐに追いつかれたら、マサイスが居ないことを説明するのがとても難しかったと思う。だけどね、手短に周辺を見て回れたおかげで何本かの木をじかに見られたから、最後の計画を立てられたんだ」

「僕は何本かの小枝を持ってキャンプに戻り、マサイスは大きな倒木を引っ張っているから、戻るのに時間がかかっているとユリンに言ったんだ。そうしたらユリンはマサイスの腕力をあざ笑って、彼では生きている木を引き抜いて燃やすには時間がかかると言ったんだ。僕は言ってやったんだ、そんなことはできないでしょうと」

「「見せてやるよ」と彼は言い、10フィートもの木を楽々と引き抜いたんだ」

「「でも、それはただの苗木だ」と僕が意見したんだ。「大木を引っこ抜けると思ったのに」」彼の目は、僕の視線を追い、その先にある素晴らしい大木を見た。ユリンはその大木をつかんで、凄まじい力で根から土を離そうとゆすり始めたんだ。それで、木の一番上の枝から垂れ下がっていた蜂の巣が緩んで、彼の頭の上に落ちたんだ。

「母さん、僕はその時逃げたんだ」ザレクは少年らしい誇らしさで締めくくった。「マサイスとコーグは崖の下、そしてユリンは蜂の大群に飲み込まれて必死になっているときにね」

ジャレミルはもう一度息子を抱きしめた。

出版社注:

私はマロバー・サルの作品「ドゥエマー太古の物語」を出版する事に気が進まなかったが、グウィリム大学出版局がこの版の編集を依頼してきた時、この機会にきっぱりと事実を明確にしようと決めた。

学者たちはマロバー・サルの作品の正確な年代に関して同意していないが、それらの作品は、レマン帝国の崩壊後の第二紀に、一般的な喜劇や恋愛物語で有名な劇作家「ゴア・フェリム」によって書かれたものであるという説に大多数が同意している。現在の説が支えるのは、フェリムは本物のドゥエマーの物語をいくつか聞き、金儲けのためにそれらを舞台に適応したり、自分の劇を書き換えたりしたという点だ。

ゴア・フェリムは自分の作品に妥当性を持たせるために、まただまされやすい人々にとってさらに貴重であるよう、ドゥエマーの言語を翻訳できる「マロバー・サル」の人物像を作り上げた。注目すべきは、「マロバー・サル」と彼の作品が激しい論争の題材になったが、実際に誰かが「マロバー・サル」に会った信頼性のある記録もなければ、同名の人物が魔術師ギルドやジュリアノス、または他の知的団体に所属していた記録もない。

どうであれ、「マロバー・サル」の物語の中のドゥエマーのほとんどは、ダンマーやノルドやレッドガードさえも服従させ、現在でさえも解明されていない遺跡を作った、恐ろしくて計り知れない種族と類似していない。

ドゥエマー太古の物語 第2部Ancient Scrolls of the Dwemer II

種たるもの

ロリックの村は、単調な灰色と褐色の砂丘やデジャシスの岩山に抱かれた、静かでのどかなドゥエマーの集落であった。なんの草木もロリックには生えていないが、黒く変色した大きな枯れ木が街中のいたるところに転がっていた。幌馬車で到着したカムディダは、彼女の新しい街に落胆した。彼女は父の家族が暮らしていた、北の森林地帯に慣れていた。ここには木陰や広々とした空もなければ、水も少ない。ただの荒れ地に見えた。

母親の家族がカムディダと弟のネビスを引き取り、とても優しく孤児たちに接したが、彼女は見知らぬ村で寂しかった。そんなとき、給水所で働くアルゴニアンの老女に出会い、カムディダは友達を得た。名前はシゲルスで、彼女の家族は広く麗しかった頃のロリックに、ドゥエマーが現れる何世紀も前から住んでいたと言った。

「なんで木々は死んだの?」と、カムディダは聞いた。

「アルゴニアンしかこの地に居なかった頃、私たちにはあなた達が使うような燃料や木製の建物が必要なかったから、木を切らなかったのよ。ドゥエマーが来たときも、私たちやこの土地にとって神聖なヒストの木を傷つけないかわりに、必要な時は植物を使わせてあげていたの。その後、何年も平穏な暮らしが続いたわ。誰も、何も望まなかったから」

「それで、何が起こったの?」

「あなたたちの科学者が、ある樹液を蒸留して、成形して、乾かすことで樹脂というものを作れると発見したの。弾力性のある鎧を作るために使うのよ」と、シゲルスは言った。「ここで育つほとんどの木の樹皮の下にはちょっとしか液体がないの。でもヒストの木は違うわ。多くは樹液で溢れていた。それはドゥエマーの商人たちを強欲にしたわ。商人たちはジュニンという木こりを雇って、利益のために聖なる木の伐採を始めたの」

アルゴニアンの老女は埃が舞う大地を見て、ため息をついた。「もちろん私たちアルゴニアンは皆反対したわ。私たちの故郷だったし、ヒストの木は1度消えたらもう戻らないもの。商人たちは考え直してくれた、でもジュニンは私たちを打ちのめすつもりだったの。ある恐ろしい日、彼の並外れた斧の腕前は木々だけではなく人にも通用すると証明したの。彼の行く手を阻んだ人たちは、老若男女を問わずバラバラに切り倒されたわ。ロリックのドゥエマーたちは皆、家の扉を閉じて殺人の叫び声に耳を閉ざしたの」

「ひどい」と、あえぎながらカムディダは言った。

「説明するのは難しいけど…」と、シゲルスが言った。「私たちにとって、木々の死に比べたら、生きているものの死はたいしたことじゃないのよ。分かって欲しいのは、私たちにとってヒストの木は母であり、目指す場所なの。体を破壊されるのはどうってことない。でも私たちの木々を滅ぼすことは、私たちを根絶やしにすることなの。そしてジュニンがヒストの木に斧を向けたとき、彼はこの土地を殺した。水は枯れ、動物は死に、木々によってその命を支えられていた生き物はみな干からびて、埃となったのよ」

「でも、まだここに居るの?」カムディダは聞いた。「なぜ去らなかったの?」

「私たちは身動きが取れないの。私は死に行く最後の数人の1人なのよ。私たちの多くは先祖代々の林を離れて暮らしていけるほど強くはないし、今でも時折り、ロリックの空気に生きる気力を与えてくれる香りが漂っている。私たちが全員いなくなるまで、それほど時は掛からないわ」

カムディダは目に涙が浮かんでくるのを感じた。「そうしたら私は木々もなく、友達もいないこんな場所で独りぼっちになっちゃう」

「私たちアルゴニアンには良い表現があるわ」悲しそうな微笑を浮かべ、カムディダの手を取りながらシゲルスは言った。「種の最良の土壌は、心の中にあるものなのよ」

カムディダが手の中を見ると、そこにはシゲルスが渡した小さくて黒いものがあった。種であった。「死んでるみたい」

「ロリックの中のある一ヶ所でしか育たないのよ」と、老アルゴニアンは言った。「街外れの丘に建つ古い小屋の外。私はそこへは行けないの、所有者に見られたら、その場で殺されてしまうし、他の私と同じ種族の人たちのように、今では自分を守るには脆すぎる。でも、あなたならそこへ行って種を植えられるわ」

「どうなるの?」と、カムディダは聞いた。「ヒストの木が戻るの?」

「いいえ。でも、木の力の一部は戻るわ」

その夜、カムディダは家を抜け出し丘へと向かった。シゲルスが話した小屋は知っていた。叔父と叔母からは絶対にそこへは行かないようにと言われていた。近くまで行くと、扉が開き、老いてはいるが屈強な体格の男が大斧を肩に乗せて現れた。

「おい、ここで何をしている?」彼は詰問した。「暗くてトカゲ野郎と間違えそうになったぞ」

「暗くて道に迷ってしまったのです」彼女は瞬時に答えた。「ロリックにある家へ帰ろうとしているのですけど」

「では早く行け」

「ロウソクを1本貰えませんか?」彼女が聞いた。「ぐるぐると同じところを歩いていて、明かりがなかったらまたここに戻ってきてしまいそうです」

老人はブツブツ言いながら家の中へと入っていった。カムディダは素早く穴を掘り、できるだけ深く種を埋めた。男は明かりを灯したロウソクを持って戻ってきた。

「絶対にここへは戻るなよ、もし戻ったら…」うなり声で彼は言った。「真っ二つにしてやる」

彼は暖かい家の中へと戻っていった。次の朝、目覚めた彼は扉を開けると、小屋が巨大な木の中に完全に閉じ込められていることに気付いた。斧を拾って、木に向かって次から次へと切りかかるが、打ち破れなかった。横から切ってみたが、木は治癒してしまった。上下左右から切って、くさび形の切り込みを入れようとしたが、木は治癒してしまった。

ジュニンのやせ衰えた体が、鈍り、折れた斧を手に持ち、開け広げられた扉の前に横たわっているのを誰かが発見するまでにはかなりの時がすぎた。何を切っていたのか皆には謎であったが、刃にはヒストの樹液が付いていたとの伝説が、ロリックでささやき始められた。

それから暫くして、小さな砂漠の花が乾いた土を押し分けて、育ち始めた。新しく植えた木々や植物も、豊かにとは言えなかったとしても、それなりに育ち始めた。ヒストの木は戻らなかったが、カムディダやロリックの人々は、夕暮れ時のある時刻になると、過去の偉大な木々の長い影が、街や丘を包み込んでいることに気付いた。

ドゥエマー太古の物語 第3部Ancient Scrolls of the Dwemer III

「どこ」の重要性

マロバー・サル 著

オスロバーの族長は、彼の賢者たちを集めこう言った。「毎朝、家畜が死んでいる。何が原因なのだ?」

ファングビス戦闘隊長は言った。「怪物が山から下りてきて、家畜を食べているのかもしれません」

治癒師ゴーリックは言った。「新種の疫病が原因かもしれませんな」

ベラン司祭は言った。「女神に助けていただくには、生け贄を捧げる必要がある」

賢者たちは生け贄を捧げ、彼らが女神からの答えを待つ間、ファングビスは師匠ジョルタレグの下へ行きこう言った。「ゾリアの棍棒の鍛造や、それを戦闘でどのように使うのかを実によく教えていただきましたが、今は自分の技能をいつ使えばよいのかを知る必要があります。女神からの回答があるまで、または薬が効くまで待つのでしょうか。それとも山にいると分かっている怪物を退治に行くのでしょうか?」

「「いつは重要ではない」と、ジョルタレグは言った。「「どこ」なのかが重要だ」

ファングビスはゾリアの棍棒を手に持ち、暗い森の中を遠く、偉大な山のふもとまで歩いた。そこで彼は2匹の怪物に出会った。オスロバーの族長の家畜の血でぬれていた片方は、連れが逃げるあいだ彼と戦った。ファングビスは「どこ」が重要であると言った師匠の言葉を思い出した。

彼は怪物の急所5ヶ所を殴った。頭、股間、喉、背中、胸。五ヶ所を5回ずつ殴り、怪物は倒された。その怪物は運ぶには重すぎたが、それでも意気揚々としてファングビスはオスロバーへ戻った。

「おーい、家畜を食べた怪物を殺しました」と、彼は叫んだ。

「怪物を殺したという証拠はどこにあるのだ?」と、族長は聞いた。

「おーい、私の薬が家畜を救いましたぞ」と、治癒師ゴーリックは言った。

「おーい、我が生け贄によって女神が家畜を救ったのだ」と、ベラン司祭が言った。

朝が2回過ぎたが家畜は無事であった、しかし、3日目の朝、また族長の家畜が10匹殺されていた。治癒師ゴーリックは彼の書斎へ新しい薬を探しに行った。ベラン司祭はさらなる生け贄の準備を行った。ファングビスはゾリアの棍棒を手に、またしても暗い森の中を遠く偉大な山のふもとまで歩いた。そこで、オスロバーの族長の家畜の血でぬれた、もう一方の怪物に出会った。彼らは戦い、またしても、「どこ」が重要であると言った師匠の言葉を思い出した。

彼が怪物の頭を5回殴ると、怪物は逃げた。山沿いに追いかけ、彼が股間を5回殴ると、怪物は逃げた。森の中を走りながら、ファングビスは怪物を追い越し、喉を5回殴ると、怪物は逃げた。オスロバーの田畑に入り、ファングビスは怪物を追い越し、背中を5回殴ると、怪物は逃げた。砦の下では怪物が嘆く音を聞き、族長や賢者たちが顔を覗かせた。彼らはそこから族長の家畜を殺した怪物を見守った。ファングビスが怪物の胸を5回殴ると、怪物は死んだ。

ファングビスの名誉を称えて大きな祝宴が開かれ、その後2度とオスロバーの家畜が殺されることはなかった。ジョルタレグは彼の弟子を抱きしめ、こう言った。「やっと「どこ」で敵を殴ればよいのかを覚えたようだな」

ドゥエマー太古の物語 第4部Ancient Scrolls of the Dwemer IV

おはじきと針の使い方

マロバー・サル 著

ノルドとチャイマーとドゥエマーがコーナークラブにやって来た。

「いかがいたしましょう、ムスセラ?」酒場の主人が尋ねた。

「ハチミツ酒をマグ1杯」ノルドが言った。

「シェインをグラスで。いいやつを頼む」チャイマーが言った。

「チャル茶とおはじき、それに革を縫う針をください」ドゥエマーが言った。

「ハハハ」ノルドは大笑いした。「ショールの骨にかけて!ちっちゃなミルク飲みが棒拾い遊びをやろうとしているぞ。棒1本しか扱えないけどな!」

「少なくとも想像上の、しかも死んでいる神にかけて誓うなんてことはしないぞ」ドゥエマーが言った。酒場の主人がカウンターに、彼が注文したものを置いた。

「おい、何だって?」ノルドは怒鳴った。「何という…!」

「アズラの星にかけて、彼にしてやられたな」チャイマーが自分のシェインを口にしながら言った。「ドワーフ君、君に1点だ」

「それと、少なくともノルドはよその次元の悪魔を崇拝するのが賢明とは思っていない」ドゥエマーはチャルをかき回しながら言った。

「ボエシアとメファーラにかけて!いい加減にしろ!」チャイマーが叫び、短剣を抜き放った。

「そうだ!このちびの内臓をかっさばこうぜ!」ノルドがうなり声を上げ、手斧を抜いた。

ドゥエマーはおはじきをカウンターから落とした。それは床の、チャイマーが前に進もうと足を下ろしかけていたまさにその場所に落ちた。彼は滑って左によろめき、彼の短剣が驚いているノルドの胸に柄まで深々と突き立った。その間にドゥエマーは大きな針を指で正確に弾き飛ばした。針は回転しながら落ちて、床板の隙間に針先を上に向けて直立した。チャイマーは瀕死のノルドから身を引き離したが、バランスを崩して頭から床に倒れた。倒れた先にあった針が、彼の金色の目の片方を貫き、脳にまで達した。わずか数秒のできごとだったが、結局チャイマーもノルドも死んでしまった。

ドゥエマーはチャイマーのベルトから小銭入れを引っ張り出して酒場の主人に渡し、ノルドのハチミツ酒をごくごくと飲み干し、シェインのグラスを手に取って一口すすった。それから酒場の主人に向かってうなずき、グラスを手にコーナークラブを後にした。「市場に行ってくる」彼が言うのが聞こえた。「骨抜きとグアルの卵とブートジャックを買わないといけないな」

ドゥエマー太古の物語 第5部Ancient Scrolls of the Dwemer V

錬金術師の詩歌

マロバー・サル 著

マラネオ国王おかかえの錬金術師が持ち場を去った

研究所での実験中に爆発事故を起こしたからだ

国王のおふれが回された

新しい術師を募集する

薬や何かを混ぜるのだ

王が選ぶと決めたのは

術と道具を使えるものだけ

愚かな術師はもうたくさん

検討、会議、話し合い

王は候補を2人に決めた

イアンスィップス・ミンサークとウンファティック・ファー

どちらもとにかく野心でいっぱい

どちらがすごいか競うのだ

王は「試験を行う」と

薬草、宝石、書物にお鍋、計量カップを用意した

透明ドームの屋根の下、部屋に2人は通された

「飲むと姿が見えなくなる薬を作り出せ」

笑い上戸の王様はやっぱり笑ってこう言った

イアンスィップス・ミンサークとウンファティック・ファー

2人は作業に取り掛かる

薬草刻んで金属溶かし、奇妙なオイルを精製し

釜に入れたら温めて用心深く泡立たす

中身を鉢に移したら混ぜて混ぜて混ぜまくる

時々互いを盗み見て、相手の様子を確認し

45分も経ったころ、

イアンスィップス・ミンサークとウンファティック・ファー

どっちも自分が勝ったと思い、相手にウィンクしてやった

マラネオ国王こう言った

「それでは今から自分たちの作った薬を飲んでみろ

鍋から一さじすくい取り味見をして見せてくれ」

ミンサークは薬を口にするやいなや彼の姿は消え失せた

ファーも味見をしてみたが、彼の姿はそのままだった

「銀とブルーダイヤモンドと黄色の草をちゃんと混ぜたと思うのか?」

王は笑って教えてやった。「見てみろガラスの天井だ

光がお前を惑わせて使うべきだった材料の

色を変えてしまったのだ」

「ところで何を混ぜたのかな」浮かれてうるさい声がたずねた

「レッド・ダイヤモンドと青い草、それに金ではないのかな?」

「(ドゥエマーの神の名前)の力によって」ファーは若干おびえて言った

「私は自分の知能を高める薬を作りました」

ドゥエマー太古の物語 第6部Ancient Scrolls of the Dwemer VI

キマルヴァミディウム

マロバー・サル 著

いくつもの戦いをへて、戦争の勝者が見えてきた。チャイマーはマジカや剣術においては秀でていたが、ジナッゴの手による洗練された防具を装備したドゥエマーの装甲兵が相手では、勝てる見込みはきわめて薄かった。その地の平和維持を第一に考えた戦士長スソヴィンは、「野獣」カレンイシル・バリフと休戦協定を結んだ。スソヴィンは「紛争地域」を獲得し、その代償としてバリフに強力なゴーレムを授けた。北方の蛮族の襲撃からチャイマーの土地を守ってくれるだろう、と。

この贈り物にバリフは満足し、野営地に持ち帰った。ゴーレムを目にすると、仲間の戦士たちはあ然とした。金色に輝くその姿は、誇りに満ちたドゥエマーの騎士そのものだった。その強さを試そうと、彼らはゴーレムを闘技場の真ん中に立たせて稲妻の魔法で打ち抜いた。ゴーレムは目にもとまらぬ早業でほとんどの雷撃をよけてみせた。腰をくねらせることで、バランスを崩さずに攻撃の矛先をかわすことができた。さらに火の玉が弧を描いて飛んでくると、膝を折ってコマのように回転しながら巧みに攻撃をかわした。何度かよけられないこともあったが、もっとも頑丈にできている胸や腹部で攻撃を受け止めていた。

俊敏さと力強さを併せ持ったその創造物に、戦士たちは歓声をあげた。ゴーレムを守備の要に据えておけば、スカイリムの蛮族が村を襲ってきても返り討ちにしてやれそうだった。彼らはゴーレムを、「チャイマーの希望」を意味する「キマルヴァミディウム」と名づけた。

バリフは一族の全家長を連れて、ゴーレムを私室へと持ち込んだ。そこで彼らはキマルヴァミディウムの力、スピード、回復力を徹底的に試した。その設計に穴は見つからなかった。

「丸裸の蛮族め、襲撃にきてこいつを目にしたらどんな顔をするかのう」家長のひとりが高らかに笑った。

「われらではなく、ドゥエマーに似ているのが口惜しいがな」カレンイシル・バリフはゴーレムをとっくりとながめた。

「そもそも、休戦協定など受け入れるべきではなかったのだ」と、強硬派の家長が言った。「戦士長スソヴィンに冷や汗をかかせるにはもう遅すぎるかのう?」

「遅すぎるということはない」と、バリフは言った。「が、やつの装甲兵たちは手ごわいぞ」

「私の情報では…」と、バリフの諜報参謀が言った。「スソヴィンの兵は夜明けとともに目覚める。その一時間前に襲撃すれば、やつらは赤子も同然だ。まだ水浴びも終えてないだろうから、鎧を装備しているはずがない」

「鎧職人のジナッゴをひっ捕らえて、鍛冶の秘訣を吐かせることもできよう」と、バリフは言った。「善は急げだ。明朝、夜明けの一時間前に襲撃するぞ」

段取りは整った。チャイマーの兵は夜のうちに進軍し、ドゥエマーの野営地になだれ込んだ。キマルヴァミディウムを中心とする第一陣を攻撃に送り込んだが、肝心のゴーレムは調子がおかしくなってチャイマーの兵を襲いだした。それに加えて、ドゥエマーは防具一式を装備し、睡眠も充分にとっており、万全の戦闘態勢にあった。奇襲は失敗し、「野獣」カレンイシル・バリフをはじめとするチャイマーの上官はほとんど捕虜となった。

チャイマーたちは何も訊かないことで誇りを守ろうとした。と、スソヴィンはある仲間から「天啓」を与えられて、奇襲攻撃のことを知ったのだと説明した。

「わが陣にスパイがいたというのか」バリフは皮肉っぽく笑った。

捕虜のそばで立ちすくんでいたキマルヴァミディウムが、頭を取り外した。鋼鉄の体からジネッゴの顔がのぞいた。そう、鎧職人の。

「八歳のドゥエマーはゴーレムを作れる」と、ジネッゴは言った。「だが、ゴーレムになりきれるのは真に偉大なる戦士と鎧職人だけだ」

ドゥエマー太古の物語 第8部Ancient Scrolls of the Dwemer VIII

スノーエルフと変幻のレンズ

マロバー・サル 著

音色の建築家ムズルションドは、インナー・ドゥアサンドで見つけた巨大な憎しみの晶石を20年かけて調律して、ニルンピスのエッセンスを抽出するために、春分点と秋分点の歳差と同期させようとしてきた。だが晶石の振動の親和性が彼には理解できなかった。そこで彼はある日、減衰器を投げ捨て、チャル茶を飲もうと工房を出て台所に行った。

台所の入口に近寄ったとき、彼はシューシューという音楽を聞いたが、彼が入口の敷居をまたぐと突然、その音楽は止んだ。彼の家事手伝い、スノーエルフのメイドのリリャレルがスチームグリルの影から手を引っ込めて、気まずそうな顔で見上げていた。

「音楽が聞こえたぞ、リリャレル」ムズルションドは言った。「その温熱器の陰に何を置いた?」

「何もございません、ドワーフの旦那様」メイドは答えた。「ひまつぶしに集めたものだけです」

「なんだと?また私の用具室に入ったのか?そこから持ち出したものを見せなさい」

しぶしぶとスノーエルフはスチームグリルの陰に近づき、こぶし大の金色の金属でできた物体を引っ張り出した。そのへりの覆いについた水晶の取手が輝いていた。ムズルションドが手を伸ばして広げると、リリャレルは注意深くその物体を彼の手のひらに乗せた。「落とさないでください」彼女は言った。「調整が狂ってしまいます」

「そうか、そうか」技術者は言った。「ならばお前は自分で音色の変幻のレンズの原型を作ったのだな。これが私の聞いた音楽を奏でていたのか?」

「その通りです、ドワーフの旦那様」メイドは床を見つめながら言った。「間違ったことをしていないといいのですが」

「この装置がどうした?この音楽を再生する安物の宝石には何の危険もない。増幅器からブトゥン波が漏れない限りは。だがそんなはずはない。静電コンデンサに干渉しているのかも知れない」

「ああ、ご心配にはおよびません。アルコイド遮蔽を使いました——ちょっとですけれど!」彼女は不安げに言った。「でも旦那様、これは音楽再生機ではありません。これは私の心の旋律と同調するのです」

「精神的な観念サイクルと変幻のレンズを同期させる方法など誰も知らない。そんなことは今まで誰もやっていない」

「それについては何も存じ上げません、ドワーフの旦那様」リリャレルは神経質そうに手をねじり合わせながら言った。「私はただ、デュウム放射体を反転させてデミ・エクター波を中和しただけです。それがうまく動いただけです。元に戻しましょうか?」

「女よ、そのままにしておくんだ」技術者はそう言って手を持ち上げて光る装置をさらに入念に見つめた。「デュウム放射体の反転がデミ・エクターを中和するだと?そうか…そうか、どうして動くのかわかるぞ。これは憎しみの晶石を調律してニルンピスのエッセンスを取り出すのに、まさに必要なものかも知れない!」

ムズルションドが興奮して変幻のレンズを工房に持ち帰ろうと向きを変えたとき、エルフのメイドは支柱を両手で抱え上げ、彼の後頭部を殴りつけた。音色の建築家は地面に倒れて死に、リリャレルは自分の輝く装置を拾い上げた。「大嫌いだった」彼女は悪態をついた。「いつもドゥエマー油みたいな臭いをさせて」

それから彼女は通気管の真ちゅう製のよろい窓を開け、這って中に入り、ドワーフの町の中心を抜けて下りて行った。「下りていけばアンダーマーに合流して、戻って来ないで済むようになるかしら」そう言いながら彼女は変幻のレンズのスイッチを入れた。するとそれは突然、彼女の心の旋律と同調し始めたのだった。

ドゥエマー太古の物語 第10部Ancient Scrolls of the Dwemer X

持参金

マロバー・サル 著

イナレイはグナルで最も裕福な地主であった。彼は、娘のゲネフラと結婚する男のために、長年にわたって莫大な額の持参金を蓄えてきた。彼女が結婚を承諾できる年齢に達すると、彼はゴールドをしまい込み、娘を結婚させると公表した。彼女は顔立ちがよく、学者であり、運動も万能ではあったが、気難しく考え込んでいる印象を与える容貌であった。花婿候補として名乗りをあげてくる男たちはこの性格上の欠点を気にしていなかったし、同様に彼女の特性にも関心がなかった。男たちは皆、ゲネフラの夫、そしてイナレイの娘婿として莫大な富が手に入ることを知っていた。それだけで、何百もの男たちがゲネフラのもとへ求愛に訪れるに十分であった。

「我が娘と結婚する男は…」と、イナレイは参列者たちに言い放った。「金銭欲から結婚を希望してはならぬ。私が満足する自らの富を示さなければならぬ」

その簡単な表明によって、彼らのわずかな財産では地主を感心させられないと分かっていた男たちの大多数は離れていった。それでも以後数日間、数十名は良質なキラーク布と銀糸で仕立てた衣服をまとい、異国の召使たちを引き連れ、素晴らしい乗り物に乗って現れた。訪れた男たちでイナレイに認められたものの中でも、ウェリン・ナリリックの服装はひと際輝いていた。誰も聞いたことがないこの若い男は、ドラゴンの群れに引かせる眩い黒檀の乗り物に乗り、非常に珍しい仕立ての衣服を身にまとい、グナルの誰も今までに見たことがないような幻想的な召使の行列に付き添われて到着した。従者の目は前後左右に着いていて、召使たちはまるで宝石を散りばめたかのような外観であった。

それでも、イナレイにとって十分ではなかった。

「我が娘と結婚する男には、自分が知的であることを証明してもらう。私の義理の息子、そして一緒に仕事をする上で、無知な男はほしくない」と、彼は宣言した。

この宣告で、贅沢な生活の中でほとんど物事を考える必要が無かった大多数の求婚者が失格となった。それでも、それからの数日間、才覚と教養を披露したり、過去の偉大な賢者の言葉を引用したり、基本原理や錬金術に関する持論を披露する男達が数人訪れた。ウェリン・ナリリックも同様に、彼がグナルの郊外に借りた別荘で食事をともにするようイナレイにお願いした。そこで地主は、数多くの筆記者がアルドメリ語の小冊子を翻訳する姿を目にし、その若者の、少々的外れではあるが興味をそそる知性を楽しんだ。

イナレイはウェリン・ナリリックに十分感心していたが、それでもなお、別の課題を出した。

「私は娘を深く愛している」と、イナレイは言った。「また、娘が結婚する男にも彼女を幸せにしてほしい。もし彼女を笑わせることができる男がこの中に居るならば、娘と莫大な持参金を与えよう」

それからの数日間、求婚者たちは列をなし、彼女に歌を捧げたり、深い愛情を示したり、彼女の美しさをこれ以上ない詩的な言い回しで表現した。ゲネフラは憂うつさと嫌悪で彼らを睨むばかりであった。彼女の側に居たイナレイは、とうとう失望し始めた。求婚者たちは皆、この課題を果たせずにいるのだ。そこでやっと、ウェリン・ナリリックが部屋に入ってきた。

「私があなたの娘を笑わせましょう」と、彼は言った。「思い切って言いますが、私と彼女の結婚を認めていただいた後に、彼女を笑わせます。もし、婚約から1時間経っても彼女に喜んでいただけなかったら、結婚は破棄していただいて結構です」

イナレイは娘のほうを向いてみた。笑ってはいなかったが、目の中に、彼女がこの若者に対して陰湿な興味を持った色が伺えた。他の求婚者たちはそんな反応すら彼女から得られなかったので、彼は同意した。

「当然のことながら、持参金は結婚してからでなければ支払われない」と、イナレイは言った。「婚約だけでは不十分だ」

「持参金を見せていただけますか?」と、ウェリンは頼んだ。

この宝がどれだけ有名で、恐らくこの若者が実際に手にすることはないだろうと考えたイナレイは了承した。彼はかなりウェリンのことが気に入っていた。イナレイの命令で、ウェリン、イナレイ、不機嫌そうなゲネフラ、そして城代の一行は、グナルの砦奥深くへと進んだ。最初の扉を開錠するにはルーン文字を連続で押さなければならなかった。もし一つでも押す文字を間違えたならば、毒矢の一斉射撃が盗賊を見舞ったであろう。イナレイは次の警備策を特に誇りに思っているようだ‐‐錠は18本の回転式の刃で構成され、3本の鍵を同時に回すことで入室が許される。刃は、一つだけの鍵穴を破ろうとする者を切り刻むように作られている。ようやく一行は保管室に辿りついた。

完全にカラだった。

「ああ、ロルカーンよ、強盗に入られた!」イナレイは悲痛に言った。「しかし、どうやって?誰がこんなことをできたのだ?」

「恐れながら申し上げますが、かなりの才能がある強盗のようです」と、ウェリンが言った。「長年にわたってあなたの娘を遠くから愛し続けた男でしたが、人を感心させるような富も教養もありませんでした。でもそれは、彼女の持参金が私にその機会を与えてくれるまでの話です」

「貴様が?」と、とても信じられないイナレイは叫んだ。その時、さらに信じ難いことが起きた。

ゲネフラが笑い始めたのだ。彼女は、このような盗賊と出会えるなどとは夢にも思っていなかった。彼女は、激怒している父の目前で、ウェリンの両腕の中に飛び込んで行った。しばし時がたち、イナレイも同様に笑い始めた。

ゲネフラとウェリンは1ヶ月もしないうちに結婚した。彼は実際貧乏であったし教養も無いに等しかったが、この義理の息子と一緒に仕事を始めてからの富の増えかたにイナレイは驚きを隠せなかった。ただし、その過剰な金の出どころに関しては絶対に聞かないようにした。

ドゥエマー太古の物語 第11部Ancient Scrolls of the Dwemer XI

アズラと箱

マロバー・サル 著

ニチェルバーは若いころは冒険心にあふれていたが、やがてとても賢い老ドゥエマーとなり、真理の探究や俗説の見直しに生涯をささげた。彼は実にいろいろな定理や論理的構造を打ち出しその名を世間にとどろかせていった。しかし彼にとって世界の多くはいまだなお不思議なものに満ち、とりわけエドラとデイドラの本質は謎そのものであった。探求の結果、神々の多くは人やエルフによる作り事であるという結論に達した。

しかしながら、ニチェルバーにとって神の力の限界以上の疑問はなかった。偉大なる存在がこの世全体の支配者なのであろうか?もしくは謙虚な生き物たちが自ら己の運命を切り開く力を持っているのだろうか?ニチェルバーは自分の死期が近いと予感し、最後にこの疑問に挑まなければならないと感じた。

彼の知人でアシーニックというチャイマーの司祭がいた。司祭がベタラグ=ズーラムを訪れた際に、ニチェルバーは彼に神の力の本質の探究に挑むつもりであることを話した。アシーニックは恐れおののき、そのような謎に手を出さないよう説得したが、ニチェルバーの決心は固かった。司祭は神への冒涜になあることを恐れたが、最後は愛する友のため手伝うことに同意した。

アシーニックはアズラを召喚した。司祭が彼女の力への信仰を誓ういつもの儀式を行い、アズラが司祭には危害を加えないことを約束すると、ニチェルバーと彼の多くの教え子たちは召喚の間へと大きな箱を運び入れた。

「この地に降り立つアズラよ、あなたは黄昏と暁の神であり、神秘の支配者である」とニチェルバーは語りかけ、できるだけ従順な態度に見えるようにした。「あなたの知識は絶大です」

「そのとおり」とデイドラは微笑んだ。

「たとえば、この箱の中には何が入っているのかお分かりでしょうね」とニチェルバーは言った。

アズラはアシーニックの方に向き直った。険しい顔だった。司祭は急いで、「神よ。このドゥエマーはとても賢く、尊敬された人物です。どうか私を信じてください。これは貴方様のお力を試すためではございません。しかし、この科学者と疑い深い連中の念をはらすため貴方様のお力をどうかお見せください。何度私のほうから説明しても、彼はその目で確かめたいという信念を持っているのです」と釈明した。

「もしこのドゥエマーたちが持ち込んだやり方で私の力を示すのであれば、その力はこれまで行ってきたことよりも印象的な業となるであろう」とアズラは怒鳴り、そしてニチェルバーの目を真っ直ぐに見た。「箱の中には赤い花が1本入っている」

ニチェルバーは表情を変えず、箱を開けて中身を見せた。箱の中身は空だった。

教え子たちはいっせいにアズラの方を向くと、彼女は姿を消していた。唯一アシーニックだけが彼女が消え去る前に「神の業」を見た。彼はただ何もしゃべることが出来ず、震えているだけであった。彼は呪いがふりかかった、と確信した。しかし先ほど証明された神の力についての考えの方が呪わしかった。ニチェルバーは青ざめ、足元もおぼつかなかったが、彼の顔は恐れではなく喜びで輝いていた。疑問に過ぎなかった真実の証拠を見つけた、という笑顔だ。

教え子の2人は彼を支え、もう2人は司祭を支え、召喚の間から出て行った。

「私は長い年月をかけて研究してきた。数え切れないほどの実験をこなし、独学で何ヶ国語も学んだ。最終的な真実を私に教えてくれた技術でさえ、ただ食べていくためだけに努力する貧しい若者だった頃に身に着けたやり方だ」と賢者は言った。

ベッドに上がる階段に連れて来られた時、彼のゆったりとしたローブのたもとから1枚の赤い花びらが落ちた。ニチェルバーはその夜、息を引き取った、彼の死に顔は知りえたことに満足して穏やかなものだった。

ドワーフのオートマトンDwarven Automatons

ノルドのエルバン 著

ドワーフが絶滅してから長いが、それでよかったのかもしれない。大きめな子供くらいの男女みんなに髭がある光景は、見るに堪えない。しかしドワーフがどんな怒りを神から受けてすべての文明を崩壊させられたのか、目撃すれば畏敬を感じるに違いない。

彼らの文明の名残が山の中に埋まっており、世界中の学者や盗賊が過去の骨をきれいにし、掘り起こされるのを待つ古い知識や発見を待つ財宝をかき集めるため、ドワーフの街の白骨遺体に飛びかかった。だがドワーフの遺跡は戦わずに財宝を渡すことはなく、多くの者が呪われた広間で倒れた。

私が子供だった頃、親類がいかにドワーフが機械を作ることに優れていたかを教えてくれた。我々の時代の前、ドワーフは大地の力を利用し、金属と魔法の古代建造物に命を吹き込むという機械の才能を生かして、火とハンマーを扱い鋼と銅の形に整えたと言う。歯車を磨いたり蒸気を放出する単調な音が絶え間なく続く暗い広間や部屋の真ん中で、ドワーフの聖域に来る自称略奪者を混乱、または倒すために待ち伏せしている。絶滅した他種族文化の最期の痕跡である恐ろしい番兵のように。

私はムズルトの湿った闇を降りた。蒸気がゆっくり漏れ、金属がきしみ古い歯車が無人の街に動力を送る音は、ほとんどの人間を緊張させる。闇の中で何かが動き、視界の外の床を素早く横切るのを聞いた。そしてここまで来られなかった略奪者や学者の遺体を踏みつけたとき、それが広間をさまようネズミではないと分かった。

小さな機械のクモが素早い動作で攻撃してきた。機械は壁から現れ球体から広がり、歯車の上に転がる足、腕はクロスボウの仕掛けに変化した。この機械が人を殺すためだけに作られたことに驚かずにはいられなかった。剣と盾が私の力であり、こんなものに止められる訳にはいかなかった。より巨大な物がこの深さを歩くのを、確かにこの部屋で何かが動くのを、そしてものすごい重みを反響させたのを聞いたからだ。近づいてくると、巨大なピストンのように足が大地を踏みつけ、闇から浮かび上がると、両手に斧とハンマーを持ち、成人男性の5倍ほど高く、銅で作られたモンスターがはっきり見えた。スチーム・センチュリオンだ。物語は正しかった。これは最高のドワーフの財宝を守るガーディアンだった。

我々は戦った。死者を起こすのに十分なくらい激しい戦いだったが、ドワーフは確実に絶滅しているようだ。そいつはハンマーと斧、そして人外の力と素晴らしい不屈の精神をもって襲ってきた。目的は倒すことだけだ。周囲の石を破壊する無駄な攻撃を避け、剣で突いたり切ったりして、広間を暴力で震わせながらできることをすべてやった。機械に負けるのはお断りだ。

普通の人間ならとっくに死んでいたが、死んだ機械の抜けがらの上に立つと、蒸気が最後の呼吸のように逃げた。ドワーフのアーティファクトを持っていくこともできたが、他の者のために残した。死者の宝で呪われた旅にしたくはない。恐らく無数の人がそこで間違えるのだろう。

大地を渡って旅を続ける。エルバンはいつか価値ある挑戦に出会うだろう。私はまだ震えるほどのものを見ていないのだから。

ダンジョンの伝承

Dungeon Lore

アークス・コリニウム:蒔種の月の報告書Arx Corinium — First Seed Report

士官の記録:百人隊長ポンティウス

沼の中に砦を建設するのは容易なことではないが、私と部下たちはアークス・コリニウムでこれを達成した。休息なき戦いの日々だった。昆虫が媒介する病気と、湿地帯の野生生物との戦いだ。だが帝国はこの地区に足がかりを求めていた。我々はそれを提供したのだ。

残念ながらこれを書いている時点で、我々はマリアヌス連隊長の命令で武器と防具をまとめ、我々の築き上げたものを置いて立ち去る準備をしている。連隊長はアークス・コリニウムを維持するために毎月半ダースの兵士たちを失い続けていることを「戦争努力にとって有害」と表現している。私はこれに賛成だ。それに私が1年半前に我々がここに到着した時点で、この結果を予測していたことをはっきりさせておきたい。私は繰り返し言ったのだが、連隊長は計画を進めよとの命令を下したのだ。これは苦情ではなく、事実の表明である。

建設は多くの困難に妨げられた。沼地はことあるごとに進捗を妨げ、我々が建てた当初の土台は1ヶ月で沈んでしまうことが明らかになった。より北の方へ場所を移した時、我々は獰猛なワマスに出くわし、私はそいつを敷地から追い払うのに10人の部下を失った。複数回の遭遇を繰り返した後、我々のウォーウィザードであるベリサロはそいつに暴風のガナクトンという名を付けた。この獣がその体中の穴という穴から電撃を放出するのを見たからである(「ガナクトン」とはオークの血を持つと噂される、嫌われ者の叔母のあだ名である)。

濃厚な湿気はもう一つの敵であり、建設を始めた最初の数ヶ月の間、我々のプレートアーマーは汗が詰まった鋼鉄の樽へと変わってしまった。規則には反するが、私は兵士たちに夏の間、布鎧という贅沢を与えてやった。そうしなければ熱中症で死ぬしかなかっただろう。もし攻撃を受けていたら不利な状況に陥っただろうが、アークス・コリニウムにまで進軍して来るような敵は何者であれ、我々のところまでたどり着く頃には半死半生になっているだろう。いずれにせよ、そのようなことは一度も起きなかった。

それでも、戦いは我々を見逃してくれなかった。この沼にいる獣はどれも、その大小は関係なく、歩く死の罠である。ある日は大人の頭ほどもある大きさの昆虫を剣で突き刺して戦い、また別の日は我々の魔術師たちが、暴風のガナクトンをはじめとする、砦を襲い続ける連中の対処に苦心した。こいつは東の壁を何度も破壊しており、奴の頭蓋骨を私のマントに乗せるチャンスを得られなかったのが残念である。しかし、我々はついにここを去ることができるのだから、喜んでガナクトンを生かしておいてやろう。

この1年半を振り返ってみて、アークス・コリニウムを建設するために要した人的および物的資源を考えると、それだけの価値があったとは思えない。繰り返すが、これは不平の表明ではない。自分が受けた命令に関して、私は自分の上司に何のわだかまりも持っていない。しかし、私がこの計画に先んじて複数回の警告をしていたこと、そしてアークス・コリニウムの建設が帝国にとって破滅的な冒険となりうると私が考える理由を詳述した、私の直接の上司マリアヌス連隊長への手紙の写しを集めてあることを述べておきたい。

これは私自身であれ、私の部下たちであれ、マリアヌス連隊長であれ、誰かの失敗を宣告するものではないということを明確にしておきたい。私は決定がヒラリオ護民官の責任であることを完全に理解しており、上述の手紙を読むよう、私は彼に勧めたい。私はすでに知らせを送り、すべての士官が帝都の軍の公文書館で手紙を読めるようにしておいた。

ウェイレストの下水溝:略歴Wayrest Sewers: A Short History

第1巻

ヒレール・ベニケ 著

ウェイレストの街が常に景気がいいのは、多くは商人達によるものである。豊富な資金によって街は驚異的な発展を遂げ、ウェイレストは「湾の宝石」とあだ名されるまでになった。つまり、市民の富裕層が資金を出したのである。街の建設のための輝く石や、警察機関の者が着るきらびやかな鎧。最も重要なのは、ウェイレスト下水道である。

街の建設当時までさかのぼった報告によれば、ウェイレスト下水道が完成する前、街は宝石は宝石でも肥やしと泥に埋もれた宝石だった。第一紀801年に、インペリアルの船乗りだったシルヴィア・カトーが書いている。「ビョルサエ川はごみと鼻をつく臭いと病気の水路で、イリアック湾もビョルサエ川が流れ込む場所で同じようにひどく不快なところになっている。これがいまいましいブレトンの街なのだ」

今日、ビョルサエ川はウェイレスト自体と同様に素晴らしく輝いている。これは何もかも下水道のおかげだ。下水道は昔のドゥエマーによって作られたどんなものにも匹敵しうる建築工学のたまものである。今日に至るまで建設を続けていられるように、そして地上と同じようにたやすく地下でも街の中を移動できるように、下水道のモジュールが設計されている。下水道は街と同様、常に拡張されているのだ。しかし規模の点でシステム全体の欠点が1つある。下水道が大規模になったために、ウェイレストの警察機関がすべてをパトロールすることは難しく、それゆえに犯罪が湾の宝石にやって来るということだ。街そのものと同様、スクゥーマの取引や死霊術といったこうした違法行為のほとんどをする余裕があるのは金持ちに限られる(スクゥーマはタムリエルの広範囲で禁止されている麻薬、死霊術は死人を蘇らせる魔法の術で、こちらも多くの地域で禁止されている)。

第2巻には下水道敷設に際して最も多くの寄付をした貴族の家名の一覧が掲載されている。オルシニウム陥落の直前に下水道を思いついた元々の設計者の名は残っていないが、第3巻には第一紀末からこれまで下水道の拡張と発展のために働いてきた職人と技術者の一覧表が掲載されている。

ヴォレンドラングとは何かWhat is Volendrung?

グロワー 著

ヴォレンドラングは歴史上最も悪名高い神話世界のアーティファクトだ。これまで記述されたどの説明についても、それぞれの説明が同じものを指しているのかどうかも含めて学者たちの見解は一致していないが、それはデイドラと同様ドゥエマーとも文化的な結びつきがある。

研究者達はヴォレンドラングと呼ばれるあるアーティファクトがローケン・クランによって造られたドゥエマーの遺物だと考えている。それは首領の武器であったし、同時に家紋として戦場に持ち込まれたものであり、ローケンがチャイマーとドゥエマーの第一公会議への参加を拒否したのをきっかけに有名になった。残りのドゥエマーが彼らを些細なことで見捨て、ローケンは彼らとともに留まることが不倶戴天の敵であるチャイマーとの同盟を意味するようになると、彼らの元を去ることにした。

そしてローケンの首領はヴォレンドラングを空に投げ上げ、それが地に落ちた場所がどこであろうとそこを故郷とすると誓った。こうしてヴォレンドラングは放浪の身となったローケン・クランの導きの光としての役割を果たすことになった。投げ上げられた槌は、獣のような咆哮を上げて空を横切っていった。昼間は2つ目の太陽のように、夜は月々の姿を映して、ローケンを大陸の反対側へと導いた。そこで彼らは伝説の街ヴォレンフェルを発見したと言われている。その街は実在したとしても、未だに発見されてはいない。

しかしいかにして、正体不明のローケンの首領がそのような途方もない投擲をやってのけたのか?ドゥエマー軍は戦争の遂行力と機械の歩兵で知られていた。ドゥエマーが武器一つを大陸横断するほどの距離まで投げる能力があったのだとすれば、なぜ彼らは戦争でそのような長距離攻撃を行わなかったのか?現代のアークメイジであったとしても、物体をそのように長い距離で飛ばす魔法を発明するのは困難であっただろう。ヴォレンドラングが実は飛行エンジンで、失われたドゥエマーの機械技術の力によるものだったというのでなければ、一連の物語はボズマーの話のように思われる。

この説の提唱者に限らず、ドゥエマーのヴォレンドラングの飛行はさまよえるローケン・クランを単に詩的な想像力で表現したものだと信じる懐疑論者はいる。

ヴォレンドラングと呼ばれる2つ目の槌は、記録ではドゥエマー説とほぼ同じくらいに古くから存在しているが、今度はデイドラ公マラキャスが所有するデイドラのアーティファクトである。マラキャスの遺物はドゥエマーの槌と同じ名前で、そのため多くの人々は同じ伝説上の武器であると考えている。しかしなぜ、呪いの神が敵の手で造られたものと関りをもつというのだろうか?ドゥエマーの作品の模造品を作るため?ドゥエマーが大事にしていたものを奪って彼らに対抗する道具として使うため?むしろ破壊工作的で間接的な、マラキャスの歴史に伝えられてきた率直な精神性には似合わない行為だ。

アンガリンの「デイドラの武器」はこの槌の魔法的性質について推測している。この文章はいくつかの魔術師ギルドの論文を引用した上で、この槌が使用者に力を与え、打撃を加えた敵の強さを失わせると主張する。マラキャスの意図によく合致した性質である。疑問点は、それを名づけたのが定命の者だったのか、それともマラキャス自身だったのか、そしてローケンのクランが数世紀後に同じ槌を使用したのかどうかだ。

ヴォレンドラングとは何か。タムリエルには知りえぬ謎かもしれない。

クワマー卵料理の本The Art of Kwama Egg Cooking

はじめに

ベラミ・レヴァルソー 著

クワマーの卵はいつもダンマーのごちそうでした。とはいえ、帝国の台所でも活用されていると聞いたことがあります。(あのような手合いがクワマーの卵でどんな不気味な料理を作るのか、知りようもありません。チキンに詰めるとか?ゆでてパンに乗せるとか?彼らは尊大な人々なので、尊大な料理を作るのでしょう)

クワマーの卵をそれなりにうまく料理するとは、ぴりっとした酸味とねばねばした食感を使いこなすということです。この意味でクワマーの卵はスクリブのゼリーと同じで、若いシェフの多くが(年配の人に教えてもらえばよかったのに教えてもらわなかったダンマーのシェフさえも)卵を他の材料の背後に隠そうとして、不快感に気づかせまいとごまかそうとしています。シェフは自分の料理でクワマーの卵を甘くしたり、苦味を加えたりして謝罪してはなりません。適切な作り方をすれば、クワマーの卵の素材の持ち味に助けられて、グルメな教養人が刺激的な栄光のうちに料理を受け入れてくれることでしょう。

ではどのような準備がひつようでしょうか?ダンマーだけが知っています。ダンマーだけが自身をクワマーの卵料理の達人と呼ぶ必要がある経験をするからです。つまり、クワマーを最初にてなずけたのは私達なのです。

私はといいますと、この技術に没頭して人生の大部分を過ごしてきました。農民にも貧民にも、大師範にも首領にも、クワマーの卵料理をお出しして、どなたにも喜ばれました。親愛なる読者のみなさん、この本には私の職歴すべてから得た知識が詰まっています。クワマーの卵の繊細ながらも素晴らしく際立った種々の料理法を本当に究めるには一生かかるものですが、私はここにそのすべてを紹介しました。少なくとも価値のあるものすべてを。レシピ通り正確に作ってください。魔術師が魔法を唱える時、客間にデイドラを呼び寄せてしまわぬよう即興の呪文を控えるべきであるように、クワマーの卵の料理人は私がここで引いた道、長年の試行錯誤から苦心の末編み出した方法を外れてさまよってはいけません。

私を信じてください。うまくいけばわかります。

ああ、それから、ムーンシュガーは脇に置いておいてくださいね。卵が台無しになります。

ここに来た者へTo All Who Pass Through

私はドゥゼイル。オブリビオンの職人である。そしてこれらは我が狂気の地下室である。刮目せよ。そして怯えよ。

これらは我が敵どもを閉じ込めるために設計された。私に苦痛を与えるためだけに生きていた悪党どもである。あの邪悪な連中は何年もの間私を嘲り、せかし、挑発した挙句、最後にウェイレストの貴族たちを私に手向かわせた。連中は西方における卓越した建築家としての私のキャリアを台無しにしてしまった。

こうしたことに対する怒りのために、私はデイドラを探し求めた。デイドラはやって来て私の才能を活かせる契約を提示した。彼らは私を苦しめていた者たちを捕まえ、ここに投獄する。その見返りとして、私は彼らのために建築を行う。私は喜んで引き受けた。

ウェイレストでは、私は法の執行のための逃亡不可能な牢獄や、庭園区画の貴族たちのためのオパールの城を設計した。私の仕事は芸術的追求と建築学的機能性との融合として歓迎された。しかし私がオブリビオンの次元のために作り上げたものはそれよりも遥かに上である。陰謀を練るコールドハーバーの王のための黒い尖塔は、彼の偉大さに対する記念碑であると同時に、拷問の器具でもある。デッドランドのカミソリ穴は決して鈍ることがなく、破壊の公のために肉、骨、そして霊的エキスも切り裂くことができる——最も強力な治癒師にも治せないような仕方で。

とはいえ、こうした作品のすべて——モラグ・バルの身ごもる胞子の塔から火花を放つウェイレストのペリンゲール邸まで——は、この地下室に比べれば子供のおもちゃでしかない。これらは我がデイドラの三日月であり、我がアカヴィリの戦刀であり、我が技術の結集、私の最高傑作である。

それにこれらは時とともにさらに特別なものに成長する。かつては私の定命の生を台無しにした3人のイカサマ師のための永遠の苦悶の場所だったものが、今ではタムリエルのあらゆる種類の魂のための拷問の中枢になったのである。私がこれらの地下室に注いだ労力はあまりに優れたものなので、デイドラ公でさえ私に魂を送って監視させてくれているほどである。

そして親愛なる来客のあなた——ここであなたが経験する痛みは生涯を尽くした改良と反復の賜物だということを知るがよい。ありがたく受け入れ、のたうち回り、そして恐れるのだ。

テンペスト島のブリーフィングTempest Island Briefing

オルドゥロウよ、お前は命令を受けた。そしてお前はいつも通りきちんとそれをこなした。しかしこの任務に関して、俺はもう一度謝っておきたい。キャノンリーブがテンペスト島の駐屯地のための俺の計画を崩壊させなければ、これは不要なはずの任務だった。俺は島の防衛のため白鳥型の船の艦隊を派遣するようにとの請願書を書いた。ピャンドニアからの長射程船の艦隊を寄せつけないために十分な戦力だ。要請は却下された。

「マオマーはパクトとカバナントの後で相手をすればよい」と連中は言った。資源不足を理由に、俺の「根拠のない懸念」のために注げる戦力はないと。だから俺は何人かの知り合いに昔の戦いでの貸しを思い出させて、やっと数隻の偵察船を送れた。

最初の週に、異常な気象現象が報告された。沿岸から来たと思ったら去っていく、素早い雷雲だ。2週目になると嵐は強くなり、容赦のない荒天に紛れて戦艦の艦隊がやって来た。キチン製の船体に乳白色の帆、甲板は稲妻の杖と剣の火花で照らされていた——俺たちが記憶している通りの、マオマーの戦争用装備だ。俺の斥候たちは奴らの勢力は小さいと判断した。全面的侵略のための艦隊ではなかったんだ。だが奴らが攻撃の決定を下せば、マラバル・トールの沿岸は完全にやつらの手に落ちてしまうだろう。

キャノンリーブたちが一瞬でも地図から目を離してオークや人間の動きを追うのをやめてくれれば、恐るべき脅威が彼らの鼻の下まで膨れ上がってきているのに気づいただろう。俺の斥候たちは毎週、マオマーが力を増していることを報告している。数日ごとに船が数隻、何らかの気象魔法に隠れて現れるんだ。数ヶ月遅かったと、今ではキャノンリーブたちも俺に賛成している。

お前とお前の兵士たちに多くを頼みすぎていることは重々承知してる。だがオルドゥロウ。お前が奴らを止めなければ、ドミニオンはこの戦争でさらにもう1つ戦線を増やすことになる。デイドラよりも、エボンハート・パクトよりも、ダガーフォール・カバナントよりも強く、マオマーはアルトマーの死を望んでいる。奴らはずっとそうだったんだ。

奴らに慈悲をかけるなよ。

結びつけの石The Binding Stone

番人の手引き 第2巻 結びつけの石

訂正担当キャノンリーブの執務室より

アルトマーの文献には様々な罠の魔法が言及されている。そういった魔法の中には、第一紀初期の「アニネーレの塔」のように、標的の周囲に物理的なフィールドを創り出すものもある。この類の魔法は魔法の石壁や内向きの結界のようなもので、それなりの力をもって打ち砕かなければ破ることができない。その効果の強さは魔法によって様々だが、一般的には素人を閉じ込めておくには効果的で、れんがやしっくいよりも頑丈で壊れにくい。

もちろん、壁では閉じ込めておけない魔法か何かの生物を閉じ込める方法を、魔術師が模索することもある。ガス体のワイルドハントやネザーリッチ、種々の亡霊や幽霊はみな、物理的な障壁をすり抜けられる。こういったものは、完全に通さない壁を作り出し、同時に閉じ込めておくもののマジカを吸収もしくは取り除くような魔法を使って捕獲しなければならない。このような魔法は効果が失われないように常に詠唱し直さなければならず、魔法の使い手がマジカを多く消費するのが常である。

結びつけの石は、まだだったとしてもすぐに番人の長が教えてくれるだろうが、こういった呪文を組み合わせたものとして役に立つ。形があって小さく、それゆえに持ち運ぶことができるが、自分よりも強力であってもマジカを使うすべての生物を捕らえておくことができる。捕らえた者を逃すことが、自分個人にもオーリドンやタムリエル全体にとっても、どのような意味を持つか理解していることと思う。結びつけの石の状態は捕らえた者の状態よりも重要だ。まさに番人の命そのものが、この石を適切に保ち続けられるかどうかにかかっているのである。

捕らえた者について。その者に話しかけてはならない。そうすることで特段の危険があるわけではないが、そうした交流はどんなものであれ実りのないものだ。自分自身を監視せよ、互いを監視せよ、自らの義務を果たせ。さすればその名は、かの者の脅威からオーリドンを守ることに注力した者として永遠に残るであろう。

黒檀の刀剣に関する記述With Regards to the Ebony Blade

以下は収集したモラグ・トングの覚書の全文で、デイドラのアーティファクトである黒檀の刀剣についての推測が記されている。

まず始める前に、序文を述べさせてもらおう。デイドラ公メファーラと彼女の信奉者は、他の何よりも神秘を高く評価している。このことは時が経てばわかるだろう。ハルメアス・モラにとって知識は力であるが、メファーラは選び抜かれたほんの一部にしか関心を持たない。知識は隠されており、非公開である。

メファーラにまつわる種々のデイドラのアーティファクトにも、この傾向がある。中でも重要なのは、黒檀の刀剣であるが、これについてはほとんど知られていない。トングの記録自体も金属の中に秘められた価値に関して意見が食い違っている。だが私は知っていることを伝えようと思う。その代わりに、お前にはギルドのための最初の任務を完遂してもらいたい。黄金の花にふさわしい作戦拠点を見つけてくれることを願う。お前の部屋は私の部屋の中でもお気に入りだ。温かく、乾燥している。

その1:初めてモラグ・トングがその剣に注目した(少なくともここ10年)のは、我らの仲間オルンドラスが別の仲間、リヴィスから奪って手に入れた時だった。リヴィスは何年も、仲間のモラグ・トングから隠れて、隠れ家に剣をしまっていた。オルンドラスはどうやってリヴィスを見つけたのか?彼はその秘密を墓まで持っていくだろうが、彼の上官のささやきによれば、ウェブスピナー本人が彼に告げたのだという。トングもその剣がメファーラとどのような関連があるのかを知らない。彼女の姿の延長なのか、彼女の本質がその剣に結び付いているのか。だがこの剣は彼女にとって重要だ。ということは、我々にとっても重要なのだ。

その2:リヴィスは野心的な魔術師で、トング有数の強さを誇っていた。そして彼はオルンドラスが自分の隠れ家から黒檀の刀剣を持ち出すのを許しはしなかった。2人の間で争いが起き、オルンドラスがその剣を使って初めて血を流し、殺し損なった時、彼はリヴィスが炎の魔法で自分を圧倒してこなかったことに驚いた。その剣が魔術師を沈黙させたか、マジカの流れを阻害したか、単にマジカを吸収した可能性がある。

その3:リヴィスは戦いの感覚が鋭敏で、オルンドラスよりも技に長けていた。だがオルンドラスは黒檀の刀剣を振るっていた。戦いが続いている間に、彼が受けた傷はひとりでに塞がった。あたかもオルンドラスが傷を受けていなかったかのようだった。恐らく黒檀の刀剣の回復させる性質だろう。

その4:リヴィスの最期の言葉は「我々全員はいずれ吸血鬼になる」だった。オルンドラスは、彼が刀剣について言っていたのであり、リヴィスが恐怖から刀剣を隠していたのは理にかなっていたと信じていた。最も立派なモラグ・トングであっても、追い詰められればどんなことでも言うだろうと私は思っている。私はそうしてきた。

その5:オルンドラスは剣を取り戻し、詳細な報告書を上官に宛てて作成し、それから彼らの虐殺を試みた。彼は1人を除いて全員殺した。彼の行動には目に見える理由も動機もなかった。彼が最後に目撃されたのは黄金の花の3階でのことだった。

黒檀の刀剣を我らの元に取り戻してもらいたい。オルンドラスはどうなっても構わない。左目の下に傷跡のあるダンマーを探せ。

魂縛1:序章Soul-Trapping I: An Introduction

妖術師エリニョン 著

死についての長い議論が続くことをご容赦願いたい。肝心の部分、魂縛の実際のやり方には遠からず到着するだろう。最初の版の出版によって生じた倫理的論争の後では、「魂縛」の本改訂版に導入の章を一つ盛り込まなければいけないと感じたのである。

魂縛とは生物の死に際してその魂を奪い、適切な大きさの聖句箱に閉じ込める技術のことである。魔法の歴史全体を通じて、魔術師も哲学者もこの技術の道徳性について争い続けてきた。

魔術師たちの中には、いったん死んで魂を捕縛されてしまえば、生物の霊魂は前世の影に過ぎず、自分の周囲で何が起こっているかを認識することはもはやできないと主張する者もいる。ごくまれに見られる、幽体状の狩人となってタムリエルの暗闇に潜んでいる者たちも、自然の衝動に従って行動する捕食者以上のものではない。このような魔術師たちにとって、個体は一度死ねば輝きを失うということであり、生物学的な死によって何か触れることのできない元素が失われ、再びそれを得ることはできないということになる。だとすれば、魂縛は倫理に反する行いではないと彼らは主張する。それどころか、死去した者の魂をそのまま放っておくのは資源の無駄でさえある。

当然ながら、我々生者はまだ生きている以上、確実に知ることはできない。死後の世界に関する理論は無数にあるが、タムリエルで最も強力な魔術師たちでさえ、死神の手から帰還して、死の状態における知覚の程度を報告した者はいない。それゆえ、タムリエルの共同体の中には魔法に携わるかどうかを問わず、魂縛の呪文の使用を非難するものがある。第一紀の型破りなアークマグスであるエロミオンがこう尋ねたことはよく知られている。「あなたは死後の生を、私の浮遊の杖に力を供給して過ごしたいと思うだろうか?」アークマグスは生涯にわたって、一度も魂縛の呪文を使用したことがないと主張した。

この論争に一定の重みを与えているのは、そうした魂は捕縛状態においても非常定命の者らしい感情を保っているという噂である。噂が真実ならば、アルトマー王家の人々はすでに進化型の魂縛を使って、古代の上級王族を数人、死後ずっと閉じ込めてきたという(おそらくライリス家の人間であろう。あの家はその奇矯さで悪名高く、彼らの魂はその2倍も変わっているだろうから)。上級公は彼の(それの?)能力を保っており、日々見張りの者たちを挑発し、嘲ると言われている。この王族がどこにいるのか私は知らないし、知りたくもない。首を失くすのはごめんだ。だが、彼の存在それ自体が、魂にどれほどの知覚が可能かということを物語っている。ここからさらに魂縛の道徳性について仮説を立てることも可能だろう。

この主題について私は何を信じているのか?私は魂縛について10巻もの本を書いた。教育上の、理論的な、歴史的性質を持つ本である。それでいて私はこの問いに答えることができない。あなたもまた答えられないだろうというのが、私の信ずるところである。しかしあなたに答えられるのは、私が以下の巻で教えている素材が使うに値するかどうかということだ。私が頼んでいるのは、それを読んでもらいたいということに過ぎない。

子孫へTo Posterity

ハファラ 著

魔女と魔女ハンターは生来、互いに反目しあっているが、イーストマーチの魔女と我がクラン、ダイアフロストの魔女ハンターとは、とりわけ仲が悪い。彼女達の憎しみを魔女のせいにはできない。この山岳地帯でしばしば我々は衝突してきたし、我々ダイアフロストは彼女達を殺すことに非常に長けている。イーストマーチにはかつて野蛮人が横行し、風景の中に彼女達の集落が点在していた。振り向けばどこにでも、汚らしいあばら家がデイドラ公か何かを称えて建てられているのを目にしたものだった。幾世代にもわたる我が家の努力のおかげで、その数はかなり少数にまで減少した。彼女達は確かにいる。オブリビオンの企みは数え切れないが、魔女はダイアフロストの炎によって狭められた影の間を、恐れてずぶぬれになりながら動き回っている。

彼女達がはびこっていた時代、彼女達は幼い子供を拉致し、子供を殺し、死体を冒涜した。彼女達を悼むことはないだろう。最後に栄光のファンファーレと共に、彼女達をイーストマーチの地上から永遠に葬り去るのだ。

冒涜された死者への無礼となることのないように、我が世代のダイアフロストが決して忘れられない大罪を犯した悪名高い魔女のリーダー達を以下に記す。デイドラとの取引がこの魔女達に長寿を与えた。残念ながら、以下の者達を全員集めて殺す姿を、私が生きて見ることはないかも知れない。だが最後の1人が死んだ時には、彼女達の犠牲者を忘れないための記念碑を建て、彼女達の罪とダイアフロストによる死を説明してもらいたいと、子孫に対して心から願う:

フランヴァルド・フロストフィンガー。13人がメエルーンズ・デイゴンへの生贄として火あぶりにされたことが知られている。亡霊の海へ逃走し、そこでシルバーボルトが召喚された肉の精霊をフロストフィンガー自身ごと貫いたのをハンターが目撃した。死亡確認済。

ウィッテスタドルのヘンギルド。20人の犠牲者に、未確認のデイドラの主の怒りを和らげるための生贄として血を流させ、死に至らしめたことが知られている。イーストマーチ南部の山道で捕らえられ、拷問によって死んだ。死亡確認済。※※

災厄のローガー。27人の犠牲者が知られている。死因は多岐にわたるが、いずれも未確認のデイドラをなだめるために処刑された。数ヶ月にわたる捜索はうまくいかなかったが、ローガーがアデグレル・ダイアフロストの妻オドラマを挑発したことをきっかけに捕縛され、ダイアフロスト砦の階段で首をはねられた。石は夕食前に清められた。死亡確認澄。※※※

アイスリーチのドロッダ。107人の犠牲者がモラグ・バルをなだめるために凍らされ、魂を囚われたことが判明している。今なお勢力が強く、相当危険な存在である。イーストマーチの集落最古の魔女で、ただ一人、時の流れとともに力を増している。※※※※

注:

総犠牲者数と死亡の詳細について、ロガンガーによって修正。

※※レディ・ストドリルによて上記の通り修正。

※※※オゴンダルによって上記の通り修正。

※※※※現在の犠牲者数について、アゴマーによって修正。

天候戦争War Weather

これをネイディル宛に至急届けよ。古い文章の写しだが、彼女は見る必要がある。ノルドの伝説とサイジックに関する憶測は無意味だと言って申し訳なかったが、この文章には彼女が求めていた攻撃の側面についても書いてある:

天候魔法は正確な科学ではない。恐らくは制御方法が知られていないものの、予測のできない性質によるものなのだろう。

一陣の風や稲妻を出すちょっとした魔法はよくあるが、地域の気候を操作するのははるかに難しい。戦争魔術師は侵略に先駆けて敵国境地帯で起こる雹を伴う嵐の災害規模を抑え、過酷な天気の中で予期せざる行軍をするために猛吹雪を止める能力を望んできた。

そのような魔法、外国やその向こうに端を発する魔法が存在するとの説がある。

はるかスカイリムのノルドの一族が呪文に似たドラゴンの言語を操り、それによって天候をある程度支配できるようになったという伝説がある。この神話紀のドラゴン戦争間のノルドの能力に関する記述には、急な叫びによって霧や霞や雲を消す力も含まれている。ネジルの「ウィンドヘルムのドラゴン」には、大声を上げるノルドの一軍が、雷雲の下で攻撃しようとしていたドラゴンによる空からの奇襲を失敗させたと書かれている。ネジルはこう書いている。「我々は分厚い雲がうまく分かれて見えてほしいと思った。そして我々が力の言葉を唱えると、雲もそのようになった。だがそれが通過しても、太陽は隠れたままだった。その後一見してそれとわかるドラゴンの翼が青空をよふぃって広がり、ヴォフォドルの口から発せられた呪いは私の口に心からの大笑いをもたらしたのである。我々の力の言葉のおかげで戦闘をせずに済んだが、彼らは我々に、戦闘が近いと言った。我々は喜んで戦闘に参加した」マオマーはドラゴンの言語に接しはしなかったが、ノルドが達成したことが何であれ、我々の願望にかなうものであると私は信じている。

スカイリムの南西遠く、サイジック会の会員は長い間、使用者のほしいままに元素を曲げる、魔法の古き習わしを持っていると噂されてきた。我々の斥候は、アルテウムの沖合いで何年も、突然の稲妻と豪雨が小規模の吹雪に変わることを報告してきた。その事象に関する指導書が存在する可能性はある。それを古き習わしから理解可能な魔法に翻訳することは難しいが、出発点としては優れている。

アレセアの「デイドラ入門」には、デイドラ公シェオゴラスが考案した、天候操作術と呼ばれる魔法が記述されている。彼女はこう記述する。「シェオゴラスの呪文所には、彼の気分に天気を合わせるまじないが入っている。マッドハウスの王は自分が気に入った定命の者に魔法を教え、彼らが地域一帯の気候を変えられるようにしたことで知られている。この魔法は誰が唱えようが、シェオゴラスの気分次第で機能する。つまり完全にランダムな効果ということだ。彼の信者が鉄砲水を食い止めようとしたが、かわりに土砂降りの雨を降らせてしまったり、山火事を消そうとして望まなかった雷雨を起こし、火の勢いをいっそう強めてしまったりした物語がある。シェオゴラスとデイドラの契約を結ぶことは、恐らく我々が優先的に関心を持つべきことではないが、狂乱のデイドラ公から学ぶことも何かしらあろう。

上記の例からこのように言える。大規模な気候の操作は世界中で記録されており、オルグヌム王や彼に近しい人々がそうした能力を兵器に転用したとすれば、マオマー軍にとって途方もない資産となるだろう。

去る冬に私は、20人の修行者の助けを借りてこの問題の解明を始めた。完全な成功はまだだ。とはいえ、成功の入口には到達している。海の近くの開けた平原を片付けて、独自に作り出した稲妻を伴って通過する雲の動きを操作することで、雷雨を創造した。それはうまくったが、突然の嵐と予測できない雷により、グループの1人を失った(実に残念なことである)。我々の創造した嵐が力を使い果たしていなければ、我々全員が命を落としていた可能性もあった。我々は何度か試して、そのたびに嵐の持続時間を延ばしてきたし、雨の範囲を指定する方法もわかった。しかし我々の魔法の持続時間が問題となり続け、ついにはこの行為が戦闘中に役立たないことを認めざるを得なかった。

結論としては、もし魔法を高い位置で物理的に持続させる何らかの手段があれば実現する。パイプのような装置だろうか?恐らくそうした一式の装置があればマジカの消耗を続ける必要がなくなり、詠唱者が長距離を隔てて嵐を操作することが自由にできるようになるだろう。

盗賊の神の宝The Thief God’s Treasures

真実の伝播者ワファルツ 著

ラジーン、俊敏にして速さと敏捷性と狡猾さの化身は、諸国の金庫から多くの宝物を拝借した。誰の所有物であっても、彼の欲望から安全ではなかった。デイドラ公の所有物であってもだ。

ラジーンの最もよく知られた略奪品は有名なカジートの指輪だ。我が種族にちなんで名づけられたものである。それはかつては守護者の指という名であり、タムリエルに行き着いた。というのは、網の紡ぎ手自身の八番目の腕から盗まれたからである。カジートの指輪とともに、ラジーンは神のひらめきを手に入れた。それは彼を影で包み込み、その影があまりにも濃いので誰も彼を捕えることができなかった。ヴィベクの守護者も、時の流れすらも。

だがラジーンはそれだけでは終わらなかった。出て行く時に彼は影の黒い刃たるクモを殺す言葉を見かけてそれも手に入れた。奪うのがあまりにも素早かったので、ヴィベクの守護者は何がなくなったのか気づかなかった。その後の怒りは激しいものであったが、ラジーンはもはやそこにはいなかった。ラジーンは残酷でも意地悪でもない。月が気分に合う時に、彼は盗んだものを返すこともある。

網の紡ぎ手の追及の糸から逃れて、ラジーンは全ての木が倒れた地に行き着いた。唯一の通貨は知識である。その場所でラジーンはすべてを知る者から知の書を奪い、風にまぎれて消え去った。その地の王は貴重な書物を探すことをやめておらず、月がちょうどよい時には見つけることもある。時々ラジーンが返すからだ。

結局のところ、ラジーンはあまりに何度も頻繁に盗んだので、カジートの指輪が彼の盗みに飽きてしまったのだという。ラジーンが敵に囲まれた時、指輪は彼を見捨て、それが彼の破滅の元になったそうだ。この者は知っている。ラジーンは単に指輪を返したのだということを。

燃えあがる面影、第1巻Burning Vestige, Vol. I

妖術師エンディル 著

本書にはデイドラ公メエルーンズ・デイゴンに関する特権的な情報が載っている。万が一あなたが記録された歴史の黎明期からアイレイドの遺跡に住んできた場合を考えて述べておくと、デイゴンとその同類へのかかわりは、タムリエルの大部分の民から強烈に忌み嫌われている。この本やその他の巻を所持することは、あなたの隣人たちや法の執行者たちからの疑惑を招く可能性がある。多くの区画において、カミソリを統べる者の崇拝は違法であり、デイドラ公に関する交流の儀式は死刑に処される可能性がある。

デイドラ公たちの中でさえ、定命の者たちの苦痛にこれほど明確にかかわっている存在は他にいない。デイゴンが姿を現す時、その跡には必ず破壊が残される。そしてカミソリを統べる者との接触は多くの場合、召喚者の死を引き起こす。その付近にいる全員を道連れにして。突然の洪水や雷の嵐、その他タムリエル中で発生する自然災害は、メエルーンズ・デイゴンとの交流に結びつけられている。そして私が読んだ中で最も詳細な報告は、イーストマーチで起こったものである。

イーストマーチの魔女フランヴァード・フロストフィンガーは、一夜にして13人の罪なき人々をデイゴンへの生け贄に捧げ、デッドランドからスカイリムへ通じるポータルをわずかの間でも開いてくれるよう、このデイドラ公に促したと言われている。唯一の目撃者は魔女狩りのクランであるダイアフロスト家の者たちで、彼らはフランヴァードを発見し、殺すことに成功した。そのすぐ後、一家は謎の激しい襲撃を受けた。彼らのリーダーであるイロソンがただ1人生き残り、後に覚え書きを記している:

「私たちは肉の焦げる悪臭を半マイル追跡し、夕暮れに亡霊の海で(フランヴァードに)追いついた。彼女は13人の犠牲者たちの間でケラケラと笑っており、死体は集団墓地に折り重なって倒れ、クモのような文字で囲われていた。彼女を殺すのは簡単だった。銀のボルトを1発打ち込むだけのことだった。しかし成すべきことが終わった後、空気が突然沸き立ち、ひび割れるような音がした。呪文の残留を恐れ、私は部下たちを一番近くの道へ退かせ、そこから地面の雪が燃え上がり、空が火災に引き裂かれるのを見た。我々は逃げようとしたが、もう手遅れだった。空の裂け目から炎が流れ出し、私の部下30人を飲み込んだ。私は彼らを助けようとしたが、炎は消えることがなく、しかし私の肉体を焼くこともなかった。上空の燃え盛る口から声が響いた。「正者たちの中で、お前はより苦しむであろう」」

イロソンはダイアフロストのハンターたちの中でも尊敬される存在だったが、魔術師ギルドのメンバーたちも含めた多くの者が、イロソンの話に懐疑的である。亡霊の海ではメエルーンズ・デイゴンのいかなる手がかりも発見されなかった。吹き飛ばされ、鏡のようになった砂があっただけである。当然ながら、ダイアフロストはこれに納得していない。ハンターが30人も行方不明になる問題があったのだから。それ以来、ダイアフロストはイーストマーチの魔術結社に対する戦争を強化している。

しかし魔術師ギルドは亡霊の海の吹き飛ばされた砂を自然現象として、この出来事を彼らの記録から削除してしまった。だが、イロソンは正しかったのだと私は信じた。私はその場にいたのである。あの浜辺を調査したチームの、上級顧問として。

本書の第2巻には、私が亡霊の海で発見したすべてのものの詳細な報告が載っている。その中にはイロソンが記述した「クモのような円」の片割れも含まれている。メエルーンズ・デイゴンと接触する機会を得たいと望む召喚師は必読である。

偏狭のジョセフJosef the Intolerant

イリサ 著

聖なるるつぼにその名を連ねた伝説的な剣闘士はたくさんいる。中でもフェルホーン、偉大なサナレル、隠されしアレリスは恐ろしい戦闘力と闘志で知られている。一方で、偏狭のジョセフのように、別の理由で有名になった者もいる。

まず初めに言っておきたい。スカイリムの聖なるるつぼには、タムリエル中から様々な挑戦者が腕試しをしに来る。同盟規模で戦争が勃発しているこの時世にあって、アルトマーが負傷したオークを助ける場面や、レッドガードがアルゴニアンを庇って矢を受ける場面が見られることはそうそうない。だが聖なるるつぼにはそれがある。るつぼではチームこそが国家であり、硫黄の王冠を手に入れるという目標こそがその国の宗教なのである。

だが、そこに現れたのがジョセフという若い剣闘士だ。ブレトンの獅子の守護団からやって来た彼は、清潔感のある顔をしていて剣の腕も良かった。彼が健康体であり、るつぼに旋風を巻き起こすであろうことを誰もが疑わなかった。だがジョセフはいつまでたってもるつぼの中の社会の仕組みを理解できず、他のブレトンにしか信頼を置かなかった。剣闘士たるもの、同族の者よりもチームに信頼をおかねばならないということをどうしても解せなかった。

剣闘士オベレールはこう語った。「試合が始まると、ブレトンの若造がいきなりチームメイトのカジートを地面に叩きつけたんだ。すると俺の目を見て2回、ゆっくりとまばたきをした。「あいつ、ウインクしようとしているのか?」と、俺の仲間のドウマントが小声で言っていた。その愚行に付け混んで、俺たちはその若造とカジートを意識がなくなるまでボコボコにしたよ。聖なるるつぼにおいて、そういう幸運をみすみす逃すのはご法度だからね」

時が経つにつれ、若きジョセフはますます短気になっていった。異種族の剣闘士と協力しようという提案をことごとく嘲笑った。彼のその態度は参加者のみならず観客も激怒させ、おかげで経営者側には気に入られていた。「あいつは我々の宝だ。できることなら、通貨にあいつの顔を印刷したいぐらいだよ」彼らは語った。

剣闘士たちはそう思っていなかった。

ダンマーの刃ダルは、こう語った。「クワマーの農民とは絶対に協力しないと、ジョセフに言われたよ。あと、毎日のようにクワマーの卵をよこせと言われた。絶対に俺が持っているか、もしくは奇跡的に生産できるとでも思いこんでいたらしい。クワマーの卵なんて食べたこともないよ。俺はスカイリム出身だ」

ダンマーの狂気エセネンは、こう語った。「ジョセフはいつも俺のことをダルって呼んでたよ」

紅の猫アズルカナは、こう語った。「戦いのときは信頼してくれと言ったんだ。今後も剣闘士を続けたいならそうしないといけない、ってね。すると奴はガラガラ声でこう言ったんだ。「この者は、ムーンシュガーでも食って黙っておけばいいと思う」ってな。気に食わなかったよ」

天空のカミソリのイナーファーは、こう語った。「10年来の相棒フラスバードが戦いで死んだとき、俺はチャンピオンの間で泣いていたんだ。するとあのブレトン小僧に見つかって、こう言われた。「ハチミツ酒を買う金が無くなったのか?その気持ちは分かるが、お前らノルドと違って泣くほどではないな」その後8分間、フラスバードの弔い合戦も兼ねて奴をボコボコにしてやった」

ジョセフほど短期間で悪名を轟かせた剣闘士は他にいなかったが、その後すぐに姿を消してしまった。

現在の居場所は分かっていない。

魔法が出会う場所Where Magical Paths Meet

妖術師アルダーレ 著

召喚に熟達することは、あらゆる領域を自在に操る手段を得るということだ。

—炎の魔法が必要?炎の精霊を召喚せよ。炎の化身の形を借りて、そういった魔法を1ダース使いこなすことができる。

—夜の闇に捕らわれ、光の魔法があればよかったのにと後悔している?ウィル・オ・ウィスプを召喚せよ。その天然の発光が闇を打ち消してくれる。

—進路をふさぐ大岩をどかす念力の魔法がない?嵐の精霊を召喚して岩を持ち上げてもらうがよい。

—突然降ってきた雹から身を守るのに必要な結界を忘れた?氷結の精霊を召喚して空気を頭上で結晶化させ、一時的な避難所を作るがよい。

—探索の魔法では逃げた標的を荒野で他の生物と識別できない?狼の仲間を召喚して匂いをかぎ当てさせよ。

召喚魔法の柔軟性は私に情熱を与えてきた。私は特定のよく使われる魔法を、代用となる召喚魔法に置き換える総合的な手引きを編集した(詳細は第2巻7ページ参照)。

召喚魔法によってデイドラの力を手にすることもできる(あえてその力を振るおうとする者にとって)。召喚に熟達した魔術師は、スキャンプからドレモラ・ロードに至るまで、あらゆるデイドラを召喚できる。私の本はこうした魔法の初の入門書ではないが、第3巻にはオブリビオンの住人を招き寄せる手引きを説明している。「召喚の起源」もこの話題についての有用な読み物である。

私はここで召喚について高度に、ほとんど贅沢なぐらいに書いている。この全書の残り(第2巻から22巻まで)を読んでいただければ、私の言葉に重みがあることがわかっていただけるだろう。

著者注:言うまでもないことだが、オブリビオンに接触する際には最大限の慎重さが必要である。軽率な魔術師であれば、命を失うか、さらに悪いことにはデイドラにつけ込まれる可能性もある。

礼儀と作法:ウッドオーク1Civility and Etiquette: Wood Orcs I

エルデン洞穴

コリスター、賢者ソジャーナー 著

オークはアルドメリの神トリニマクがデイドラ公ボエシアに食われた時に誕生したと言われている。神話の続きはこうだ。ボエシアはトリニマクの死体を排泄し、トリニマクを信奉していたアルドマーがその排泄物を自分自身に塗りつけてオークになった。恐らくこれは単なる神話だが、イメージは妥当だ。不快でばかばかしく、少し滑稽な、まるでオークそのものである。しばらくしてこの人々の一派がヴァレンウッドにやってきて、独自の文化を発展させていった。それがウッドオークである(オルシニウムオークに関しては、第2巻参照のこと)。

オークは一般的にエルフにはつき合いづらい相手だが、このウッドオークは身体的にはウッドエルフの近縁であるボズマーと同様である。ウッドオークはボズマーよりも不作法で意地が悪いが、同じやり方で対応すべきである。忍耐と導きと注意深い目をもって、だ。アルトマーの適切な導き手がいなければ、どちらの種族も自己破壊的で無秩序な、周囲の文化的な人々すべてにとって不都合で危険な野蛮人となる可能性がある。

それでは、アルトマーはウッドオークにどう対処すべきだろうか?

まず、オークの尊敬を得ること。北方のオークであるオルシニウム(よりオークらしいオーク)と同様、ウッドオークは身体的な強さを賛美するが、それに加えて敏捷性、すなわちスピードや地理学的な知識も(同様に戦術的知識も)高く評価する。この分野での能力を示してみせれば、オークからしぶしぶながらの賞賛を受けられるだろう。

会話を始めるいくつかの方法をここに紹介しよう(尊敬の証として、自己紹介するが、少なくともまず目を合わせるようにすること)。

1.武器を使わない戦いを仕掛けてウッドオークを従わせる。ウッドオークは殴り合いを楽しむ。

2.ウッドオークと一緒に歩くことがあったら、先を歩き続けるように。こうすることで徒競走をリードすることになる。競争に勝ち、ウッドオークの賞賛を勝ち取るのだ。

3.大きな岩、つまり体と同じかもっと大きな岩を見つけて見えるように叩きつける。必要なら力の魔法を使っておくように。ただしウッドオークに知られないようにすること。

これが活発な子供の一団に自分を印象づけるようなものだと思うのであれば、それはさほど大間違いというわけではない。上記の方法には注意が必要だ。予測可能であるかも知れないが、ウッドオーク達はそれぞれ異なる個人なので、相手に合わせた即興の機転が必要になる。

さらに、アルトマーがウッドオークとやり取りをする時にすべきでないことをここにいくつか挙げておこう。

1.魔法の能力をひけらかすこと。優れた魔法を見せることが生涯にわたる熱意と最高の技の卓越性を示すことだとアルトマーは知っているが、オークは総じて魔法に対して文化的に不信感を抱いている。無知ではあっても、オーク達は魔法の基本的な働きがオーク達を抑圧し、使うことによって束縛することであると信じている。

2.戦いに火をつけるつもりがないのであれば、ウッドオークの領域で木々の間に隠れてはならない。開けたところを歩くように。ボズマーはもう知っていることだが、ウッドオークは森に潜む者達に対して親切に接することはない。それは悪意ある卑怯な秘密の行為に等しい。

第2部ではウッドオークと会話する時に生じてくるかも知れない特別な障害を説明する。たとえば宗教やマラキャス、ウッドオークにとってのオルシニウム砦に等しいものなどだ。

礼儀と作法 第5巻:アンデッドCivility and Etiquette V. 5: Undead

コリスター 著

第1部

すべてのアンデッドと幽体状の亡霊は、死霊術の生物学に従っていると一般には信じられている。実際、捕食性の野生生物の大部分がそうであるように、怪物たちの多くは生者のエネルギーを吸収し、消耗させるためにのみ存在している。このような存在とは交渉できないし、話し合いも通じない。アルトマーはこれらの怪物を狂犬病にかかった狼や、意地の悪いオークを扱うように対処するべきである。すなわち、殺すのみである。

しかしながら、死後の存在の中には感覚を有する者、あるいは獲得した者もいる。たとえば吸血鬼、リッチ、そしてレイスである。一定の慎重さを保ってさえいれば、これらの怪物とは会話が可能である。

1.言葉を話すアンデッドは強力な存在であることが多い。死においても感覚を保っていられるだけの強い魔力を持つ存在は、不承不承にしてもアルトマーの敬意に値する。

2.アンデッドは決して信用してはいけない。アンデッドとその力には敬意を払うべきであっても、すべてのアンデッドは生者から何かを求めており、彼らが奪い取ることを妨げるものはあまりない。彼らが目の前にいる間、アルトマーは警戒していなくてはならない。常に。

3.アンデッドは見た目通りの存在とは限らない。多くの強大な魔術師は自分の外見を変化させる幻惑呪文を所持しているが、アンデッドも同様である。道に迷ってさまよう子供の霊魂が、飢えたリッチの変装だということもあり得る。

とはいえ、会話に持ち込むことができれば、感覚を持つアンデッドの長年積み重ねた知識からアルトマーが学べることは多くある。明敏なアルトマーは記憶の失われた時代の古代呪文や、歴史的事象の直接の報告、あるいは失われた遺物の場所を学べるかもしれない。それにはそのアルトマーが重要な質問をすることが条件である。アンデッドと会話する際、アルトマーが取るべき態度は以下である。

1.謙遜。アルトマーとしての出自は大きな意義を持つため、理想的な世界においてはあらゆる民が、リッチや吸血鬼やレイスも含めて、アルトマーの階級概念を支持し、それに従って行動するべきである。しかしながら大部分のアンデッドは、アルトマーのアンデッドでさえ社会的慣習を支持することが稀である。そのため、アルトマーの中で最も由緒正しき者であっても、上記のリストの1つ目の点に注意するべきである。アンデッドは長老たちのようなものだと考えてみればいい。力強く、決してひるまず、すぐに怒り出す連中である。

2.知性。アルトマーにとってと同様、特に由緒正しきアルトマーにとってはそうであるように、アンデッドは愚か者に我慢がならない。あまりあからさまでないように注意しつつ、アルトマーは魔法の才覚や抜け目のなさを見せ、軽くあしらってよい相手ではないことを教える機会を探すべきである。この場合も、頑固な長老を威嚇によって従わせる例を思い浮かべるとよい。

3.自制。アルトマーがリッチやレイス、吸血鬼やその他の存在を平和的な交流に持ち込むことができたと仮定して、アルトマーには疑いなく多くの質問があるはずだ。しかしいくつ質問をするかということには気をつけるべきである。アンデッドは進んで自らの知識を披露してくれるかもしれないが、全く話してくれないこともある。

本書の第2部においては、アンデッドとの会話において生じる可能性のある障害について詳しく述べる。特にレイスと吸血鬼、そしてリッチが相手の場合である。要求される社交的知性の運用は、このいずれにおいても異なる。

オブリビオンの伝承

Oblivion Lore

オブリビオンについてOn Oblivion

モリアン・ゼナス 著

どれほど習慣的であっても、オブリビオンの次元の居住者を「魔族」と呼ぶのは適切ではない。おそらくこの習わしは、第一紀の予言者マルクによるアレッシアの理論に始まる—その中に「魔族との取引を禁ず」と、興味深く記したが、魔族とは何なのかについての説明を怠った。

おそらく、オブリビオンの次元から出でる、動機不明で強力な魔物という意味を持つ、エルフの古語「デイドラ」を誤って「魔族」と記したと考えられる。理論の原本が発表されてから約千年後、スカイリムの敬虔王ヘイルによる小冊子の中で彼は政敵を、「オブリビオンの魔族のように邪悪…彼らの腐敗はサングインの如くであり、ボエシアのように残酷であり、モラグ・バルの如く打算的、そして、シェオゴラスのように狂っている」と比較表現した。そこでヘイルは長々と記録にデイドラの四柱について説明し、書き込ませた。

しかし、結局のところ文書の記録はオブリビオンやそこに住むデイドラについて調査する最善の手段ではない。「魔族と取引」を行うような者は、ほとんどの場合、その行為を他に知られたくないからである。それでも、第一紀の書物には日記や日誌、魔女が焼かれた知らせやデイドラと戦う者向けの指南などが記載されている。これらを私は主要な情報源としてきた。これらは、最低でも私自身が召喚して長話を交わしたデイドラの主ほどは信用できる。

どうやら、オブリビオンは多数の領域で構成されているらしい。よって、オブリビオンには多数の同意語が存在する。コールドハーバー、クアグマイア、ムーンシャドウ等。オブリビオンの個々の土地は一人のデイドラの主によって支配されていると仮定して間違いはなさそうだ。デイドラの主たちで、その名が太古の記録に頻出する(確実に存在した裏づけや内容の真正を証明するものではない)のは前記したサングイン、ボエシア、モラグ・バル、そしてシェオゴラス、これらに加えて、アズラ、メファーラ、クラヴィカス・ヴァイル、ヴァルミーナ、マラキャス、ハルメアス(または、ヘルマエウス、ホルマイウス、ヘルマ—決まった呼び名はないようだ)モラ、ナミラ、ジャガラグ、ノクターナル、メエルーンズ・デイゴン、ペライトである。

経験から、デイドラの構成は非常に複合的であると言えるであろう。強大な力と過激主義であることを除いたら、彼らを一つの分類に収めるのは不可能に近い。とはいえ、純粋な学術便宜上、いくつかの事例に関して分類を試みた。

メエルーンズ・デイゴン、モラグ・バル、ペライト、ボエシア、そしてヴァルミーナじゃその破壊的本分から、デイドラの中でも常に「悪魔的」のようだ。もちろん、他のデイドラも同様に危険だが、めったに上記の五柱のような破壊のためだけの行動を取らない。そしてまた、これらの五柱ですら、それぞれの破壊性が同質という訳ではない。メエルーンズ・デイゴンは怒りを発散するのに、大地震や噴火などの自然災害を好むようだ。モラグ・バルは他のデイドラを巻き込み、ボエシアは人間の戦闘意欲をかき立てる。ペライトの本領は悪疫で、ヴァルミーナは拷問を好む。

この連続記事の次掲載分を準備するために、私がデイドラ研究者となってから興味を持ち続けてきた二つの事柄を調査する。一つ目は、初期に数々の記事でハーシーンと紹介された特定のデイドロスで、デイドラの主だ。ハーシーンは「狩人のデイドラの主」や「獣人の父」と呼ばれているが、いまだ召喚できる人を目にしたことがない。二つ目、そしてさらに達成できるか疑わしい目的は、人間がオブリビオンへ渡れる実用的な手段を探すことだ。かねてからの私の持論は、理解できないものを怖がる必要はない、だ。私はいつもそれを心に刻んで目的を追っている。

オブリビオンの扉、パート1The Doors of Oblivion, Part 1

セイフィジ・ヒッジャ 著

「そなたがオブリビオンに立ち入るとき、オブリビオンが汝に入りこむ」

—ナイ・チロル・ラー

これまでに存在した最高の魔術士は私の師匠、モリアン・ゼナスであった。デイドラに関するあらゆる事柄の必読本である「オブリビオンについて」の著者として、彼の名を耳にしたことがあるであろう。彼は長年寄せられている多くの嘆願をよそに、古典を新しい発見や説で更新しようとはしなかった。それは、これらの領域に関して深く調べれば調べるほど、確信を持てなくなってくることに気が付いたからである。彼は憶測ではなく、事実を探していた。

「オブリビオンについて」の出版前と後の数十年間で、ゼナスはデイドラの住みかであるオブリビオンに関する巨大な個人蔵書庫を作り上げた。彼は自分の時間の半分をその研究に、そして我々の世界を超越した危険な場所に入りこむ道の発見に成功したとき、その間の進路を進むには強大な力が必要であるという推測の下、残りの半分を個人の魔力育成に費やした。

ゼナスが一生準備を重ねてきた旅に発つ12年前、彼は私を助手として雇った。私はその立場に必要な3つの特性を持っていた。私は若く、何も問わず熱心に手伝い、本を1度読むだけで内容を記憶し、若いにもかかわらず、既に召喚のマスターであったのである。

ゼナスも召喚のマスターであった—実際、彼は全学問のマスターであったが—彼の最も危険な研究を前に、自分1人だけの力を頼りにしたくはなかった。地下室で、彼らの故郷に関する話を聞くために彼はデイドラを召喚した。彼らが到着し、拘束され、問題なく送り帰されることを確実にするために、もう1人召喚士が必要であった。

あの地下室は一生忘れないであろう。質素で飾り気のない見た目ではなく、見えなかったものを忘れない。花と硫黄、性と腐敗、力と乱心、それらの香りが召喚された魔物が帰った後も、かなりの間漂った。今なおその記憶が私を悩ませる。

召喚の仕組みに関する知識を持たない素人に説明しよう。召喚は術者の心を召喚される側の心に結び付ける。それは脆いつながりであり、単に引き寄せ、留め、送り帰すだけのものであるが、マスターが行うことによって、さらに強力になる。サイジックやドゥエマーは何マイルも離れた相手と心をつなぎ、会話することができる。(ドゥエマーの場合、できたと言うべきか)この能力はたまにテレパシーと呼ばれる。

雇われている最中、ゼナスと私の間にそのようなつながりが構築された。2人の強力な召喚士が、お互いに密接して作業を行った結果からの偶然であったが、このつながりは彼がオブリビオンへの旅に成功した場合、大変貴重な能力になるであろうと確信した。あの地の居住者は未熟な召喚士の技術でさえ接することができるため、彼があの地にいる間、発見を記録するためにこの能力で通信を続けることが可能かもしれない。

「オブリビオンの扉」モリアン・ゼナスの言葉を引用すると、それは簡単には見つからず、我々が鍵を握るある1つを見つけるまでにたくさんの可能性を検討しつくした。

アルテウムのサイジックは、デイドラの領域に踏み入り、戻ってこれる、夢見る洞窟と呼ばれる場所を所有していた。イアケシスやソーサ・シルやネマティグ、その他にも多数がこの方法を採ったと記録されているが、修道会への度重なる懇願も叶わず、我々はその利用を拒否された。修道会の指導者であるセララスは、皆の安全のために洞窟は封印されたと我々に言った。

読者諸君は他の扉のことを聞いたことがあるかもしれないが、我々はすべての扉を探そうと試みたことは自信を持って言える。

いくつかは完全な伝説であったが、または残された情報だけでは辿ることができなかった。言い伝えのなかで、これらについて言及している:マルクの地獄、コーリングトンの鏡、クロスロード、マンテランの十字架、マウス、さらにはジャシンスと呼ばれる錬金術の調合法の謎、ライジングサン。他にもたくさんの場所や物体が扉とされているが、我々には見つけられなかった。

存在はするが、安全には入れないものもある。バルの大渦巻きと呼ばれるアビシアン海の渦は船を消失させることができ、オブリビオンへのポータルかもしれないが、その渦に乗ったときの衝撃は誰をも殺してしまうであろう。同じく、スラスの柱からの跳躍もその危険を冒す価値があるとは考えなかった。それは千フィートもの高さがある珊瑚の螺旋であり、スロードが行う生け贄の行為は目撃したことがある。その犠牲者の一部は落下によって殺されてしまうが、一部は岩に砕かれるまえに消えてしまうように見受けられる。スロードにもなぜ一部は連れ去られ、また一部は死ぬのかがはっきりとしていなかったため、飛び込みの勝算には否定的であった。

一番簡単であり、気が狂うほど複雑なオブリビオンへの移動方法は、単純にここでの存在をやめ、あそこで存在し始めることである。歴史を通して、我々の領域を超えた場所へと、一見任意で移動していたような魔術師たちの例がある。もし存在したのであれば、これら旅人の多くはとうの昔に死んでいるが、我々は1人だけ生きている人を探し出せた。モロウウィンド地方、ヴァーデンフェル島のザフィルベル湾の近くにある塔に、非常に老齢で、非常に人目を嫌うディヴァイス・ファーと呼ばれる魔術師が存在した。

オブリビオンの扉、パート2The Doors of Oblivion, Part 2

ディヴァイス・ファーと接触するのは容易なことではなく、また彼はモリアン・ゼナスとオブリビオンへの扉を分かち合うことに気が進まなかった。幸いにも、我が師匠の伝承に関する知識がファーを感心させ、かれはゼナスに道を教えた。ここでその手順を説明することはゼナスやファーへの約束を破ることになるし、できたとしても、明かしたくはない。もし、知り得る危険な知識が存在するならば、これがそうである。しかし、ファーの仕組みは、長く行方不明で死んだと推定される、テルヴァンニの魔術師によって作り出された数々の領域へのポータルを有効に生かすことに頼っている。これだけはあまり明らかにせずとも言える。侵入箇所が限られる不利益と、信頼性や通路の安全性を比較検討した時、我々はこの情報提供者がいて幸運であると考えた。

そして、モリアン・ゼナスはこの世界を離れ、探検を開始した。私は蔵書庫に留まり、彼の情報を書き起こし、彼が必要な調査の手伝いをした。

「塵」旅の初日に彼はそうささやいた。その言葉特有のわびしさにもかかわらず、私は彼の興奮を声に聞き、それが心の中でこだました。「私には、世界の端から端が百万もの灰色の色加減で見えている。空も、地も、空気もなく、ただ単に粒子が私の周りで浮かび、落ち、旋回しているだけである。私は浮揚し、魔力で呼吸しなければならない…」

ゼナスはしばらくその不透明な世界を探索し、実質のない魔物や、煙の王宮などに遭遇した。デイドラ公には出会わなかったが、我々は彼がアッシュピットにいるとの結論を下した。そこは苦悩や裏切りや破られた約束が、冷酷な空気に灰が充満するようなマラキャスの家であった。

「空が燃えている…」次の領域に進んだ彼が言うのを聞いた。「地面はぬかるんでいるが、歩ける。焼け焦げた廃墟がいたるところに見える。大昔に戦争でもあったかのようだ。空気は凍てつくようだ。暖かさの呪文を周囲にかけたが、全方向から氷の短剣が刺してくるようだ」

ここはモラグ・バルがデイドラ公として君臨するコールドハーバーであった。残虐の王の下、そこは苦痛に満ち、荒廃した不毛の地であり、ゼナスにはそこが未来のニルンであるかのように見えた。モリアン・ゼナスが見たものに対してすすり泣く声や、血と排せつ物が飛び散っている帝都の王宮に身震いするのも聞こえた。

「美しすぎる…」次の領域に入るとゼナスは息をのんだ。「半分眼が見えない。見えるのは花と滝、堂々とした木々、銀の街、しかし、すべてが霞んで見える。水彩のように色が流れている。今は雨が降り、風は香水のような匂いがする。ここは間違いなくアズラが住む、ムーンシャドウだ」

ゼナスは正しく、そして思いがけなくも彼は、彼女の薔薇の王宮で黄昏と暁の女王に謁見さえした。彼女は彼の物語を笑顔で聞き、ネヴェヴァリンの到来のことを彼に話した。私の師匠はムーンシャドウを相当気に入り、半分眼が見えないまま永遠に留まることを望んだが、さらに進み、発見のための旅を完結しなければならないことを知っていた。

「嵐の中にいる…」次の領域に入ると彼は私に言った。彼がそこの景色を、暗黒のねじ曲がった木々、ほえる霊魂、うねる霧と表現したとき、メエルーンズ・デイゴンの死の地に入ったと思った。しかし、すぐに彼は「待て、もう森の中にはいない。稲妻の閃光が走り、今は船上にいる。柱はぼろぼろだ。乗組員は皆、惨殺されている。何かが波の中を近づいてくる…「ああ、神よ…待て、今度は湿った地下牢の密室だ…」」

彼は死の地にはいなかったが、そこはクアグマイア、ヴァルミーナの悪夢の領域。数分毎に稲光が発生して、必ず不快で恐ろしい方向に現実が移り変わる。一瞬、暗闇の城にいたかと思えば、次は飢えた獣のねぐら、月に照らされた沼地、生きたまま埋められた棺の中など。師匠は恐怖に耐え切れず、素早く次の領域へと向かった。

彼の笑い声が聞こえた。「我が家にいるようだ」

モリアン・ゼナスは何重にも積み重ねられ、全方向に広がる本棚の列があり、果てしなく続く蔵書庫を説明した。本が、彼には感じられない神秘的な風で浮き上がっている。すべての本には題名がなく、黒い表紙が施されていた。誰も見えなかったが、積み上げられた本の間を動き、永遠に本の中を調べ続けるゴーストの存在を感じた。

そこはアポクリファであった。ハルメアス・モラの地であり、すべての禁じられた知識が見つけられる場所である。心の中に震えが生じたが、私のか、師匠のかは分からなかった。

私が知る限り、モリアン・ゼナスは違う領域へは行かなかった。

師匠が最初の4つの領域を訪れている最中は、常に話しかけてくれた。アポクリファに入った途端、研究と調査の世界に引き寄せられたかのように彼は静かになっていった。それは、ニルンにいた間に彼の心を支配した情熱と同じであった。必死になって彼に呼びかけてみたが、彼は私に心を閉ざした。

そして彼はささやいた。「そんな馬鹿な…」

「誰もこの真実を想像し得ないであろう…」

「さらに学ばねば…」

「世界が見える、錯覚の最後のきらめき、世界が我々の周りで崩れ去っている…」

私は彼に叫び返し、何が起きているのか、何を見ているのか、何を学んでいるのかを教えてくれるよう懇願した。私は召喚術を使って彼をデイドラであるかのように召喚しようとさえ試みたが、彼はそこを離れることを拒否した。モリアン・ゼナスは失われた。

前回彼からのささやきを受け取ったのは6ヶ月前であった。その前は5年間が経過して、そしてその前は3年。彼の思考はすでにどの言語でも理解できない。おそらく彼はいまだにアポクリファをさまよっているのかもしれないが、出たくない罠の中で幸せなのかもしれない。

できることなら彼を救いたい。

できることなら彼のささやきを止めたい。

デイドラの分類パート1Varieties of Daedra, Part 1

治癒師、および反体制の司祭、アラネア・ドレサン 著

我々がデイドラの分類や、それらがどのようにデイドラ公やその支配に関わっているのかを知ることは、あまり期待できない。我々の世界に現れるデイドラの分類が、その仲間たちや後援者とどう関係しているかなど、把握することはできない。1ヶ所で見られた姿が別の場所では全く逆な場合もあり、また違う場所では矛盾して両方であったりもする。

どのデイドラがこのデイドラ公に仕えている?どのデイドラが命令を下し、どのデイドラが仕えていて、どのような上下関係がどのような状況下でありうる?どのデイドラがどの団体にいて、どのデイドラが永遠の敵対関係にあるのか、そしてどのデイドラが孤独、または社交的、もしくはその両方を行き来するのか?観察でき得る行動の種類には限りがなく、1ヶ所ではコレであり、また違う場所ではソレであり、彼らを定義する法則には必ず矛盾があり例外が生じる。

さらに、位階に関して誰から答えを求めればよいのであろうか?ほんの一握りしか知識を持たない人間から?我々の支配を続けるために、隠し事をし、謎めいた出来事を謎々で話す神から?決して率直さや正直の見本とはいえず、嘘や撹乱で有名なデイドラから?

もしデイドラが真実を語ったとしても、我々はどのようにして彼ら自身が理解しているのかを確認すればよいのか?実際に知ることができる真実すらあるのか?デイドラの取り決めは永遠に変わらないとでも言うのか?

単純に言えば、知り得ることは少なく、信じられることは皆無なのである。

これらのことを述べた上で、私が探し出し、彼の療養院にいたコープラスの犠牲者に安息をもたらすと申し入れた相手、テルヴァンニの魔術師、ディヴァイス・ファーから私が見聞した、デイゴンのしもべの話の関連付けを試みる。

ディヴァイス・ファーは、自ら進んで2柱のデイドラのみと交流を持ったと私に言った。メエルーンズ・デイゴンとアズラだ。

アズラはすべてを知り理解していたが、これらについて話すことを断った。話したとしても謎かけだった、と彼は言った。

一方、メエルーンズ・デイゴンは、ごう慢さや、目的の不変性、そして想像し得る繊細な考え方の欠如から何も知らず、何も理解しておらず、包み隠さず遠慮なく話したがった。

デイゴンの主なしもべ、ドレモラはデイゴンのようにごう慢で、目的を変えず、繊細さがなく、さらに追加してデイゴンに対してや自身の階級の中でも奇妙な特徴の敬意と忠誠心を持っていたとディヴァイス・ファーは言った。

ドレモラはクランと階級制度の中に命令されて入り、これらのクランと階級制度は明確に定義されていた。個人としてドレモラの階級は上がったり下がったりするし、クラン間の移動も可能であったが、複雑な誓いなどで統制されており、デイゴンの気分次第であったとも言っていた。

ドレモラは彼ら自身のことを「キン」(人々)と呼んでおり、他のデイドラを無思考の動物と考え彼らと差別化した。言葉「キナーズ」はドレモラ種族の一員を指す。

キン階級の最下層はチャールであり、それはドレモラの平凡な大衆であり、彼らの最下層階級である。チャールは上位にこびるが、人間や他のデイドラに対してはとても残酷である。

次の階級はケイテフであり、彼らは何も考えずに熱中し、常に全力な生物である。信頼できないが、積極的で熱心なケイテフは、バーサーカーや突撃隊などの予備部隊としてデイドラの派閥争いに使われる。

ドレモラ部隊の通常階級のなかでも最高級はキンヴァルである。かれらは戦騎士であり、戦闘において際立った活躍をし、慎重性を持った戦闘隊長の候補である。

戦士階級のチャール、ケイテフ、キンヴァル階級の上は士官階級である。

キンリーヴはクラン保安官、またはクラン将校である。キンリーヴは通常、クラン戦闘部隊か戦闘に関する管理任務と関係している。

キンマーチャーはロードであり、デイドラ宮殿や砦や門の上級将校である。キンマーチャーは通常、部隊と「フィエフ」(管理責任を問われる土地か場所)に関連する。

キンマーチャーの上はマルキナズ、またの名を「大公」である。マルキナズはロードのロードであり、メエルーンズ・デイゴンのロード評議会、マーキンの一員である。

ドレモラの最高階級はヴァルキナズ、または「王子」である。戦士デュークはメエルーンズ・デイゴンの個人衛兵であるヴァルキンの一員である。タムリエルでヴァルキナズに遭遇するのは極稀である。通常かれらはメエルーンズ・デイゴンの側にいるか、デイゴンが重要視する作戦の指揮を執っている。

デイドラの分類パート2Varieties of Daedra, Part 2

ディヴァイス・ファーのコープラスアリアムで仕えていたときに出会った他のデイドラの種類は、オグリム、ゴールデンセイント、デイドロス、翼もつ黄昏、スキャンプ、クランフィアである。言えることは多々あるが、あまり有用でもなければ信用もできない。

ディヴァイス・ファーがドレモラに似たようなデイドラで、さらに強く、独立の意思を持ち、自立したデイドラを呼ぼうとしたとき、彼はズィヴィライを召喚したことを明記しておく。ズィヴィライはドレモラに似た性格と気質を持つが、違うのは彼らが絶対的な服従を嫌い、もし敬意をもって接せられていないと感じた場合、裏切りや不忠を働きやすい点だ。

野生化した、クランフィアやデイドロスに似た獣のようなデイドラはデイドラの派閥のいたるところに現れ、それは一般的な生物の存在を表している。オブリビオンの荒野の野生動物のように。スキャンプやスパイダー・デイドラのような、他のどう猛で半知的生物もデイドラの主の領域で見られる。

一方で、元素の精霊に関してはあまり明確ではない。例をあげると、炎の精霊と氷の精霊は非常に知的に見えるが、元素の精霊のすべてが社会的、またが言語能力を持っている訳ではなさそうである。ディヴァイス・ファーはこれらの生物と多少関わったことがあるが、これらの性質にまったく興味がなかったため、召喚を嫌がった。よって、テル・ファーでの滞在中、それらの生物に関してはあまり学べなかった。

デイドラの霊魂Spirit of the Daedra

汝、我々を以下と見なすがいい

死、敗北、そして恐怖と

我々は死することはない。死を恐れることもない

肉体を破壊すれば憎悪は闇へと追いやられる。だが憎悪はいずれ戻ってくる

だが我々全てが勇猛なわけではない

我々は苦痛を感じ、それを恐れる。我々は恥を感じ、それを恐れる。我々は損失を感じ、それを恐れる。我々は闇を憎み、それを恐れる。

スキャンプが考えが小さく、恐怖も小さい

ヴェルマイは考えがなく、恐怖も無い

ドレモラは考えが深く、恐怖を知り、克服しなければならない

クランの絆

我々は生まれたわけではなく、父も母もいないが、親類やクランはいる

クランの形は強大で、肉体と考えを形作る

クランの形には力と目的がある

誓いの絆

我々は、我々の意思で他者に仕える。我々は加護を得るため、強きものに仕える

クランは伝統に沿って仕えるが、伝統が変わることもある

ドレモラは長きに渡りデイゴンに仕えているが、初めからそうではなかった

誓いの絆が固く、相互に信用がある時、伝統も固くなる

誓いの絆が弱ければ、苦痛と、恥と、損失と、闇と、大いなる恐怖に繋がる

我々が人をどう思っているか

汝はスキャンプを滑稽に思い、ヴェルマイを粗野に思うかもしれない

ならば、我々が汝らをどう思っているかわかるか?

汝らは獲物であり、我々は狩人なのである

スキャンプは猟犬であり、ヴェルマイは勢子なのである

汝らの肉は旨く、狩りは良き余興である

汝らが狐や兎を讃え、その機転や素早さを褒め、猟犬がその肉を裂くのを惜しく思うのと同じく、我々は時に獲物を褒めそれが我々の罠や追い立てをかいくぐると密かに喝采を送るのである。

だが、万物の例に漏れず。汝らはやがて廃れ、荒れていく。齢を重ね、醜く、弱く、愚かな存在へと成り果てる。遅かれ早かれ、汝らは失われるのである

時に獲物が踵を返し、我々に噛みつくことがある。だがそれも些事に過ぎぬ。傷ついたり疲れたとしても、我々はその場から飛び去り、回復するだけである。時に価値あるものが失われることもあるが、その危険があればこそ、狩りの楽しみも高まるのである。

人の謎

人は定命であり死と挫折と損失から逃れられぬ運命にある

我々が理解できぬのは、汝らが何故、絶望せずにいられるかである

デイドラ全書The Book of Daedra

アズラは闇と光の橋渡しをする神秘の領域である黄昏と暁をつかさどり、「ムーンシャドウ」「薔薇の母」「夜空の女王」とも呼ばれる。

ボエシアは虚偽と陰謀、秘密裏に行われる殺人、暗殺、反逆、法に依らない権力の転覆などをつかさどる。

クラヴィカス・ヴァイルは儀式的な祈祷や契約による力の授与や願いの成就をつかさどる。

ハルメアス・モラは運命の流れをつかさどる。星と天から過去や未来を読みほどき、知識や記憶という財宝をその手に有する。

ハーシーンはデイドラの娯楽でもある偉大なるゲーム、狩猟をつかさどり、「狩人」とも「獣人の父」とも呼ばれる。

マラキャスは拒絶されしもの、追放されしものたちの後見人であり、誓約や血の呪いの守護者でもある。

メエルーンズ・デイゴンは、破壊、変化、変革、活力、野望をつかさどるデイドラである。

メファーラは領域のはっきりしないデイドラである。「蜘蛛糸を紡ぐもの」「紡ぐもの」「蜘蛛」としても知られており、定命の者に介入すること以外に統一性がない。

メリディアは領域のはっきりしないデイドラである。生きとし生けるものの活力と関わり合いがある。

モラグ・バルは定命の者を支配し、奴隷とするデイドラである。人間の魂を刈り取って懐柔することを望んでおり、そのために定命の者の領域に不和の種をばら撒いている。

ナミラは古代の闇をつかさどるデイドラである。「霊魂のデイドラ」とも呼ばれ、あらゆる悪霊や邪霊を統べている。蜘蛛、昆虫、ナメクジなどの人間が本能的に嫌悪する薄気味悪い生物と関わり合いがある。

ノクターナルは夜と闇をつかさどるデイドラで、「夜の女王」としても知られる。

ペライトはオブリビオンの最下層階級を統べる「親方」とも呼ばれるデイドラである。

サングインは快楽主義的な供宴や道楽、よこしまな欲望への耽溺をつかさどる。

シェオゴラスは乱心をつかさどるデイドラで、その真意は誰にもわからない。

ヴァルミーナは夢と悪夢をつかさどるデイドラで、凶兆はその領域より生まれる。

「マラキャス」の項には印がつけられており、「神の怒り」に関する興味深い記述がみられる。要約すると、マラキャスに祝福されたこの武器は人の為に作られたもので、デイドラがその力を引き出そうとするとオブリビオンの虚空へと追いやられてしまうらしい。

デイドラの伝説のアーティファクトの中でも、「アズラの星」や「シェオゴラスのワバジャック」などはよく知られているが、災厄、マッカーンの槌、デイドラ殺しなどは馴染みが薄いようである…

ところが、マラキャスは「災厄」を祝福して仲間のデイドラに対抗しうる力を吹き込んだものの、それが彼らの手に落ちることはどうしても避けたかったため、卑怯者と落伍者の私闘における武器にしようと考えた。こうした事情からマラキャスは、邪悪な仲間のデイドラが武器の力を引き出そうとしても虚空が開いてその者を飲み込み、オブリビオンの彼方へと放逐されるよう呪いをかけ、そこから時の乱れのない実在と非実在の世界へ追い返そうとしたのだ。

最も深い闇Darkest Darkness

モロウウィンドでは、崇拝者も妖術師も位の低いデイドラを召喚し、奴隷や従者のようにこの世に縛りつけている。

妖術師の召還するデイドラの僕のほとんどはわずかな時間で消えてしまい、命令系統もきわめて心もとなく、縛りつづけておくのは難しい。このおかげでデイドラの暴走を防げるのだから幸運と言えるかもしれないが、数分もあればこの僕たちは敵だけでなく術者にも手ひどいダメージを追わせることができる。

崇拝者はデイドラの僕を儀式や契約でこの次元に縛りつけることができる。デイドラの僕は少なくとも物質化した姿が破壊されたとしても、その元となる霊的存在がオブリビオンに逆流してしまうまで、いつまでもこの世界に留まれるようになる。遺跡や墓でデイドラを見かけることがあったら、彼らはこの世界の長きにわたる訪問者であると考えてもらっていいだろう。

同じように、デイドラの主によって武器や鎧に縛りつけられる下級の存在にも、わずかな時間だけ召喚されるもの、壊れたり消えたりしないかぎり存在しつづけるものがある。聖堂の信者や召喚士の呼び出す魔力の武器や鎧は効果があまり持続せず、「メエルーンズのカミソリ」や「クラヴィカス・ヴァイルの仮面」のようなデイドラのアーティファクは効果が長い間持続する。

モロウウィンドのトリビュナル聖堂では、不滅のアルムシヴィに従属する下級の霊魂としてデイドラを崇拝している。アルムシヴィとは、アルマレクシア、ソーサ・シル、ヴィベクが三位一体となった神である。下級デイドラは善のデイドラと悪のデイドラに分類され、善のデイドラはアルムシヴィの権威に服することをいとわないが、悪のデイドラはアルムシヴィに反抗的で、仲間よりも敵になることの多い背教者なのである。

善のデイドラはボエシア、アズラ、メファーラである。ハンガーは「策略の父」ボエシアとつながっている強大かつ凶悪な下級デイドラである。しなやかで長い手足と尻尾を持ち、その顔は獣のようで、麻痺能力や武器や鎧を解体する能力で知られている。翼もつ黄昏は黄昏と暁の女神であるアズラの死者である。西方の野蛮なハーピーとよく似ているが、ふくよかな体つきははるかに魅力的で、すらりと伸びた鉤爪は比べものにならないほど強力だ。スパイダー・デイドラはメファーラの僕で、蜘蛛と人間の中間のような姿をしている。禿げあがった頭、胴体、両腕はどれも人間のようで、8本の足を持ち、巨大蜘蛛の甲殻によって守られている。残念ながら、このデイドラはあまりに凶暴で理性に欠けるため、「紡ぐもの」メファーラの命令を忠実に守るとは言いがたい。そのため、モロウウィンドでこうした怪物を呼び出す、あるいは支配しようとする召喚士はまれである。

悪のデイドラはメエルーンズ・デイゴン、マラキャス、シェオゴラス、モラグ・バルである。すばしこくて煩わしいスキャンプ、猛獣のようなクランフィア、気高き死の番人ドレモラはどれもメエルーンズ・デイゴンと繋がりのある下級デイドラである。ワニの顔を持つヒューマノイドのデイドラはデイドロスと呼ばれるモラグ・バルの僕である。一方、体はいかついが血の巡りの悪いオグリムはマラキャスの奴隷である。シェオゴラスの下級デイドラであるゴールデンセイントは半裸の女性の姿をしており、魔法に耐える力がとても強く、危険な魔法使いである。

モロウウィンドでしばしば遭遇するその他の下級デイドラに、精霊、もしくは元素の精霊がいる。精霊とデイドラの主の間に連帯感はなく、
彼らと手を結ぶこともない。気まぐれに世界を渡り歩きながら、誘惑や衝動、あるいはタイミングによって立場を変えるのである。

コールドハーバーの自然On the Nature of Coldharbour

エリンヒルのファラスタス 著

これは第八講である。コールドハーバーの自然について扱う。どうやらいるはずの人数より多くの人がここにいるようだ。だからどうかご自分の台帳を確かめてほしい。もしトランスリミナル・ブリッジズと書いてあったら、部屋を間違えている。

コールドハーバーは残忍、奴隷、吸血症、そしてその他様々な嫌悪の対象のデイドラ公、モラグ・バルによって支配されるオブリビオンの領域である。それゆえ、気持ちの良い場所ではない。その次元の説明はオブリビオンのいかなる研究においても相変わらず広く多様化しているが、コールドハーバーは陰気で冷たく、そして大部分は生物が住んでいない。恐怖の毒気が充満した場所で、そこでは彷徨える魂が永遠に苦しめられているという点ではすべての説明は一致している。

これは、私の前回の講義で述べた、まさしく混沌によって作られているオブリビオンの次元が、その支配者の本質を反映した姿と気質を帯びているという論点を強調する。それゆえコールドハーバーは、強力なモラグ・バルの目的を具現化するよう形成されてきた。

ではそれらの目的とは何だろうか?最近折よく、ステンダール教団の後期カーディナル・ベルフォートの蔵書庫と文書を手にしたので、私はこの問題に権威をもって話すことができる。カーディナルはタムリエルから全種類のデイドラ信者達を取り除くことに生涯を捧げた。彼は特に、モラグ・バルの崇拝者達の迫害において厳格であり、そしてその時代の彼らの胸の悪くなる小論文や論文を多く手に入れた。

これらの資料の研究は、モラグ・バルの欲望、とりわけ定命の者達の魂を奴隷にすることについて明らかにした。この目的、つまり魂の状態をあの世への旅からコールドハーバーの次元での監禁と隷属に転換するこの最終的な目標のために、様々な厭わしい卑怯者達が雇われた。モラグ・バルの領域への到着に際し、魂はオブリビオンのいくつかの解き放たれたクリエイシアに自身を結び付け、生きていた時の外観を持つ見せかけの肉体を形成する。魂なき者と呼ばれるこの悲しき奴隷達はその後、彼らの主である奴隷王モラグの栄光と快楽のための苦痛の中で骨を折って働く。

私はこれまで明らかにされていなかった教団のこれらの秘密を伝える、だから諸君達は…ホール内のあのひどい混乱は何だ?あんな身の毛もよだつ叫び声の中でどうやって講義しろというのだ?このような状況では働けないな。

コールドハーバーの奴隷の穴The Slave Pits of Coldharbour

キンブリーフィング 3/97:

さてお前達は身体喪失も痛みの輪の刑を宣告されることもなく穴での最初の2シフトを生き延びた。今やそのすべてを知ったと思っている。そうではないのだ、キンワームよ。最初の2シフトは、どんな馬鹿でもできる簡単な仕事を任務として与える。だからお前達は、ありがちな失敗で私達を当惑させはしないだろう。しかし次は3番目のシフトだ、キンワーム達よ。これからノルマの話をする。

これらの魂なき者はお前達の気晴らしのために連れてこられたのではないのだ。オーバーキンとして、それらは私の気晴らしのために連れてこられたものでもないと言える。それらはただ単にデイドラ公の気晴らしのためにここにいる。そして彼は大いに楽しむ。だから注意を払え。お前達は魂なき者を割り当てられた。それらがする必要のあることを命じられ、そして必ずそれをやらせるのだ。

そしてお前達は、それについて情け容赦ない態度でいるように。楽しい部分だがコツのいる部分でもある。なぜなら私達は限られた数だけの魂なき者を手にし、それらを長続きさせなければならないからだ。もちろん、魂なき者はきっと苦しむだろう。でなければ、お前達は苦痛のノルマを達成しない。しかし魂なき者をあまり早く使いきってはいけない。でなければお前達は苦労のノルマを逃すだろう。そしてもしお前達がそのどちらかのノルマを逃したら…

そうだ。お前達は痛みの輪を見たことがあるな。

そういうことだ。キンワーム達よ・苦労と苦痛、そしてその二つの間のバランスを保つ。お前達の何人かは失敗し、ゆっくりと苦しい身体喪失を受ける。だが他の者達は内なる嫌悪と勝利を見つけ、ノルマを満たし、至福の監房での時間を手に入れるだろう。それはお前達次第だ。キンワーム達よ。切り開くのか、それとも痛みかだ。